グランドスタッフになるには

グランドスタッフになるには

航空関連会社・派遣会社に就職する

グランドスタッフは航空会社が直接採用を行うケースもありますが、近年は航空会社のグループ会社や専門の派遣会社に登録して働くのが一般的です。

国内の大手2社(JAL、ANA)の場合は、旅客ハンドリング業務を担う専門のグループ会社で採用を行っています。

大学院・大学・短大・専門学校を卒業後、こうした企業の採用試験を受験し、採用されれば、グランドスタッフとして活躍することができます。

また、地方の空港の場合は、航空会社の孫会社や地元のバス会社・観光会社・空港ビル会社などがグランドスタッフを募集しています。

グランドスタッフの採用情報の探し方

採用情報の探し方としては、航空会社のグループ会社のWebサイトを見て採用情報をチェックする方法や、エアライン系の雑誌でチェックするという方法もあります。

地方空港の求人については求人情報雑誌などに掲載されることもあるので、目を通しておくとよいでしょう。

外資系のエアラインに就職を考えている場合は、まめに各エアライン会社のホームページをチェックするとよいでしょう。

グランドスタッフの資格・難易度

グランドスタッフの採用条件

グランドスタッフとして働く上で必須の資格はありませんが、企業によって細かい採用条件が設定されています。

求人条件として掲げられる主なものとしては、学歴(大学院、大学、短大、専門学校卒)、勤務条件(シフト勤務)、住居(空港に通える一定範囲に居住が可能か)、英語能力(英語検定2級以上もしくはTOEIC550点から600点以上の英語力)があります。

これらを満たしていない場合は圧倒的に不利になりますので、早いうちに希望企業の採用条件をチェックし、条件をクリアできるようにしておくことが大切です。

高倍率の試験を突破するために

グランドスタッフをはじめとした航空業界は非常に人気があり、試験も高倍率となることがほとんどです。

高倍率の試験を突破するためには、まずは語学力が必須です。

面接は日本語だけでなく、英語で実施されることもあります。

英語は基本となりますが、英語だけでなくその他の言語も扱えるとより有利となるでしょう。

また、面接の際は美しく正しい日本語が話せること、所作の美しさや正しい立ち振る舞いが求められますのでしっかりと対策をする必要があります。

エアライン系の専門学校では、こうした面接や試験のための対策をしてくれますので、具体的な対策がとりやすいでしょう。

グランドスタッフになるための学校の種類

グランドスタッフを目指す際の進学先

グランドスタッフの場合、大卒が採用条件となっていることはあまりないため、大学・専門学校のどちらに進んでもグランドスタッフへの道は開かれています。

グランドスタッフを目指す人の場合、「エアライン科」や「グランドスタッフ科」などがある専門学校に通えば、より実践的な勉強をすることができます。

こうした専門学校では「就職」を強く意識したカリキュラムが組まれているため、航空関連会社とのつながりも強いのが特徴です。

求人情報が入手しやすくなったり、就職サポート制度が充実していたりすることが多いのもメリットでしょう。

ただし客室乗務員とグランドスタッフを併願し航空業界への就職を目指す場合、客室乗務員は大卒で採用されることが多いため、大学を卒業していた方が進路の幅が広がるというメリットがあります。

グランドスタッフを目指す人の留学

学歴とともに、留学経験を意識する人は少なくありません。

グランドスタッフにとって語学力は高いほど有利です。

海外生活を通して日常生活は困らないほどの第二外国語が話せたり、TOEICのスコアが非常に高かったりする人は、試験でもアピールしやすいでしょう。

とはいえ、留学経験は一切ないといった現役グランドスタッフも少なくありません。

留学経験はあるに越したことはありませんが、経験の有無よりもどれくらい語学が使えるかというスキルのほうが重視されます。

英語はもちろん、最近では中国語や韓国語・さらにフランス語・スペイン語・ロシア語などさまざまな国の言葉が使えるグランドスタッフが重宝されるため、英語に限らず語学を習得しておくとよいでしょう。

グランドスタッフに向いている人

コミュニケーション能力のある人

年齢・国籍問わず、幅広いお客さまに対応する仕事のため、コミュニケーションスキルが必須です。

正しい日本語を使えるのはもちろん、英語をはじめとした外国語での問い合わせも少なくないため、それらに適切に対応できるだけの語学力も必要になります。

臨機応変に対応できる人

さまざまな人と接する空港での仕事では、トラブルは日常茶飯事です。

トラブルが起きたり、イレギュラーな事象が発生したりしたとき、グランドスタッフは冷静かつ臨機応変に対応できる判断力が求められます。

また、マニュアル一辺倒のやり方でなく、その人一人ひとりに合った適切なサービスを臨機応変に判断することも大切な仕事です。

体力のある人

グランドスタッフは立ち仕事であることに加え、荷物を持ったり空港内を走ったりと、見た目よりも体力勝負の仕事です。

休日も不規則で早朝・深夜の勤務もあるため、体力がないと続けるのは難しいでしょう。

グランドスタッフのキャリアプラン・キャリアパス

年齢を重ねても続けられる仕事

グランドスタッフは、経験がものを言う仕事でもあるので、長く働くことができます。

はじめは先輩について仕事を覚えるところから始まりますが、一人前になると、クレーム対応やトラブル時の対応など難しい仕事も任されるようになります。

ベテランのグランドスタッフになると、グランドスタッフを束ねるリーダーや指導役として新人を教える立場になることもあります。

グランドスタッフから客室乗務員へ

グランドスタッフから客室乗務員へ転職する人もいます。

その理由は、もともと客室乗務員になりたかったけれど倍率が高く採用されなかったため、まずグランドスタッフとして就職してから既卒枠で客室乗務員になったという人、あるいはグランドスタッフの仕事をするうちに客室乗務員への憧れの気持ちが強くなり、転職を考えたという人などさまざまです。

グランドスタッフを経験していれば、すでにエアラインの知識がある、航空業界で働くに必要な接客やマナーを理解している、現場の厳しさを理解しているといった理由から、まったく別の業界から転職するよりも有利になりやすいといわれています。

特に、外資系企業の場合は職歴を重視するため、航空業界での接客経験がある人は優遇されるケースも多いようです。

そのほか、グランドスタッフが働く旅客サービスから航務サービスへキャリアアップするという道もあります。

運航管理の仕事に回るほか、資格を取得すればより専門性の高い業務に就くことも可能です。

グランドスタッフを目指せる年齢は?

グランドスタッフを目指せる年齢

1からグランドスタッフを目指す場合は、どうしても年齢が若い方が有利です。

理由としては、教育に時間がかかるため若い人が優遇されること、また長く働いてもらいたいため若い人を優先的に採用したいという企業側の思いがあるからです。

社会人からグランドスタッフを目指す場合は、すぐにでも行動に移しましょう。

ただし、一度グランドスタッフや客室乗務員として就職した経験があり、結婚・出産後に再就職したいといった場合は、この限りではないでしょう。

高卒・既卒からグランドスタッフを目指せる?

高卒からグランドスタッフを目指す場合、高卒でも採用してくれる航空会社を探す方法があります。

首都圏など大手では難しいのが現状ですが、地方の空港や派遣会社の場合は、学歴を問わず語学力さえあれば採用されることもあるようです。

まずはグランドスタッフにこだわらず空港や航空業界でアルバイト・パートとして働き、経験を積みながらグランドスタッフを目指すという方法もあります。

また、グランドスタッフは既卒向けの求人も多くあります。

グランドスタッフは女性が多いため、どうしても結婚や出産などで欠員が多く出てしまうためです。

既卒向けの求人とは言え、人気の職種で高倍率となることも少なくないため、新卒と変わらない条件が求められます。

しっかりと試験対策をして臨みましょう。