医療秘書の仕事内容

医療機関で働く秘書

「医療秘書」という職業名は聞いたことがないという人でも、一般的な企業で働いている「秘書」という職業については知っている人が多いのではないでしょうか。

秘書というのは、来客の応対やスケジュールの管理、出張の手配など、さまざまな裏方業務を行う役割を担っています。

こうした業務を医療機関で行っているのが「医療秘書」という職業です。

病院や薬局に通院している患者と接する仕事ではないので世間の人々からはあまりよく知られていませんが、医療機関で働く人たちにとっては非常に身近な存在であり、なくてはならない存在となっています。

チームや個人を徹底的にサポート

医療秘書が仕事でサポートする相手はさまざまです。

たとえば、病院の院長や看護部長など責任のある立場の人の個人秘書として働くこともあれば、医局秘書として全体的なサポートにまわることもあります。

病院というのは患者の命を預かっている場所であり、医療スタッフは朝から晩まで時間に追われながら非常に忙しく働いています。

こうしたなかで、医療秘書が裏方の業務をスムーズにこなすことで、スタッフの負担が減り医療行為に集中できる環境を作ることが求められています。

学会の手伝いをすることも

医療秘書が行う秘書業務には、「電話応対」や「出張の手配」「郵便物の整理」など一般の企業の秘書と同じような業務も多いのですが、なかには医療秘書ならではの業務というものもあります。

たとえば、「学会への同行や資料作成の手伝い」です。

医療の第一線で働く医師たちの多くが学会で最新の研究結果を報告する機会を大切にしており、一年を通して頻繁に学会や勉強会が行われることも珍しくありません。

医療秘書はこうした学会参加の際に同行してタクシーや宿を手配したり資料を準備するのを手伝ったりすることがあります。

また、医師の手術の予定表を作成したり、診療の予約表を作成したりすることもあります。

秘書という立場から医学や医療の現場に接することになるので、このような分野に興味や関心がある人のほうが適任といってもよいでしょう。