このサイトは海外ツアーガイドを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「海外ツアーガイド」

仕事内容
海外ツアーガイドは、海外に駐在し、日本から旅行に来るお客さまをガイドする仕事です。空港での出迎えや観光案内、滞在中の全般的なサポートを行います。就職先としては、まず日本の旅行会社に就職し、労働ビザをとってその海外支店に赴任する場合と、ワーキングホリデービザを利用して現地の旅行会社のスタッフになる場合の2通りが考えられます。海外で働ける魅力がありますが、その国の言葉、文化、生活習慣などを深く知っている必要があります。
なるには
海外ツアーガイドになるのに、特別な資格や学歴は必要ありません。しかし、働く国によって就労ビザが必要となります。未経験で何も知識がないところからスタートするのは難しく、まずは日本の旅行会社でガイドや添乗員などの経験を積んだ人が、海外ツアーガイドになることが多いようです。また、近年はオーストラリアなどでのワーキングホリデーも盛んになっており、現地の養成講座でツアーガイドの勉強することも可能です。
給料
海外ツアーガイドは正社員雇用ではなく、ワーキングホリデーなどでアルバイトとして働く人がほとんどです。仕事をたくさんこなせばこなすほど収入は増えますが、シーズンなどによっても仕事量に差があるため、毎月の収入は不安定になりがちです。しかし、就労ビザをとっている場合は毎月固定給がもらえるため、額はさほど多くなくても安定した生活ができるでしょう。いずれにせよ、国や働き方によって給料や待遇は大きく異なる仕事です。
将来性
需要のある職業ですが、安定した生活を続けていける人はそう多くありません。もともとアルバイトで働く人が多く、給料も安定しないため、どうしても他の仕事と掛け持ちをしながら続けざるを得ないようです。決して恵まれた待遇とは言えないものの、高い語学力を持っていたり、旅行業界に関する知識やバスガイドの経験が豊富な人は、良い待遇で採用される可能性も高まるでしょう。