グランドスタッフを目指す人におすすめの資格は?

グランドスタッフにおすすめの資格は?

グランドスタッフを目指す上で、資格は就職活動を有利にするための武器になります。

エアライン系の職業に就く上でおすすめな資格には、英語をはじめとした語学関連の資格が挙げられます。

なお、英語の資格は一定レベルを取得していなければ就職試験すら受験できない場合もあるため注意が必要です。

各社の基準としては「英語検定試験2級・またはTOEIC550から600以上」が目安となるので、就職活動をする前に取得しておきましょう。

グランドスタッフの資格の種類は?

グランドスタッフになるために、特別な資格は必要ありません。

必須の資格はありませんが、業務をする上で役立つ資格は多くあります。

自分の得意分野や興味のあるものを積極的に取得しておくと、就職の際に有利となるでしょう。

英語検定・TOEICなど英語の資格

英語検定・TOEICは、採用条件となっていることも多く、グランドスタッフにとって事実上必須の資格と言えます。

語学力はグランドスタッフの実務でも役立つため、学生のうちに出来るだけ勉強し実力をつけておきましょう。

また、外国人に付き添い、外国語を用いて観光案内をすることができる「全国通訳案内士」という資格もあります。

英語力に自信があればチャレンジしてみるのもよいでしょう。

英語以外の語学系の資格

近年では、英語以外にも中国語・韓国語・フランス語・スペイン語などさまざまな言語が話せるとより評価の対象となるため、こうした語学に関する資格を取得する人も増えています。

英語だけでなく、第2外国語の検定試験の資格があるとさらに有利となるでしょう。

サービスに関する資格

グランドスタッフの接客に関わる資格として「接客サービスマナー検定」や「秘書検定」があります。

接客の知識だけでなく、ビジネスマナーやクレーム対応の仕方など、社会人としての基礎が身につくため、グランドスタッフに限らず接客業に就く際には有利となります。

こうした資格は独学で取得することも可能ですし、エアライン系の専門学校では取得を奨励しているところも少なくないため、学生のうちに取得しておくとよいでしょう。

航空業界に関する資格

JALグループで使用する「AXESS」という端末には検定資格のAXESS検定があります。

基本的にはJALグループに就職した人向けの資格ですが、一部の専門学校などでは基本的な操作方法を指導してくれる場合もあります。

資格を取得していると多少有利になるかもしれません。

また、救命救急に関する資格「FIRST AID」もあります。

こちらは日本赤十字や消防局が認定する応急手当や救急救命など講習を受けると認定される資格で、救命技能認定証が交付されます。

救急手当ては手当ての基本・人工呼吸・心臓マッサージの方法・AEDの使い方・止血法などを学びます。

こうした救急救命の関する講習は、エアライン系の専門学校でもカリキュラムに含まれていることがあります。

語学系の資格に比べれば優先度は低いといえますが、自分をアピールするために積極的に取得しておいて損はないでしょう。