グランドスタッフの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

グランドスタッフを目指すきっかけで多いものは?

グランドスタッフの採用試験受験者の中には、グランドスタッフが第一希望でない人もいます。

たとえば「第一希望は客室乗務員(CA)だけれど、非常に倍率が高く合格できるとは限らない。何とかして航空会社に入るきっかけを作りたい、またはどうしても航空業界で働きたい」という気持ちで、グランドスタッフの採用試験を受ける人もいるのです。

グランドスタッフを第一志望とする人だけでも採用倍率も決して低くはないのですが、そのうえで併願受験者が多いということは、より多くのライバルの中で抜きんでたものがなければ、合格は難しいということです。

漠然とした憧れの気持ちだけではなく、きちんとした対策をして採用試験に臨む必要があるといえます。

グランドスタッフの志望動機の考え方

グランドスタッフのための面接応対ノウハウ本などがありますが、あてにしすぎない方がよいでしょう。

他の受験者も同様の本を見ていることが多いため、内容が似通ってしまうからです。

数多くの受験生を面接する面接官から見れば、「また同じか」と思われてしまうかもしれませんし、いくら優等生のような発言をしたところで、「マニュアル通り」とマイナスの印象を与えてしまう可能性すらあります。

大事なのは、グランドスタッフになりたいその熱い思いを自分の言葉で表現することです。

他の受験者と同じような通り一遍の返答をしないようにし、時間をかけてじっくり自分のグランドスタッフになりたい気持ちを探し出すことが必要です。

「自分の言葉で表現する」というのは言うほど簡単ではないことかもしれませんが、グランドスタッフを目指そうと思ったきっかけがきっとあるはずです。

なぜグランドスタッフに思ったのか、別の仕事ではそれは実現できないのか、どんなグランドスタッフになりたいのかなどを突き詰めて考えていけば、他の受験者とはひと味違ったオリジナルの言葉が出てくることでしょう。

グランドスタッフの志望動機の例文

自身の経験をもとにした志望動機

「私は、世界中の人に日本のおもてなしの心を届けたいという思いがあります。

学生時代に留学を経験し、その際に御社の飛行機を利用しました。

はじめての空港で迷っていた時に御社のグランドスタッフに声をかけていただき、事情を話すと丁寧に案内してくれただけではなく、搭乗の際には温かい言葉をかいたメッセージカードをいただくことができ、緊張がほどけました。

そのホスピタリティに感動し、ぜひとも自分もグランドスタッフになりたいと思うようになりました。」

グランドスタッフへのあこがれを盛り込んだ志望動機

「幼いころから航空業界で働くのが夢でした。

なかでも空港や企業の顔として働くグランドスタッフに非常に魅力を感じています。

世界中の人を相手にし、飛行機の運行を支えるグランドスタッフは、緊張感もありますが非常にやりがいのある仕事だと考えています。

グランドスタッフになるために、英語や中国語などができるよう学生時代から努力してきました。

海外のお客さまに対しても、国内のお客さま同様の接客ができるようなグランドスタッフになりたいです。」

他社との比較から魅力を語る志望動機

「旅行が好きで、学生時代からさまざまな地域や国を訪れています。

飛行機や空港もいろいろなところを利用しましたが、接客では御社のサービスが一番だと感じました。

なかでも○○空港を利用した際、私のミスで予約がされていなかったにもかかわらず、グランドスタッフの方が親身になって相談にのってくださり、無事飛行機に乗れたことが心に残っています。

私も、突然のトラブルや不測の事態でも慌てることなく、お客さまに寄り添った接客ができるグランドスタッフになりたいです。」

グランドスタッフの面接で聞かれること・注意点

グランドスタッフの面接で多い質問は、なぜこの会社を選んだのかということです。

グランドスタッフを目指す人は、JAL・ANAといった大手から、LCCまでさまざまな航空会社を受けることが多くあります。

ただし面接の際は、「どうしてこの会社でなければならないか」をしっかりと答えられるようにしておかなくてはなりません。

各航空会社の特徴や企業理念などをしっかりと研究しておき、ありきたりな答えにならないようにしておくことが必要です。

グランドスタッフの自己PRのポイント

志望者も多く倍率も高いグランドスタッフの場合、ありきたりな自己PRでは、採用担当者の心には響きません。

そのため、自己PRをする際には具体的なエピソードを話すことが効果的です。

たとえば「私は英語が得意」と自己PRしたいのであれば、「英語で道案内をして外国の方に喜ばれた」「英語でスピーチをして表彰された」など英語力を役立たせた話を盛り込むことで、より採用担当者もイメージが湧きやすくなり、親しみを持ちやすくなります。

グランドスタッフの履歴書で気をつけるべきことは?

グランドスタッフの履歴書の書き方の特徴としては、採用担当者が多くの履歴書を見る中でぱっと目に留まる書き方をすることがあげられます。

一目でわかりやすく印象に残る書き方をしなくてはなりません。

わかりやすくポイントを押さえた書き方をしたり、場合によってはアンダーラインを引いたり箇条書きにするなど見た目でもわかりやすくする工夫が必要です。

また、グランドスタッフの場合は履歴書の写真にも気を付けなくてはなりません。

一般的に真顔で映ることが多いですがグランドスタッフを志望する場合は笑顔での写真を使用することが多いようです。

これは、実際に接客をする上での表情をアピールするためです。

しっかりとメイクをし、専門の写真館などで写真を撮影する人も少なくありません。

履歴書の写真で合否が決まるわけではありませんが、第一印象が左右されるポイントですので、しっかりと対策が必要です。

オリジナルな志望動機を作ってみたけれど、イマイチ自信が持てない人は、新卒の場合はキャリアチケットを利用することで、志望動機の添削や面接対策を無料で行ってもらうことができます。

航空業界に詳しい担当者が、キャリア相談から志望動機の添削や模擬面接までしてくれるため、グランドスタッフの内定獲得率をアップできる可能性があります。

最短3日で内定を獲得した人もいるなど、実績もあるため、まずは気軽に相談してみることをおすすめします。