グランドスタッフのキャリアパス・結婚後の生活

妊娠・出産を希望するグランドスタッフには、それら大きなライフイベントを経て仕事をどうするかという問題がつきものです。

本記事では、女性のグランドスタッフの現状や結婚後の働き方などを紹介します。

女性のグランドスタッフの現状

グランドスタッフは女性が大半を占めている職業です。

グランドスタッフは経験がものを言う仕事のため、年齢を重ねても働くことができ、妊娠・出産後も働き続ける人は多くいます

また、女性が多い職業だからこそ、企業もさまざまな福利厚生を準備しています。

産前産後休暇や育児休暇を利用したり、子どもが小さなうちは短時間勤務に限定したりして働くグランドスタッフも非常に多いです。

このように、周りにロールモデルが多いことからも妊娠・出産後も働きやすい環境であるといえるでしょう。

女性のグランドスタッフの強み・弱み

グランドスタッフはさまざまなお客さまに対応する仕事です。

女性は共感や気遣いが得意な傾向にあり、接客に生かすことができるでしょう。

グランドスタッフは、お客さまの重い荷物を運んだり、お客さまを探すために空港内を走り回ったり、車いすを利用するお客さまの移動をお手伝いすることもあります。

華やかなイメージの裏でかなりの体力が求められる仕事であるため、ときには女性では力が及ばないこともあるかもしれません。

まだ数は少ないですが、男性のグランドスタッフも近年増えつつあるため、重労働の際は男性と協力して仕事をすることもあります。

グランドスタッフの結婚後の働き方・雇用形態

グランドスタッフは、結婚後も働き続ける人が多くいます。

そのままフルタイムとして働く人はもちろん、家族と時間を合わせるために契約社員や派遣社員となり、勤務日数や時間を調整しながら働く人も少なくありません。

ただし、グランドスタッフは空港に勤務するため、どうしても住居が空港近くに限られてしまいます。

結婚の際の転居に伴い、グランドスタッフの仕事を離れる人も多いのが実情です。

グランドスタッフは子育てしながら働ける?

グランドスタッフのなかには、子育てをしながら働く人も少なくありません。

ただし、正社員やフルタイムで働くグランドスタッフは早朝から深夜までのシフト制のため、家族との時間をゆっくり取ることは難しいでしょう。

契約社員や派遣社員となり、勤務時間を調整したり、勤務先と相談して日中のみの勤務に変更してもらったりする人が多いようです。

また、企業もグランドスタッフに女性が多い現状を踏まえ、「結婚や出産後も続けてほしい」「経験者として復帰して再度働いてもらいたい」という考えを持っています。

そのため空港近くに企業保育園を併設したり、時短勤務を可能にしたりするなど、各社さまざまな工夫をしています。

パートナーや家族との協力ももちろん必要ですが、このような企業の福利厚生・育児に関する制度を利用しながら働くことが大切です。

グランドスタッフは女性が一生働ける仕事?

グランドスタッフは若い女性のイメージが強いですが、結婚・子育てをしながらでも働くことができる仕事です。

時間を問わないシフト勤務や体力のいる仕事のため、女性が働き続けるのは難しい面もありますが、家族との協力や会社の理解を得られれば、キャリアを重ねていくことが可能です。

経験を積めば、グランドスタッフのリーダーや指導役になったり、旅客サービス系ではない航空系の職業にキャリアアップしたり、外資系のエアラインに転職したりする道も拓けます。

グランドスタッフのキャリアパスのまとめ

長く勤め上げてキャリアアップしていく女性グランドスタッフは大勢います。

妊娠・出産などを希望する場合は、パートナーや家族とそれまで以上に協力することが大切です。

また、多くの航空会社で育児のための制度が充実しつつあります。それらをうまく活用するとよいでしょう。