管理栄養士の独立、フリーランスの管理栄養士

管理栄養士は独立して働ける

管理栄養士として働く方法として、施設などに就職するほか、独立・開業という方法もあります。

あまりピンとこないかもしれませんが、全国栄養士会でもそういった職域が設けられています。

業務としては、テレビや雑誌で見かける料理研究家のような方を思い浮かべてみるとイメージしやすいのではないでしょうか。

講演会や料理教室を行ったり、開業している場合には管理栄養士兼経営者として活躍する人もいます。

さらに近年では、保健指導業務をメインに事業所を立ち上げて事業展開されている場合もあり、その職務内容は多岐に渡ります。

フリーランスの管理栄養士

フリーランスの管理栄養士は、個人の予定・希望に合わせた勤務スタイルの実現が可能であり、自分の好きな仕事をすることができます。

一方で、会社勤めではないために事務的な手続きが必要になったり、収入が変動しやすいといった安定性に欠けるという面もあります。

フリーランスになる管理栄養士の年齢層はまちまちで、経歴や仕事内容も人それぞれ異なっていますが、過去の実績から仕事が舞い込んでくることが多くなるでしょう。

ある仕事で知り合った方を通じて、次の仕事へ繋がっていくこともよくあります。

また、料理教室や健康教室、食事相談といったイベントをフリーランスの管理栄養士同士で開催するケースも見受けられます。

独立・フリーランス管理栄養士になるには

独立・開業を希望する管理栄養士向けのセミナーがあります。

そのような場に参加して、まずは第一歩を踏み出し、自身にビジネス感覚があるかどうか、将来のビジョンは描けているかなど、いろいろな側面からの客観的評価が大事です。

また、会社勤めの管理栄養士とも共通するところですが、フリーの場合にはとくに横の繋がりが大切になります。

管理栄養士同士の関りはもちろんのこと、多職種・地域との繋がりがより重要なものとなるため、何らかの組織に所属することも有効です。