このサイトは通訳を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「通訳」

仕事内容
通訳は、異なる言語をお互いの国の言葉に訳す仕事です。国際会議での通訳を行う「会議通訳」、商談などのビジネスの話で通訳をする「ビジネス通訳」、スポーツ選手や来日する芸能人の通訳を担当する「スポーツ・芸能通訳」、日本への観光客を案内する「通訳案内業」などの分野があり、話し手の言葉を聞くと同時に訳す「同時通訳」や、ひと呼吸置いて話をまとめる「逐次通訳」などの手法を用いて通訳を行います。
なるには
通訳になるのに絶対に必要な資格はありませんが、高度な語学力は不可欠です。そのため、通訳を目指す人の多くは大学の語学系学部出身者や海外留学経験者であり、さらに通訳の専門学校に通って通訳に必要なスキルを身につけています。そして、通訳のエージェントや派遣会社に登録することで、仕事を斡旋してもらうことができます。フリーランスで働く人が多い職業ですが、安定性を求めるのであれば正社員のポストを探すのがよいでしょう。
給料
フリーランスで働く通訳の給料は、時給制をとっているケースがほとんどです。時給2000円~4000円程度が相場で、スキルや経験によっても異なります。多くの仕事をもらうためには語学力 に加え、医学や理工系など得意分野があると強みとなるでしょう。人脈の構築も大切です。一方、企業で正社員として勤める場合は、年収400万程度から、多ければ1000万円程度を得る人もおり、待遇面も安定していることが多いです。
将来性
国際化が進み、ビジネスの現場では通訳を必要とする場面が増えています。貿易商社や輸入関連企業のみならず、さまざまな業種業態で海外取引を行う企業が急増しており、特に会議通訳の需要が高まっています。今後も安定したニーズがあると思われますが、一定以上のスキルがなければ務まらない仕事であるため、まずは小さな仕事からでも着実に経験し、成果を積み上げていく努力が必要となるでしょう。