グランドスタッフへの転職・未経験からなるには?

グランドスタッフへの転職状況は?

グランドスタッフは、すでに社会人経験のある人や、学校を出てからしばらく時間が経っている人を採用する「既卒採用」の募集も比較的多く行われています。

応募にあたって職歴が問われることはほとんどないため、どのような仕事をしていてもグランドスタッフへ転職することは可能です。

実際には、同じ「接客」という面からホテルスタッフ、また「観光」という面から旅行会社のカウンター勤務、ツアーコンダクターなどから転職する人などは目立ちますが、一般企業の事務職からの転職など、職歴はまちまちです。

なお、近年はグランドスタッフ全体で正社員採用が減少傾向にあるため、既卒採用であっても契約社員やアルバイトとしての募集のほうが多くなっています。

グランドスタッフへの転職の志望動機で多いものは?

グランドスタッフへの転職の志望動機で多いものは、やはり航空業界へのあこがれです。

一度は試験に落ちて異業種へ就職したものの、やはりグランドスタッフへの夢をあきらめきれない、航空業界で働きたいという思いを持っている人は多くいます。

また、一度接客業に就職し、より接客を極めたい、多くのお客様を相手にしたいという思いからグランドスタッフとして払炊きたいと考えるようになる人も多いようです。

グランドスタッフの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からグランドスタッフになるには

未経験・社会人からグランドスタッフを目指す場合にも、新卒者と同様の知識やスキルが求められます。

社会人として就職経験があれば補えるものも多いですが、航空業界に関する知識や英語力などは自分で勉強する必要があるでしょう。

対策本などを使いつつ自分で勉強し情報を仕入れることもできますが、日中は現職を続けながら夜間のエアラインスクールに通い、確実に合格を目指すという人もいます。

グランドスタッフへの転職に必要な資格・有利な資格

グランドスタッフは英語力も必要とされるため、英語をはじめとした外国語を生かして仕事をしていた人や、資格を取得している人も有利となります。

また、秘書検定やビジネスマナー検定など、接客やビジネスマナーの資格を取得していると一定のレベルに達しているとみなされ、有利になることもあります。

グランドスタッフを目指す人におすすめの資格は?

グランドスタッフへの転職に役立つ職務経験は?

もし前職で接客業についていた場合、接客の仕事を通してマナーや言葉遣い、立ち居振る舞いなどが身に付いていれば、その点では有利になるでしょう。

また仕事をすることに対する強い責任感や社会の厳しさなどを知っていることがグランドスタッフとして役に立つこともあるため、自己PRをする際などは積極的にアピールしていきたいところです。

グランドスタッフへの転職面接で気をつけるべきことは?

グランドスタッフの面接で気を付けることは、第一印象です。

もちろん、他の職業でも面接では第一印象を大切にしますが、空港で働くグランドスタッフは多くのお客さまと接し、限られた時間の中で好印象を持たれなくてはならないため、面接時の第一印象を重要視しているところが多いのです。

笑顔や立ち振る舞い、言葉遣いなどに気を使うだけでなく、メイクや髪型、服装の着こなし方にも気を使う必要があります。

グランドスタッフに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

既卒の求人を募集する際、年齢制限を設けている会社と、そうでない会社の両方があります。

日系の場合は、入社後に自社で育成をしていく慣習が根付いているため、「キャリア形成を図る」といった理由から、年齢制限を設ける場合が比較的多く見受けられます。

一方で外資系の場合は、すでにキャリアがあり即戦力になることさえできれば、年齢はあまり問わないといったケースが目立ちます。

正社員の場合は20代半ばくらいまでを区切りにすることが多いようですが、短時間勤務の契約社員やアルバイトであれば、30歳を超えて採用される人もいるようです。

未経験からグランドスタッフの転職での志望動機

志望動機の考え方

未経験からグランドスタッフを目指す場合、「なぜ航空業界なのか」ということが一番問われる点です。

旅客サービスには、船舶や電車をはじめとした交通機関などさまざまなものがありますが、その中でなぜ航空業界を選んだのか、またなぜ客室乗務員ではなくグランドスタッフなのかを明確にしておく必要があります。

また、未経験の場合は前職での経験をどのように生かしていきたいかも問われます。

これまでの仕事とグランドスタッフの仕事を比較して、自分の経験を活かせる点はないかをしっかりと考えておく必要があります。

志望動機の例文

「学生時代にグランドスタッフの就職を目指しましたが叶わず、現在はコールセンター業務をしています。

グランドスタッフへの転職を目指して、英会話スクールに通い英語力を身に付け、現在では英語を必要とするお客さまのサポートをするまでになりました。

仕事をする上ではお客さまの要望に応えられるよう、常に気持ちに寄り添った会話を心がけてきました。

この経験を活かして、ぜひ○○空港の顔として恥ずかしくないグランドスタッフになれるよう努力していきます。」