医療秘書の勤務時間、休日、残業

医療機関に合わせた勤務に

医療秘書は、病院や薬局などの医療機関で働いています。

そのため、基本的には勤めている医療機関の開業している時間に合わせて勤務することになります。

たとえば、総合病院に勤めている医療秘書の場合、診察が始まる時間である朝の8時半頃から仕事を始めて休診の間の13時頃に昼食休憩を取り、夕方17時半頃に勤務を終えるというのが一般的です。

平日は大体このようなスケジュールで働き、病院によっては土曜日も出勤することがあります。

休日の取り方

日曜日や祝日など世間の休日は医療機関も休みになることが多いので、医療秘書も休むことができます。

雇用先によって状況は異なるものの、基本的には週休1日か2日になるようです。

ただし、医療秘書というのはひとつの医療機関に何人もいるわけではなく、小規模な病院や薬局などでは一人で任されているということも珍しくありません。

交代できるような同僚がいない場合は仕事を休むのが難しく、休みたい日に休みが取れないということもあるようです。

また、病院の開業スケジュールによっては盆や正月も休みが短く、長期休暇を取るのが難しいということもあります。

休日を重視している人は、求人情報を見る際に勤務時間や休暇についてしっかり確認しておいたほうがよいでしょう。

残業があることも

医療秘書は、医師の学会や研究発表の手伝いをすることもあります。

研究データを入力したり医学論文を検索したりするような仕事は膨大な時間がかかることも多く、通常の勤務時間が終わった後に残業が発生することもあります。

もちろん、雇用契約が「派遣社員」「パートタイマー」などの場合は残業を依頼することができない場合もあるので、あくまでも契約条件によるものと考えてよいでしょう。

子育てや介護をしながら医療秘書として働く場合、残業の有無が家庭に大きな影響を及ぼすことがあるので、採用時によく話し合い合意をしておくことが大切です。