グランドスタッフの勤務時間・休日

グランドスタッフの勤務時間

空港は早朝から夜遅くまで、場所によっては24時間にわたって開いているため、そこで働くグランドスタッフの勤務はシフト制です。

1日の労働時間は実働7時間から8時間が目安で、土日祝日を含む交替制勤務です。

ほとんどの会社では、フライトの離発着の時間に基づいたシフトが組まれています。

シフトとしては「早番・遅番」の2パターン、または「中番」を含む3パターンに分かれていることが多いようです。

早番、遅番の勤務時間(例)

・早番 5:45~14:15
・遅番 12:45~21:15

グランドスタッフの休日

シフトパターンとしては、4日働いて2日休み、もしくは1日休みが一般的ですが、5日働いて2日休みなどのパターンもあり企業や勤め先によって変わります。

シフト勤務で休日も交代制のため、休みは不規則で土日祝が休日になるとは限りません。

また、ゴールデンウィークなどの大型連休や、お盆休み・お正月休みなど世間が旅行に出かける時期は繁忙期となるため、基本的に休みを取ることはできません。

平日休みの場合、役所や銀行の窓口に行ったり、買い物や旅行に行ったりしても比較的すいているためゆったりとできるというメリットがありますが、一方で家族や友人と休みが合わずに苦労したり、スケジュール調整が難しかったりといったデメリットもあります。

グランドスタッフの残業

グランドスタッフは、基本的に残業はありません。

時間に厳しい仕事のため、残業にも厳しい企業が多く、お客さまに対応するための人員をしっかりと確保しているためです。

ただし、遅延や欠航などのトラブルが起きた場合は、残業をしたり休日でも出勤しなくてはならなかったりすることもあります。

グランドスタッフの夜勤

24時間開いている空港の場合は、深夜の勤務となることもあります。

その場合は深夜手当が支給され、ときには空港内で仮眠を取りながら交代で勤務することもあります。

グランドスタッフの特徴として、早朝からの勤務・深夜までの勤務があるため、空港へ通える範囲内に転居することが挙げられます。

早朝・深夜勤務の場合は空港へ向かう公共交通機関がないため、会社の寮に入ったり通勤可能な場所に住んだりして、会社が手配するタクシーやバスなどの送迎を利用します。

グランドスタッフは忙しい? 激務?

グランドスタッフは一般的なサラリーマンのように規則正しい仕事ではなく、さらに立ち仕事で体力勝負のため、激務と感じる人も多いようです。

不規則な勤務や一日中立ちっぱなしの仕事を乗り切るためには、普段から体調管理を意識し、体力をつけておくことが必要でしょう。

また、空港内では一分一秒の時間を意識しながら接客するため、常に神経を張り詰めなければならない精神的にもきつい仕事だということを覚悟しておきましょう。

グランドスタッフの休日の過ごし方

グランドスタッフの休日は基本平日となりますが、買い物や旅行に行くにしても空いていたり料金が安かったりと、平日休みならではのメリットもあります。

また、大手航空会社の場合は、長期休暇や特別休暇などの制度も充実しています。

それらを利用して自らが旅行を楽しみ、見聞を広めるという人も少なくないようです。

グランドスタッフの1日・生活スタイル