グランドスタッフから客室乗務員に転職できる?

客室乗務員グランドスタッフ経験者も多い?

「航空業界で働きたい!」という気持ちはあるものの、グランドスタッフを目指すか、それとも客室乗務員(CA)になるかで迷っている人もいるかもしれません。

勤務場所が地上(空港)なのか機内なのかという違いはありますが、両者ともお客さまに安全で快適な空の旅を提供するやりがいのある仕事です。

実は、客室乗務員として活躍する人の中には、グランドスタッフ経験があるという人もいます。

その背景としては、もともと客室乗務員になりたかったけれど倍率が高く採用されなかったため、まずグランドスタッフとして就職してから既卒枠で客室乗務員になったという人、あるいはグランドスタッフの仕事をするうちに客室乗務員への憧れの気持ちが強くなり、転職を考えたという人もいます。

客室乗務員の試験を受ける上では、グランドスタッフを経験していれば、すでにエアラインの知識がある、航空業界で働くに必要な接客やマナーを理解している、現場の厳しさを理解しているといった理由から、まったく別の業界から転職するよりも有利になりやすいといわれています。

とくに、外資系企業の場合は「職歴」を重視するため、航空業界での接客経験がある人は優遇されるケースも多いようです。

併願する場合の注意点

元から客室乗務員が第一志望であるものの、他社のグランドスタッフと客室乗務員を併願する人もいます。

しかし、グランドスタッフと同様、客室乗務員の人気も非常に高いです。

転職に関しても採用試験は何十倍から何百倍という倍率になることも珍しくなく、軽い気持ちでの合格はとても難しいです。

一般的にグランドスタッフと客室乗務員の併願が禁止されることはありませんが、実際の面接試験では、グランドスタッフと客室乗務員の併願状況を問われることもあるようです。

「グランドスタッフは滑り止めで、本命は客室乗務員」といった気持ちがあると、マイナスに評価されてしまう可能性があるため注意が必要です。

グランドスタッフ職と客室乗務員職を併願する場合は、どちらの特徴・働き方などをしっかりと考えた上で、それぞれの面接試験に真摯に向き合う必要があるでしょう。

客室乗務員に転職する際の注意点

客室乗務員の受験においては、グランドスタッフにはない条件として、身長制限や英語の資格取得が設けられていることもあります。

こうした条件は各航空会社によって異なるため、応募資格は事前に確認しておきましょう。

また、客室乗務員の既卒(中途採用)の場合、まずは契約社員として採用され、その後本人の希望や能力、適性を踏まえて正社員に切り替わる場合が多いです。

そのためグランドスタッフとして勤務していたときとは待遇や給与面が大幅に変わることもあるので、あらかじめ覚悟しておいたほうがよいでしょう。

このように、客室乗務員もグランドスタッフ同様、なるために努力も熱意も欠かせませんが、強い気持ちさえあれば、グランドスタッフを経験してからでも客室乗務員として転職することは十分可能です。