エアラインの専門学校、スクールには通うべき?

エアライン系の学校に通うかどうかは人それぞれ

全国各地にはグランドスタッフや客室乗務員(CA)など、航空業界で働くことを目指す人向けの専門学校や、エアライン系のスクールがあります。

グランドスタッフを目指す人の中には、航空業界で働くにはエアライン系の学校に通わなければ合格できないと考える人もいるかもしれません。

しかし、グランドスタッフは採用時点で「専門知識があるかどうか」を問われることは基本的にありません。

一般的な大学や短大卒の人も採用されることがありますし、現にエアライン系の専門学校やエアライン系スクールに通っていないグランドスタッフも多くいるため、エアライン系の学校に通うかどうかは、まさに人それぞれです。

もちろん、グランドスタッフの採用試験は高倍率のため、突破するためには努力や準備は必須です。

グランドスタッフになるために早くから専門知識やスキルを学びたいという人は、こうした学校を利用することも有効ですが、必ずしも就職が保障されているものではないため注意が必要です。

独学で実力を身に付けることもできる

グランドスタッフになるためには、採用条件にある最低限必要なスキルを身に付けておく必要があります。

グランドスタッフに必須の英語力は、応募の際には「TOEIC550から600以上」を求められることが一般的です。

ただし英語力は独学で知識を身に付けることも可能ですし、大学や専門学校の勉強で身につけることもできます。

採用試験や面接対策として、雑誌や業界誌などを読んで航空業界の知識を得たり、グランドスタッフの仕事に関する知識を身につけたりすることも大切です。

そのほか、正しい言葉遣いで面接に臨むための練習やエントリーシートの書き方など試験対策のために勉強することはさまざまありますが、こうした知識は市販のテキストや教本などで身に付けることもできますし、一般的な大学や専門学校などでもしっかりと指導してくれます。

もし学校に航空業界やグランドスタッフとして活躍するOB・OGがいれば、就職支援センターなどを利用して、直接訪問して現場や仕事の話を聞かせてもらうのもよいでしょう。

エアライン系の学校卒=航空業界へ就職ではない

エアライン系の専門学校やスクールに通わなくても、独学でグランドスタッフになることは十分可能です。

エアライン系の学校に通うメリットとしては、同じ業界を目指す仲間ができること、身近に専門的な知識を持つ先生がいること、受験に必要な情報を入手しやすいことなどが挙げられます。

エアライン系の学校に通った場合、独学よりも効率的に学べ、合格に近付きやすい環境とはいえますが、こうした学校へ通ったからと言って航空業界への就職が保障されるわけではありません。

一番大切なのは自分の熱意とやる気です。

専門学校やスクールに入学したからと言って、自分に甘えていては航空業界への就職は難しいでしょう。