「海外ツアーガイド」とは

海外ツアーガイド_画像

日本から海外へ旅行するお客さまのガイド役。現地の観光案内や送迎などを行う。

海外ツアーガイドは、海外に駐在し、日本から旅行に来るお客さまをガイドする仕事です。

近年は添乗員がつかない海外ツアーが多く、観光案内だけでなく、送迎や空港でのサポートも行います。

海外でツアーガイドとして働くためには、基本的には現地の国の労働ビザが必要となりますが、ワーキングホリデービザを利用して現地の旅行会社でツアーガイドとして働くという方法もあります。

現地の言語に長けていたり、日本で旅行関係の仕事や添乗員をしていたり、バスガイド経験などがあると採用に有利です。

ですが、正社員待遇のところは少なく、アルバイトでの労働形態となることが一般的です。

そのため収入は安定せず、繁忙期と閑散期で仕事量に差がある場合も多いため、兼業で働く人が多いようです。

「海外ツアーガイド」の仕事紹介

海外ツアーガイドの仕事内容

海外で日本のツアー客を案内する

海外ツアーガイドは、日本から海外へ旅行するお客様を現地で出迎え、観光案内をする仕事です。

業務内容はツアーコンダクター(添乗員)と似ていますが、ツアーコンダクターが旅行全体の行程を管理するのに対し、海外ツアーガイドは現地に駐在し、その土地のガイドをするのが主な役割です。

海外ツアーガイドの業務内容は、空港での出迎えや観光案内、ホテルへのチェックインなど、お客さまが現地に到着してから出発するまでの全般的なサポートです。

お客さまや担当ツアーの添乗員が現地の言葉を話せるとは限らないため、海外ツアーガイドが通訳の役割を果たすこともあります。

海外で働けるのが魅力ですが、その国の言語や文化、生活習慣などに関する深い知識が必要となる仕事です。

海外ツアーガイドの就職先・活躍の場

日本または現地の旅行会社

海外ツアーガイドの就職先として多いのは、海外支店を持つ日本の旅行会社や外国人向けのツアーを催行する現地の旅行会社です。

日本の旅行会社に就職した後、就労ビザを取得して海外の支店に赴任をする方法と、初めから現地の旅行会社の採用を目指す方法があります。

現地の旅行会社へ就職するにはワーキングホリデーの利用が近道となります。

海外ツアーガイドの仕事に就きやすい国としては、カナダやオーストラリア、ニュージーランドなどが挙げられます。

ワーキングホリデーを利用して働いた後、就労ビザを取得し、現地のガイドとして長く活躍している人もいます。

海外ツアーガイドの1日

現地空港での出迎えから始まる1日

海外ツアーガイドの業務内容は担当するツアーやお客さまによって異なります。

ここでは数泊のツアーを担当するガイドの初日のスケジュールをご紹介します。

07:30 空港にて出迎え
飛行機の到着時間に合わせて、お客さまを現地空港の到着ロビーで出迎えます。


09:00 ホテル到着
送迎バスに荷物を載せてお客さまと滞在先のホテルへ向かい、チェックインを済ませます。

10:00 観光
バスに乗って観光名所を巡りながら、観光スポットをガイドします。

12:30 ランチ
現地の人が多く来店する大衆食堂へ案内します。

14:00 ショッピング
有名なショッピングモールでは免税手続きの方法などを説明し、フリータイムを設けます。

16:00 ホテル・休憩
バスに乗ってホテルへ戻り、ディナーまで休憩をとります。

19:00 ディナー
レストランに同行してオーダーや料理の説明、会計方法などを案内します。

21:00 業務終了
食事を終えたらホテルへ戻り、明日のガイドへ備えます。

海外ツアーガイドになるには

現地で働くためのビザを取得する

海外ツアーガイドは世界のさまざまな国で活躍しています。

国によって制度は異なりますが、ガイドとして働くには現地での就労が可能となるビザを取得しなければいけません。

「就労ビザ」を取得するには企業の協力を得る必要があります。

日本の旅行会社から海外へ赴任する場合は問題ありませんが、現地企業の場合は初めから就労ビザの取得に協力してくれる会社は少ないでしょう。

現地の旅行会社に就職したい場合、ワーキングホリデービザを利用するのが一般的です。

年齢や滞在期間などいくつかの条件があるものの、就労ビザに比べると取得しやすいため多くの日本人が利用しています。

日本で何らかのガイド経験があると有利になりますが、最近ではツアーガイドの養成に力を入れている国もあり、未経験者でもガイドになることは可能です。

海外ツアーガイドの学校・学費

学歴よりも現地の知識と語学力が必要

海外ツアーガイドになるために必ず通わなければいけない学校はありません。

ただし、日本の旅行会社に就職してから海外赴任を目指す場合、専門学校・短大卒以上の学歴が求められることもあります。

語学や観光学、国際関係学などを専攻できる学校に進学し、海外ツアーガイドに必要となる知識を学ぶ人も多いです。

観光系の専門学校の場合、学費は年間で100〜150万円程度となります。

ワーキングホリデーを利用して現地の旅行会社へ就職するケースでは、学歴よりもガイド経験や語学力、現地の文化理解などが重視されるでしょう。

海外ツアーガイドの資格・試験の難易度

働く国によってライセンス制度は異なる

海外ツアーガイドに必要な資格は、働く国によって異なります。

観光ガイドに特別なライセンスを取得しなければいけない国や地域もありますが、資格がとくに必要とされない国もあります。

一般的には、ヨーロッパなどの歴史ある街における観光案内においてガイドのライセンスが求められることが多いようです。

ガイドに資格を必要としない国や地域の場合、旅行会社の研修を受講すれば、ツアーガイドとしてすぐに働けるところもあります。

海外ツアーガイドの給料・年収

就労ビザが取得できなければ不安定に

日本の旅行会社から海外へ赴任している場合や、現地企業に就労ビザを取得して就職している場合、給与体系は日本の一般企業と同じような月給制度です。

就労ビザを利用して企業に所属しているツアーガイドの平均年収は250〜300万円程度といわれています。

しかし、実際は正社員よりもワーキングホリデーを利用しながらアルバイトとして働く人が圧倒的に多いです。

アルバイトは時給制のため、仕事をたくさんこなせば収入は増えますが、繁忙期と閑散期の仕事量にばらつきがあり、毎月の収入は不安定になりがちです。

海外ツアーガイドのやりがい、楽しさ

自分のガイドでお客さまを笑顔にする

海外ツアーガイドが担当するのは、基本的に日本人のお客さまです。

日本では味わえない非日常を体験しようと、期待を込めてツアーに参加している人がほとんどです。

はるばる海外まで足を運んだお客さまの期待に応えるのもちろん、期待以上の感動を与えるのがツアーガイドの役割です。

現地に在住する日本人ならではの視点から、ガイドブックには載っていない臨場感あふれるガイドをおもてなしの心を込めて提供します。

自分のガイドでお客さまに心から喜んでもらえたとき、また自分が案内した国や地域を好きになってもらえたときに、最もやりがいを感じるといいます。

海外ツアーガイドのつらいこと、大変なこと

体力と精神力が求められるハードな仕事

海外ツアーガイドは、基本的に1日中外を歩き回り、声を出して説明をしながらお客さまを案内してまわる仕事です。

オフィスワークはほとんどなく、季節や天候によらず屋外での業務となるため、想像以上に体力を消耗します。

ツアーのお客さまの層もさまざまで、子どもからお年寄りまでどの年代の人にも快適なツアーになるように常に気を配らなければいけません。

すべてのお客さまに満足してもらうのは難しいことですが、それを実現するのがツアーガイドの仕事でもあります。

ときにはクレームを受けることもあり、すべてのお客さまに喜んでもらえるにはどうすればいいか悩む人も少なくありません。

海外ツアーガイドに向いている人・適性

気配り上手で柔軟な対応ができる人

ツアーに参加するお客さまにはさまざまな人がいます。

行って見たい場所も食べたいものも、同じ国を訪れていても関心はそれぞれ異なります。

1箇所をゆっくり観光したい人もいれば、なるべく多くの観光スポットを巡りたい人もいるでしょう。

海外ツアーガイドは担当するお客さまが求めていることを瞬時に察知して、期待に応えられるようガイドをしなければいけません。

一人ひとりのお客さまを楽しませるための気配りができる人や、臨機応変に対応できる柔軟性を持っている人が向いている仕事だといえます。

海外ツアーガイド志望動機・目指すきっかけ

海外に関心があり、感動を伝えたい

海外ツアーガイドを目指す人は、海外に関心を持っていることが多いです。

旅行や留学を経験して海外へ住むことに憧れを持った人にとっては、現地で働けるツアーガイドは魅力的な仕事です。

また、特定の国が好きで、その土地の魅力を多くの日本人に伝えたいと考える人もいます。

ツアーガイドとして旅行会社の採用試験を受ける際には、現地の文化・習慣の知識や、海外を訪れる感動を多くの人に伝えたいという意欲をアピールできるとよいでしょう。

海外ツアーガイドの雇用形態・働き方

アルバイトで働く人がほとんど

海外ツアーガイドの雇用形態には大きく分けて2種類あります。

現地の就労ビザを取得して日本の正社員のような形態で働く方法と、ワーキングホリデービザを利用してアルバイトとしてガイドをおこなう方法です。

就労ビザを取得できる場合は固定給を得られるため安定した生活ができますが、実際にはツアーガイドのほとんどがアルバイトとして働いています。

ワーキングホリデーの期間にアルバイトとしてガイドの経験を積んだ後、企業の協力を得て就労ビザを取得するケースもあります。

経験と実績を積んだガイドのなかには、フリーランスとして個人で仕事を受けている人もいます。

海外ツアーガイドの勤務時間・休日・生活

繁忙期はかなりの激務になることも

海外ツアーガイドの仕事は、繁忙期と閑散期の仕事量に大きな差があるのが特徴です。

観光シーズンには連日のツアーで睡眠が不十分になったり、1日に複数のガイドを受けて食事すら取れなかったりすることもあります。

日本人が多く海外旅行に出かけるお盆や年末年始、ゴールデンウィークなどは特に忙しくなります。

一方で、真冬などの閑散期には仕事量が一気に減ることも珍しくありません。

宿泊をともなう仕事も多く、シーズンやツアー内容によって1日の勤務時間や休日が異なるため、不規則な生活となります。

海外ツアーガイドの求人・就職状況・需要

現地での求人情報は地道に見つける

海外へ旅行に出かける日本人は多いため、海外ツアーガイドにも一定数の需要があります。

ただし、海外の現地企業で勤務先を見つけるのは簡単なことではありません。

現地の日系ガイド会社などの求人情報がインターネットや雑誌に掲載されることもありますが、基本的には日本の旅行会社に就職して海外へ赴任をするか、ワーキングホリデーで渡航をしてアルバイトを探すパターンになるようです。

ワーキングホリデービザを利用してガイドの仕事を探す場合は、現地に着いてから日本人向けの求人情報や知人の紹介などでツアーガイドの募集を地道に探していきます。

添乗員やツアープランナーなど旅行関連の業務経験ある人は、現地での就職にも有利となるでしょう。

海外ツアーガイドの転職状況・未経験採用

現地のビザを取得できるかが鍵となる

海外ツアーガイドは世界で活躍する職業です。

他の業種から転職する場合、まずは現地に住むためのビザを取得する必要があります。

現地の企業で初めから就労ビザを取得するのは難しく、転職を目指すのであれば海外支店を持つ日本企業に就職するか、ワーキングホリデービザを利用してガイドのアルバイトを探すことになります。

ガイドの仕事をするのに特別な資格を必要としない国も多いため、ビザを取得することができれば未経験でも初めやすい仕事だといえます。

海外ツアーガイドの現状と将来性・今後の見通し

不安定だが需要と将来性は期待できる

海外ツアーガイドは需要のある職業ではありますが、アルバイトで働く人が多く、収入が安定しにくいのが現状です。

しかし、最近では現地のガイドを必要とする熟年層向けのツアーや、添乗員が不在のツアーも増えているため、海外ツアーガイドの需要自体は今後も期待できるといえます。

また、現地のツアーには観光地を巡る以外にもさまざまなものがあります。

トレッキングやラフティングなどのアウトドア体験を企画・ガイドするネイチャーガイドや、自然公園や森林公園を巡り自然や野生動物の大切さを解説するエコツアーガイドなど、海外ツアーガイドの仕事は幅広く存在します。

待遇が恵まれた仕事とは言えないものの、高い語学力を持っている人や、観光に関する専門知識や経験が豊富な人であれば、さまざまな場所で活躍できるでしょう。