ジュエリーデザイナーの給料・年収・収入

企業内デザイナーの初任給

ジュエリーデザイナーは専門的な知識や技術を要する職業であり、センスがあるかどうかで能力が判断されますから、経験を重ねながらセンスをみがく修行期間が長くかかります。

ジュエリーメーカーやデザイン会社で勤務する場合、大まかにデザイン、クラフト(ジュエリー製作)、商品管理という部門ごとに分業したり、外注したりするところもあります。

また最初は販売職や営業職、商品企画などを担当してから適性が見極められて、デザイン部門あるいはクラフト部門に配属されるというジュエリーメーカーも見受けられます。

そのため求人情報の初任給をみてみますと大学卒で18~20万円程度、短大・専門学校卒で17~19万円程度となっており、年収は200~240万円程度で一般的な会社員と比べるとやや低めの給与です。

また、地方によっては給料が安い企業もあったり、短大・専門学校卒のクラフトマン(ジュエリー職人)の初任給はおおむね17万円程度だったりという格差も生じています。

企業内デザイナーの年収

ジュエリーメーカーなどに勤務する雇用者の給料から推測しますと、勤続年数が浅い場合は年収200~300万円程度、経験者で年収400~500万円程度、平均すると年収300~500万円程度になるようです。

ほかの業種と平均に大きな違いはなく、勤続年数に応じた年収が得られるでしょう。

独立・開業した場合

ジュエリーメーカーやデザイン会社に就職したのちそのまま勤務を継続する人もたくさんいらっしゃいますが、独立してフリーランス(個人事業主)として活躍したり、会社を設立したりする人も珍しくありません。

デザイン中心にしても、クラフト(ジュエリー製作)や商品管理まで自らまたは自社でおこなう場合でも、経営全体の責任者ということなりますから、じゅうぶんな経験を積んだうえで開業したほうがいいでしょう。

ある程度の売上が見込めるようになってから独立したジュエリーデザイナーの年収は500~1000万円程度といわれています。もちろん実力次第で1000万円以上の年収を得る人もいらっしゃるでしょう。

ただしいったん独立したものの企業内デザイナーのときよりも収入が下がってしまい、再就職することもあるようです。

現実的には年収300万円未満のフリーデザイナーも存在します。

センス次第で高収入を手にすることも期待できますが、ジュエリーが好きというだけでは継続することが難しい側面もあるという認識が必要でしょう。