エアライン専門学校とは

(読了時間:14分32秒)

将来、航空業界への就職を目指す人が通うエアライン専門学校。

このページでは、エアライン専門学校でどのようなことを学べるのかや、卒業までに必要な学費、卒業生の就職先などについて紹介していきます。

エアライン専門学校とは

エアライン専門学校では、航空業界の仕事、とくに「客室乗務員(CA)」「グランドスタッフ」「グランドハンドリング」といった各職業への就職を目指す人に必要とされる知識や技術を身につけることができます。

航空業界の仕事といっても、職業によって求められることは少しずつ異なるため、多くのエアライン専門学校では「客室乗務員コース」「グランドスタッフコース」「グランドハンドリングコース」といった複数のコースが設けられており、個々の希望進路に応じてより専門的な勉強ができるようになっています。

エアライン各社へ就職するうえで、エアライン専門学校に通うことが必須ではありませんが、エアライン専門学校では航空業界への就職を視野に入れたカリキュラムやサポート体制が用意されており、多数の卒業生を航空業界へ輩出しています。

エアライン専門学校で勉強すること、授業科目

エアライン専門学校で勉強すること

航空業界での仕事に共通して必要とされる能力が「英語力」です。

空港や航空機は外国のお客さまも多く利用されますし、職場によっては多様な国籍のスタッフと協力して仕事をすることになります。

そこでは共通言語として英語を用いてコミュニケーションをとる機会がたくさんあり、学生時代から英語力を高めておくことが重要とされています。

そのため、エアライン専門学校では英会話や英文法などを中心に、英語に関連する授業が多く設けられています。

そのほか、とくに客室乗務員やグランドスタッフのコースでは、航空業界で求められるホスピタリティ精神や接遇スキルを高めるためのサービスやビジネスマナーの授業なども多くあります。

さまざまなお客さまと円滑なコミュニケーションを図るために、一般常識を身につけることも重要視されています。

また、グランドハンドリングのコースでは、実務に関連するグランドハンドリングやエアカーゴなどの技術的な実習もあります。

希望の進路に応じた勉強ができる

エアライン専門学校では、大きく分けると下記の職種に就くための勉強をすることができます。

・客室乗務員(キャビンアテンダント、フライトアテンダント)
・グランドスタッフ
・グランドハンドリング(マーシャラ―、トーイング、エアカーゴスタッフ)

また、エアライン専門学校では、上記の職種別に学科・コースが分けられていることが多く、目指す進路に応じてより専門的な勉強をすることができます。

航空業界では業務上必要とされる専門的な知識や技術はもちろんのこと、サービスやホスピタリティに関するスキルも求められてきます。

また、職種によっては高いレベルの語学力も必要になることが多いです。

エアライン専門学校では、卒業後に航空業界への就職を成功させるために、必要とされる多様な知識・技術を身につけることができます。

エアライン専門学校の授業科目

エアライン専門学校のおもな授業科目としては、以下のようなものが挙げられます。

客室乗務員

・ビジネスマナー
・一般教養
・英語(エアラインイングリッシュ、英会話、英文法、TOEICなどの資格対策)
・機内サービス、ホスピタリティ
・異文化理解

グランドスタッフ

・ビジネスマナー
・一般教養
・英語(エアラインイングリッシュ、英会話、英文法、TOEICなどの資格対策)
・AXESS実習
・ホスピタリティサービス

グランドハンドリング

・ビジネスマナー
・一般教養
・エアカーゴ、グランドハンドリング実習
・英語(エアラインイングリッシュ、英会話、英文法、TOEICなどの資格対策)
・危険物取扱講座
・資格対策(国際航空貨物取扱士、貿易実務検定など)

高いレベルのサービススキル、語学力を身につける

客室乗務員やグランドスタッフといった航空業界の仕事では日々たくさんのお客さまと直に接することになるため、信頼されうるだけの豊かな人間性、ビジネスマナー、一般常識などを身につけていなくてはなりません。

また、状況に応じて臨機応変なサービスができるよう、現場で求められる正しい知識や技術を習得する必要があります。

航空業界の専門用語や飛行機の構造、業務の流れなどについて、航空業界を熟知した講師から教わり、実践力を磨いていきます。

また、空港や機内では外国のお客さまとコミュニケーションをする機会や、異国籍のスタッフと一緒に働くことも多くなるだけに、英語力はあればあるほど好ましいとされます。

したがって、英語関連の授業も多く設けられています。

エアライン専門学校で勉強することは多岐にわたり、密度の濃い時間を過ごすことになるでしょう。

机に向かう座学だけではなく、サービスや英会話などの実践的な授業も多くあることがエアライン専門学校の特徴です。

エアライン専門学校から目指せる職業・仕事

エアライン専門学校から目指せる職業

エアライン専門学校から目指せる代表的な職業としては、「客室乗務員(CA)」「グランドスタッフ」「グランドハンドリング」などが挙げられます。

それぞれのおもな仕事内容は以下の通りです。

客室乗務員(CA)

旅客機に搭乗し、乗客に対して機内での食事や飲み物の提供、免税品の販売といったサービスと、急病人の救急処置や機内の安全確保などの保安管理を行います。

グランドスタッフ

空港に勤務し、地上で航空機の利用客に対して搭乗手続きや搭乗案内などのサービスを提供します。

グランドハンドリング

航空機を所定の時間に離着陸させるために地上で誘導したり、貨物の積み下ろしを行ったりします。

エアライン専門学校から目指せる仕事

エアライン専門学校で勉強した学生たちの大半は、航空業界へ進んでいます。

具体的な職種としては客室乗務員(CA)、グランドスタッフ、グランドハンドリングなどが挙げられます。

航空会社系列の企業などで、ハンドリングやオペレーションサービス、エンジニアリングなどの各事業を手掛ける会社で、これらの職種に付く卒業生もいます。

専門学校ごとにさまざまな就職サポート体制がある

エアライン専門学校には、卒業後に上記で挙げたような会社へ就職することを目的とした学生が集まるため、在学中から就職に役立つ授業が多く設けられています。

航空業界研究や、入試における面接・グループディスカッション試験の対策、資格試験対策なども行われ、1年次の早い段階から就職を意識した勉強をしていくことになるでしょう。

専門学校によっては航空業界の各企業とパイプを持っており、インターンシップに参加できたり、企業の人事担当者による学内での企業説明会が実施されたり、一般公開されない求人情報を得ることもできます。

本人の努力は必要不可欠

エアライン専門学校では航空業界で働くうえで必要なことを基礎から学ぶことができますが、ただ学校に通うだけで就職が決まるわけではありません。

学校での授業は前向きな姿勢で受け、自主的に勉強する気持ちは絶対に必要です。

在学中の短い時間をいかに有意義に使うかによって、志望先へ就職できる可能性は大きく変わってくるといえるでしょう。

航空業界は人気が高く、企業や職種によっては相当な高倍率になることもあります。

しかし、エアライン専門学校で就職に必要なスキルを地道に高めていき、あきらめずに努力を続けることで、きっと理想の道へ進んでいくことができるのではないでしょうか。

エアライン専門学校の学費、費用

エアライン専門学校の学費

エアライン専門学校の学費は、年間で100万円~150万円程度が相場となっているようです。

一般的な昼間部・2年制の学校であれば、卒業までに200万円~300万円程度は必要になるでしょう。

ただし、学費に教科書代・教材費、研修旅行費、卒業アルバム制作費、OB・OG会費などが含まれていない場合、学費とは別で年間20万円~30万円程度かかることがあるため注意が必要です。

エアライン専門学校の費用

「学費に含まれるもの」と「学費に含まれないもの」の項目は、専門学校によって変わってきます。

たとえば、教科書代や教材費は学費として含まれていないことが多く、学費として明記されているお金のほかに、年間で20万円~30万円程度必要になることがあります。

さらに、学費に含まれないものとして、研修旅行の費用、制服代、卒業アルバム制作費、OB会費といったものなども挙げられることがあります。

学費や費用についての詳細は専門学校によってだいぶ異なってくるため、事前にしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

お金に関するさまざまな制度もある

専門学校で学ぶにはまとまったお金が必要になりますが、多くの専門学校で教育ローンや奨学金制度を設けており、一定以上の学力があったり学習意欲のある学生に対して、無利息、あるいは低利息でお金を借りながら勉強することができます。

また、特待生制度を設けている学校であれば、優秀な学生は最大授業料全額免除で学ぶこともできます。

自宅を離れて一人暮らしをしてエアライン専門学校へ通う場合は、生活に関わる費用も必要になりますが、専門学校によっては格安で住める指定学生寮を紹介してもらえるようなところもあります。

こうしたさまざまな制度を活用して、勉強に打ち込んでいる学生も大勢います。

どのようなエアライン専門学校を選ぶにしても、卒業するまでには数百万円というお金が必要になることがほとんどです。

おのおのの事情や人生設計などに基づき、無理なく学び続けられる学校選びをしたいものです。

また、学校によっては学生が安心して学べるように、お金に関する多様な制度を設けています。

そうした情報を調べ、上手に活用してみるのもよいでしょう。

エアライン専門学校の就職先、就職率、卒業後

エアライン専門学校の就職先

エアライン専門学校で勉強した学生たちの大半は、卒業後、希望通り航空業界へと進んでいます。

国内の大手エアラインやそのグループ会社、外資系エアライン、その他の旅客サービスを提供する企業などが、おもな就職先となります。

エアライン専門学校では、在学中に業界研究や面接対策、資格試験対策なども行われ、早い段階から就職を意識した勉強をしていくことができます。

航空関連企業との強いパイプを持っている専門学校では、外部に公開されない企業の求人情報が得られたり、実際に航空業界で働く先輩の生の声を聴ける機会が多数設けられることもあります。

毎年100%に近いような高い就職率を誇るエアライン専門学校もたくさんありますが、希望する就職先の内定を得るためには、もちろん本人の努力や意欲が必要不可欠です。

航空業界への就職が中心

エアライン専門学校では、客室乗務員(CA)やグランドスタッフ、グランドハンドリングといった航空業界の各職業に就くための勉強をすることができます。

そのため、卒業生の多くが志望通り航空業界へと就職しています。

具体的な就職先としては、JALやANAといった大手エアラインとそのグループ会社を中心に、外資系エアライン、またその他の旅客サービスを提供する企業などが挙げられます。

専門学校の詳しい就職実績については、各学校のホームページやパンフレットにも公開されていますので、気になる人はチェックしてみるとよいでしょう。

就職サポート体制について

エアライン専門学校では、就職を重視したカリキュラムが組まれており、就職を成功させるためのサポート体制も充実しています。

たとえば、講義の一環として就職活動に関する講義や面接指導があったり、日頃勉強したことを実践する力を身につけるために提携企業での実習などが行われる学校もあります。

また、エアライン専門学校の講師は航空業界の第一線で活躍してきた人が中心となっています。

現場で何が求められているのか、より強く掴み取りながら勉強することができるでしょう。

エアライン専門学校の就職率・卒業後

エアライン専門学校の多くは航空業界と太いパイプを持っているため、航空関連企業の人事担当者が専門学校を訪れ、学内で企業説明会が実施されることもあります。

また、専門学校によっては外部に公開されない企業の求人情報が得られたり、実際に航空業界で働く先輩の生の声を聴ける機会が設けられることもあります。

こうしたさまざまなサポート体制を敷き、毎年「就職率90%台後半~100%」といった高い数値を誇るエアライン専門学校も珍しくはありません。

しかし、航空業界は依然として人気が高く、志望度の高い企業へ合格するには、やはり本人の努力や熱意が必要不可欠です。

どのようなエアライン専門学校にも、就職を強く意識している学生が多く集まってきます。

同じ業界を目指す仲間と切磋琢磨しながら学べるのは、専門学校の魅力といえるでしょう。

ただし、就職サポート体制や就職先については専門学校ごとに多少異なってくるため、自ら情報をチェックし、不明な点は各学校に問い合わせてみるとよいでしょう。

エアライン専門学校の入試、志望動機、面接

エアライン専門学校の入試

エアライン専門学校の入試は、多くの専門学校と同様に「一般入学」「推薦入学」「AO入学」などの種類が実施されています。

選考方法は書類選考のみであったり、筆記試験や面接が実施される場合もあるなど、専門学校によって異なります。

ただしAO入学は、目的意識や積極性が高い学生を対象に事前に面接等で人物評価を行う制度となっており、他の入試方法よりも早い段階で入学が決まるのが一般的です。

また、これらに加えて、意欲的で人物・学力が優秀な学生に奨学金を支給する「特待生制度」や、大学や短大などと併願する学生向けの「併願入試制度」が設けられていることがあります。

いずれの場合でも航空業界の仕事に関する専門的なことは入学後に学ぶため、そこまで難しく構える必要はありません。

しかし、将来志望する職業についての研究や、自分がこれから何を目指していきたいのかはしっかりと応えられるように準備しておきましょう。

客室乗務員やグランドスタッフなどお客さまと接する機会が多い職業を目指す場合には、とくに清潔感や誠実さなどが重視される傾向にあります。

入学試験の面接でもそうしたポイントを意識して、身だしなみや服装に気を付けるとよいでしょう。

試験が一部免除される場合も

専門学校によっては、その学校が実施するオープンキャンパスや個別相談会などのイベントに参加することで、入学試験における試験内容(面接など)が一部免除となることがあります。

志望校の入試情報については、できるだけ早めに確認しておくとよいでしょう。

エアライン専門学校の志望動機の考え方

エアライン専門学校の志望動機を考える際には、まず将来の目標を明確にしておきましょう。

専門学校では、就職に直結する実践的な知識・スキルを身につけることができるため、「こういう仕事がしたいから、この学校で学びたい」という意思を伝えるために、職業に対する熱意や意欲、なりたいと思った理由をアピールすることが大事です。

また、数あるエアライン専門学校のなかでも、なぜその学校を志望するのかについても触れたほうがよいでしょう。

学校説明会やオープンキャンパスなどのイベントに参加して何を感じたのかや、その学校で学びたいと思ったポイント(たとえば講師の特徴、学校の施設・設備、カリキュラム、研修制度、就職サポート体制など)をわかりやすくまとめていくとよいでしょう。

エアライン専門学校の面接のポイント

エアライン専門学校の面接では、志望動機や得意科目、長所・短所、部活動など、一般的なことが問われることがほとんどです。

仕事そのものに対する専門的なことは入学後に学ぶため、そこまで難しく構える必要はありません。

しかし、将来志望する職業がどのようなものであるのかは、研究しておくほうがよいでしょう。

あとは明るい笑顔で、ハキハキと答えるようにすれば良い印象を与えられるでしょう。

なお、客室乗務員やグランドスタッフなど、エアライン専門学校から目指せる航空業界の仕事では、とくに清潔感や誠実さなどが重視される傾向にあります。

入学試験の面接でもそうしたポイントを意識して、身だしなみや服装に気を付けるとよいでしょう。

志望校の入試では少なからず緊張してしまうものですが、事前に志望動機をきちんと考えておき、誠実に自分の言葉で伝えるようにすれば、熱意は面接官にも伝わるはずです。

事前準備をぬかりなく行うことで、志望校への合格を目指してください。

エアライン専門学校のオープンキャンパス

エアライン専門学校のオープンキャンパスとは

オープンキャンパスとは一般に、学校側が入学を目指す学生やその家族などに対して、施設内を公開するイベントのことをいいます。

エアライン専門学校でも大半の学校がオープンキャンパスを実施しており、入学後にどのようなことを学ぶのか、学校の雰囲気はどんなものか、施設や設備はどれくらい充実しているのかなど、パンフレットやホームページだけではわかりにくいことも目で確かめることができます。

エアライン専門学校のオープンキャンパスでは、学校説明会や個別入試相談会のほか、学内ツアー、体験入学など多様なプログラムが用意されています。

専門学校の講師や在校生とコミュニケーションがとれるチャンスにもなるため、とくに志望度の高い専門学校のオープンキャンパスには積極的に参加するとよいでしょう。

自分自身の目や耳で専門学校の魅力に触れることができれば、入試に向けた志望動機を考える際にも役立ちます。

オープンキャンパスは基本的に自由参加となりますが、専門学校によっては事前申し込みが必要な場合があるため、ホームページなどで最新情報をチェックしてください。

オープンキャンパスは、高校が夏休みになる時期に実施されることが多いとされていますが、年間を通じて複数回実施する専門学校もあります。

詳しい情報は、各専門学校のホームページなどで確認するとよいでしょう。

エアライン専門学校のオープンキャンパスの内容は?

エアライン専門学校のオープンキャンパスでは、学校内を見て回ることができるのはもちろん、さまざまなイベントが同時開催されることがあります。

・学校説明会
・個別入試相談会
・学内ツアー
・体験入学
・在校生との交流 など。

このように、オープンキャンパスでは入学後のイメージを膨らませる模擬授業を受けることができたり、入学に関しての疑問・質問をぶつけることができたりと、進学を検討している人にとってのメリットは多くあります。

また、保護者向けの説明会や相談会を開催する専門学校もあります。

自分一人で参加することはもちろんですが、同じ目標を持つ友人と、あるいは親と参加することも可能です。

オープンキャンパスの内容や目的に合わせて、一人で参加するのか、あるいは誰かと一緒に行くのか決めるとよいでしょう。

エアライン専門学校のオープンキャンパス参加の注意点・ポイント

オープンキャンパスでは、専門学校の講師や在校生と交流する機会もあります。

試験を受ける前に悪い印象を与えないよう、礼儀正しく、きちんとした対応をするように心がけたいものです。

なお、オープンキャンパス参加時の服装は基本的に自由とされていますが、高校生の場合は制服を着用して参加する人も少なくないようです。

とくに客室乗務員やグランドスタッフ志望者向けのエアライン専門学校の場合、清潔感があり、きちんとした身なりが重視される傾向にあります。

私服であっても、清楚であまり華美でない服装を選ぶのが無難でしょう。

また、当日行われるイベントは、ものによっては事前申し込みが必要な場合があります。

そうした情報をホームページなどでよく確認しておき、限られた時間を有意義に使えるようにするとよいでしょう。

オープンキャンパスへの参加は義務ではありませんが、参加するとさまざまなメリットがあります。

また、学校の雰囲気をより実感するにはもってこいの場となるでしょう。

都合がつく限り、積極的に参加してみることをおすすめします。

航空業界は昔から変わらず人気がある業界であり、とくに大手エアラインは相当な高倍率になることもあります。

エアライン専門学校では就職活動を成功させるためのさまざまなサポート体制がありますが、在学中は夢に向かって地道に勉強を続ける必要があるでしょう。