グランドスタッフになるのに有利な資格

業務に関連する資格

グランドスタッフを目指すうえで、資格は就職活動を優位に進めるための武器になります。エアラインの就職といえば第一に英語関連の資格が挙げられます。

なお、英語の資格は一定レベルを取得していなければ就職試験すら受験できない場合もあります。「英語検定試験2級、またはTOEIC550以上」は就職活動をする前に取得しておきましょう。

また、外国人に付き添い、外国語を用いて観光案内をすることができる「通訳案内士(通訳ガイド)」の資格も評価されることがあります。
通訳案内士の仕事

その他、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語など第2外国語の検定試験の資格があるとさらによいでしょう。

さらに、接客業のお仕事に就くわけですから「接客サービスマナー検定」や「秘書検定」もプラスに働きます。この2つの検定試験は問題集を買って独学が可能です。2級ぐらいまでは独学でも検定試験にパスできるでしょう。

加えて、航空業界は旅に深く関わっているため、「旅行業務取扱管理者」の資格も役立つかもしれません。

「上記に挙げた資格があれば絶対に合格できる」というわけではありませんが、しっかりと勉強をして、グランドスタッフになるという熱意を示すことにはつながります。

勉強をしたことが実践で生かせるようにしておくことも大切です。

そのほかの資格

JALグループのグランドスタッフを目指すなら、AXESSという端末を使ってチケットの予約などを行いますが、これに関しては「AXESS検定」というものがあります。資格を取得していると有利になるでしょう。

また少し特殊ですが、救命救急に関する資格「FIRST AID」を取得しておくというのもあります。こちらは日本赤十字や消防局が認定する応急手当や救急救命など講習を受けると認定される資格で、救命技能認定証が交付されます。

救急手当ては手当ての基本、人工呼吸、心臓マッサージの方法、AEDを用いた除細動、止血法などを学びます。こういったスキルは、エアライン系の専門学校でもカリキュラムに含まれていることがあります。

語学に比べれば優先度は低いといえますが、時間に余裕があれば積極的に取得しておいて損はないでしょう。

仕事体験談