行政書士資格取得までの勉強時間

資格取得に必要な勉強時間

行政書士試験の合格率は3〜10%と非常に難関の試験となっており、合格できずに何年も試験勉強を行っている人も多いようです。

そのため試験に合格するためには、計画的な準備が必要となります。

行政書士試験を受験する人の中には、大学で法学部に通うなど日頃から法律の基礎知識を持っている人から、社会人になってから法律資格を取りたいとチャレンジしている人まで、そのバックグラウンドはさまざまです。

一概に1日どれくらい勉強することが必要ということはいえませんが、行政書士試験は出題範囲が広いため、できれば1年半前、短くても8か月前から、1日数時間は勉強時間を確保し、計画的な勉強スケジュールを立てて取り組むことが必要だといわれています。

もちろん個人によって理解度や確保できる時間数にも差があるため、できるだけ早い時期から準備するほうがよいといえるでしょう。

行政書士合格までのスケジュール

行政書士試験は、毎年11月の第2日曜日に開催されることとなっています。そのため、11月に向けて計画的に勉強スケジュールをたてる必要があります。

まずは過去問を解くことや、資格スクールの模擬試験などを活用して自分の進捗度を把握し、それに応じて取組み内容やスケジュールを検討しましょう。

行政書士試験の合格には、他の資格試験同様に、やはり過去問を研究することが非常に重要だといわれています。

合格体験者の多くが、なるべく早めに基礎的知識を身につけて過去問の分析に取り組むことが有効だと語っています。

個人のレベルによりますが、最低でも試験3か月前の8月までに基礎力を固め、過去問に取り組むことで出題傾向を把握していれば、試験の流れに慣れることもできるでしょう。

効果的に勉強するには

行政書士試験は独学でも合格は可能ですが、出題範囲が広く、また近年では法的思考力を問うような応用的な問題も多く出題される傾向にあるため、過去問や法律を暗記すればよいという試験ではなくなっています。

そのため、独学では難解な法律を理解できない、意思が弱く怠けてしまうという場合には、資格スクールや通信教育などを活用するのもよいでしょう。

また、法学部の学生の場合には行政書士に関する講座を大学が提供している場合もあるため、自分の通う大学でそのような講座がある場合には活用するのも有効です。