男性でもグランドスタッフになれる?

男性グランドスタッフも活躍

グランドスタッフというと、若い女性のイメージを持っている人も少なくないでしょう。

しかし、グランドスタッフとして働く男性も少なからずいます。

割合としてはまだ少なく、グランドスタッフ全体の1割程度と言われていますが、特に外資系を中心に男性グランドスタッフの活躍が目立つところもあります。

グランドスタッフは、お客さまの重い荷物を運んだり、お客さまを探すために空港内を走り回ったり、車いすを利用するお客さまの移動をお手伝いしたりと、身体を使った仕事が多いのが特徴です。

このように、グランドスタッフは体力を要する仕事であるため、体力や腕力のある男性が力を発揮できる場面がたくさんあるのです。

男性がグランドスタッフになるには

客室乗務員(CA)やグランドスタッフに男性が少ないのは、こうした職業は「女性の仕事」というイメージが根強く、男性の志望者が女性に比べて圧倒的に少ないことが原因です。

ただし、航空会社各社では「女性のみ」と限定して募集していることはなく、男性だからグランドスタッフになれないということはありませんし、採用の段階で「男性だから」と差別されることはほとんどありません。

近年では、地方空港や外資系エアラインで、男性を積極的に採用する傾向にあります。

正社員・契約社員・アルバイトなど雇用形態は企業によってまちまちですが、自分のキャリアプランを見据えつつ、各社のWebサイトの採用ページ、求人情報雑誌などをチェックして求人を探すとよいでしょう。

男性グランドスタッフの採用のポイント

男性でも女性でも、グランドスタッフに求められることに大きな違いはありません。

ただし、圧倒的に女性が多い職場で働く以上、女性とのコミュニケーションに苦手意識がなく、異性が多い社会で仕事をする覚悟は必須となります。

子どもやお年寄りのなかには、男性からの接客を威圧的に感じたり、怖いと思ってしまったりする人もいるので、第一印象や話しかけやすい雰囲気であるかなど人柄も良く見られるポイントです。

また、スポーツ経験があるなどチームワークを発揮できる人、体力に自信がある人などもプラスに評価されやすいようです。

いずれにせよ、男性も女性も同様に高倍率であることに変わりはなく、言葉遣いや身だしなみ、おもてなしの心などはかなり厳しくチェックされるため、しっかりと対策をしておくことが必要です。

男性グランドスタッフの今後

客室乗務員にも男性が増えつつある中で、今後は男性グランドスタッフがますます増えていくと考えられています。

ただし、グランドスタッフは契約社員や派遣社員が多いため、収入や待遇を考えると男性が長く働き続けるのは難しい仕事であることは確かです。

正社員登用の道もありますが、男性だからと言って特別優遇されることはないため、優秀な女性グランドスタッフと少ない席を争わなくてはなりません。

男性がグランドスタッフを目指す場合は、こうした実情もしっかり踏まえなければならないでしょう。