グランドスタッフになるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校・スクール)

グランドスタッフになるための学校の種類

航空業界は就職先として非常に人気が高いため、「優秀な大学を出ていなければ合格できないのでは?」と考える人もいるかもしれません。

しかし、グランドスタッフはさほど学歴が問われる仕事ではなく実際にグランドスタッフとして活躍する人の学歴は大学院や大学・短期大学・専門学校などさまざまです。

エアライン系の専門学校を出ている人もいれば、航空業界とはまったく関係ない学部や学科出身という人もいます。

なかには高学歴な人もいますが、学歴が高いから採用されるわけではなく、人柄や語学力、学生時代の生活などを総合的に見て判断されています。

グランドスタッフは新卒者だけでなく既卒者の募集も多く、年齢や学歴、キャリアの異なる人が一緒に働く職場だということを知っておきましょう。

グランドスタッフになるための大学

大学の場合、観光ビジネス学部・国際コミュニケーション学部・国際観光学部などがあるところでエアラインや観光に関する勉強ができます。

もちろん、こうした学部・学科以外であってもグランドスタッフの採用試験を受けることは可能です。

大学に通うメリットは専門的な勉強だけではなく、広く一般的な教養を身につけられることだといえます。

専門学校に通学する場合と比べて学生期間も長いため、アルバイトやサークル活動、ボランティア活動などのさまざまな経験や知識が、グランドスタッフとして働く際に役立つこともあるでしょう。

また、契約社員の場合は一律の時給がほとんどですが、正社員となったときには最終学歴で給与に差が出ることもあり、大卒の方が有利となります。

グランドスタッフになるための専門学校

専門学校の場合、1年から2年制が多く、エアライン系の専門学校をはじめ、旅行・観光業に関する専門学校でも航空業界について学べます。

専門学校のメリットは、目指す職業や学びたいことに特化したカリキュラムで、より専門的な勉強をすることができるところです。

また、実務で役立たせられるよう実習が多いことも特徴で、学校によっては空港で実際にインターンシップや研修をさせてくれるところもあり、よりリアルな就業体験ができるところもあります。

多くの専門学校では就職を強く意識しているため、航空関連会社とのつながりが強く、就職情報が入手しやすかったり、サポート体制が充実したりしていることが多いのもメリットです。

ただし、専門学校に通えば100%就職できるというわけではないため、グランドスタッフになるための努力は欠かせません。

グランドスタッフの留学

グランドスタッフになるには、留学経験が有利と考える人もいるかもしれません。

グランドスタッフには語学力は必須のため、留学経験がありコミュニケーションが十分にとれる語学力がある人は非常に評価されるでしょう。

ただし、必ずしも留学経験は必須ではなく、留学経験のないグランドスタッフも多くいます。

留学経験がなくても、語学力さえあれば評価の対象となるでしょう。

もし留学を希望する場合は、社会人になってからでは時間を捻出するのが難しくなるため、学生のうちに学校の留学制度を利用して経験しておくのがよいでしょう。

グランドスタッフの学校選びのポイントは?

グランドスタッフを目指す場合、エアライン系の専門学校を卒業することは就職する上で多少有利になりますが、それは実力があるからです。

大学卒やその他の専門学校卒の場合でも、グランドスタッフにふさわしいと思われる知識やスキルがあれば同様に評価されるため、学歴や出身学校はそれほど重要ではないといえます。

そのため、高校から進学先を選ぶ際に、既に航空業界への就職を目指しているなら専門学校、そうでなければ大学を選ぶのが一般的です。