「貿易事務」とは

貿易事務_画像

貿易を行う企業において、輸入・輸出に関する際に必要な書類作成や調整業務を担当する。

貿易事務の仕事は、海外から物品を輸入したり、逆に日本から物品を輸出したりする際の事務手続きです。

輸入業務と輸出業務に分かれており、輸入業務の場合は輸入元から送られてきたインボイス(明細)に基づき、通関手配、関税処理、納入商品の保管の手配をします。

輸出業務は逆にインボイスを作成し、通関書類を作成して通関手配をしたり、請求書を作成したりします。

こういった定型業務に加え、コレポン(取引先との納入日や納入品数の調整)を行う役割を担うこともあります。

「貿易事務」の仕事紹介

貿易事務の仕事内容

海外取引先との輸出入取引に携わる事務職

貿易事務の仕事は、海外から物品を輸入したり、逆に日本から物品を輸出したりする際に必要な書類作成等の事務手続きを行います。

貿易事務は、大きく分けて輸入業務と輸出業務があり、輸入業務の場合は輸入元が発行したインボイス(明細)に基づき、通関の手配や関税処理、納入された商品の保管の手配をします。

輸出業務は逆にインボイスを発行し、通関書類を作成して通関手配をしたり、請求書を作成します。

このような業務に加え、コレポン(取引先との納入日や納入品数の調整)も担当する場合もあります。

社内での内勤で書類の作成や申請手続きを行うという点では、事務職に分類することができますが、貿易事務の内容は単なるサポートではなく、商品の輸出・輸入の現場において重要な実務部分を担っている、事務職の中でも専門的な職種になります。

貿易事務の就職先・活躍の場

主な勤務先はメーカーや商社など

貿易事務職として活躍できる業界には、まずメーカーが有力な活躍の場の候補となります。

日本国内に多く存在する、大小さまざまなメーカーでは、海外の関連工場の製品を日本に逆輸入する手配をしたり、他国に輸出したり、またはある国から資材を海外工場に納入したりと、クロスボーダーな輸出入業務に当たることができます。

次に貿易事務が欠かせない業界としては、商社が考えられます。

たとえば海外の商品を日本に輸入したり、反対に日本企業の代理店として商品を海外市場に卸す際には、貿易事務が重要なポジションを占めます。

貿易事務の1日

取引先とは時差がある場合が多い

ここでは、輸入を主なビジネスとしている会社で貿易事務の仕事をしている人の1日の仕事の流れを追っていきます。

9:00
出社。海外にある関連工場からのメールをチェックして返信。同時に、その日一日のタスクを整理する。

10:00
国内の自社工場での生産に必要な材料のインボイス(貨物の明細書兼代金請求書)がメール添付で送られてくるので、内容をチェックし、工場の担当者に転送する。

11:00
海外自社工場で製造した電化製品のインボイスが送られてくるので、内容をチェックして、社内の納期管理担当者へ送付。船舶会社の運行情報を確認し、遅れなく予定どおりに納品できることを確認。

12:00
昼食休憩

13:00
明日入港予定の船が、急遽着港変更になるとの情報が入る。数カ所の運送会社に電話をかけて、船の到着から最短納入できるトラックを確保できるよう交渉する。

15:00
国内の関係先から、急ぎの商品がインボイスに入っていないと問い合わせが入り、海外工場の担当者に出荷予定を国際電話で問い合わせる。

17:30
国際宅配便に、納品指示をする。スケジュールの確認。

18:00
退社

貿易事務になるには

特別な資格は必要ない

貿易事務は、特別な資格や学歴が必要な仕事ではありません。

国家資格である通関士資格や、民間資格である貿易実務検定は、取得していると就職に有利にはなりますが、これらの資格を持っていても、必ず採用につながるかというと実務経験が重視されることもあります。

貿易事務に就きたい場合は、貿易事務としての仕事が未経験でも、国内の受発注業務や、経理の経験、英語でのコレポンなど、貿易事務に繋がりそうな事務経験をしておくといいでしょう。

また、海外とのやり取りも発生するので、英語や中国語などの語学ができると就職時だけでなく、実務の場においても有利になるでしょう。

貿易事務の学校・学費

直接有利になる学部や学科はない

貿易事務に就くための特別な国家資格や専門の資格などは必要とされていません。

そのため、幅広い学部出身者や専門学校などの学歴の人でもチャレンジできる職種といえるでしょう。

一方で、貿易事務としての業務は専門的なルールや用語も多く、下知識がないとはじめは苦労することになるかもしれません。

商学部や英語や中国語などの語学関係の学科を卒業していると、業務において役に立つ機会が多いでしょう。

また、大手のメーカーや商社などは大学卒業程度が就職活動時に求められる最終学歴になることもあります。

貿易事務の資格・試験の難易度

関連する国家資格はある

貿易事務に関する資格には、主に国家資格である「通関士試験」と、民間資格の「貿易実務検定試験」があります。

通関士は、輸出入の際の税関手続きに関わる資格です。

通関書類の審査と審査後の記名捺印は、通関士資格所有者でないとできません。

輸出入に関する部署がある企業では、重宝される資格です。

貿易実務検定は、難易度が高いものから、A級、B級、C級の3段階に分かれています。

C級では貿易実務の基本業務のための一般的な知識が問われ、A級ではケース別に対応できる柔軟性や、専門的な知識が問われます。

貿易事務の給料・年収

勤務先によってばらつきがある

一般的に、貿易事務は一般事務とは異なる専門性の高い事務職であるため、貿易事務経験者の場合は一般的な事務職と比べると高めになることが多いようです。

たとえば大企業または中堅企業で正社員、30代前半~中盤の場合の年収モデルは400万円~450万円ほどで、もし役職についていれば、500万円以上が目安となるでしょう。

正社員ではなく、派遣などで勤務する場合は地域や勤務先の企業の規模などによって時給にばらつきがあるケースもあります。

貿易事務のやりがい、楽しさ

スキルが生かせ、またさらに磨いていける職種

貿易事務は、通関書類や船積手配の書類など、専門用語やフォーマットが多く、覚えてこなしてくことが大変だと感じることも多いでしょう。

しかし一方で、それらの業務を的確に処理していく中で、経験や積み重ねた知識が専門スキルとして身についていく、極めて専門性の高い事務職といえます。

また、担当する業務によっては語学力が生かせたり、営業担当者や取引先の担当者などとのコミュニケーションをとりながらの仕事になるため、単なる書類作成業務にはないアクティブな業務にやりがいを感じられるでしょう。

貿易事務のつらいこと、大変なこと

相手先が日本国内だけではない

複数の国を経由して、商品を無事に納品するまでは、倉庫、輸送機関、税関などさまざまな関係機関を通過させなければなりません。

納期や申請期限などを確実に把握し、それに間に合うように、膨大な種類の書類をミスがないように処理する必要があります。

よりスピードが求められる近年で時間に余裕があるビジネスばかりではない中、専門用語や英語で書かれた様々な書類をミスなくスピーディにさばくことが求められる点が貿易事務の大変さといえるかもしれません。

貿易事務に向いている人・適性

コツコツ型で事務処理能力の高い人

貿易事務職では、見積書やインボイスなどの受発注書類の作成、データの端末入力、伝票処理などのルーチン業務の他に、船や航空便などの輸送業者の手配や倉庫の確保、関連工場や販売代理店との出荷・納期調整など、関係先との調整業務をも任される場合があります。

これらの業務を滞りなく進めるためには、こつこつ作業を進めることに抵抗のない、事務処理能力の高い人であるほか、関係各所に状況を明確に伝えられる説明能力や、柔軟なコミュニケーション能力が求められます。

貿易事務志望動機・目指すきっかけ

語学が生かせる専門事務職

事務職で語学を活かせる仕事に就きたいと思った時に候補に挙がるのが、まず貿易事務でしょう。

大学の語学系の学部や国際関係学部の出身者にとっては、専攻した語学や国に関係する職業として、貿易に携わることができる事務職は魅力的なのではないでしょうか。

業務の中で経験や知識を積み、通関士の資格を取るなどのスキルアップの道もあり、事務職ながら手に職といえる職種です。

また、経験を積み能力が認められると、営業アシスタントとして営業の海外出張に同行するなど、企業によっては幅広い活躍が見込まれます。

貿易事務の雇用形態・働き方

正社員や派遣など、働き方は選べる

貿易事務は、さまざまな雇用形態で働くことができます。

正社員や派遣社員は一般的にフルタイムで勤務します。

アルバイトは時給制で働き、勤務時間が短時間でシフトなどで出勤日や就業時間を選べることもあります。

派遣社員やアルバイトとして貿易事務の仕事に就く場合、書類作成や受発注業務などの定型業務では正社員と同じように仕事をしますが、責任が発生する重要な業務や何かを判断する必要がある場合は、正社員が対応に当たることが一般的です。

貿易事務の勤務時間・休日・生活

繁忙期には残業が増えることも

貿易事務に就いている人の勤務時間は、勤務先の企業の就業時間に準じます。

朝9時から夕方18時までが基本の就業時間となることが多く、7時間から8時間がフルタイムの勤務時間となります。

取引先との時差などにより、就業時間を調整する企業もあります。

休日については、土日祝日、年末年始などは比較的カレンダー通りに休める職場が多い傾向にあります。

一方で、大型連休中であっても、繁忙期で取引先の海外企業は連休でない場合などは、休日であっても出勤しなければならないことも少なくないようです。

貿易事務の求人・就職状況・需要

需要は拡大している

貿易事務は、グローバル化が進む近年において、他国と取引をすることはどの業界でもマストとなりつつあるため、ますます専門職として需要が拡大している職種です。

貿易が経済に占める割合は非常に高く、今後もこの傾向は続くものと考えて間違いないでしょう。

求人には地域によって偏りがあり、商社の集中する東京をはじめとする大都市部や、メーカーや工場のひしめく地方都市、主要港湾がある横浜、神戸での求人も比較的多くなっています。

貿易事務の転職状況・未経験採用

未経験の場合は秘書や事務からステップアップを

貿易事務とはまったく関係のない仕事から転職したい場合でも、未経験可の求人がないわけではありません。

特に、正社員ではなく派遣社員の求人は多くみられますので、まずは派遣社員として経験を積み、そこからステップアップして正社員を目指すという道もあります。

また、ある程度の英語力と事務経験がないと転職の際不利になるケースもありますので、自分で準備をしておくことがおすすめです。

TOEICなどの語学系の資格取得も、未経験からの転職には有利になる可能性があります。

貿易事務の現状と将来性・今後の見通し

経験豊富な貿易事務の重要性は増している

経済活動のグローバル化に伴い、日本の輸出入の貿易総額は40年前に比べると約4.64倍へと増加しています。

最近ではインターネット通販の拡大により、国内外によらず物の売買がよりさかんに行われるようになっています。

大手のメーカーや商社だけでなく、中小企業や個人であっても積極的に海外ビジネスを展開する機会も増えているため、全体的に見て経験豊富な貿易事務へのニーズは増々高まっているといえるでしょう。

しかし、輸出入に関わる書類作成などの定型業務は、AIが発達し、コンピューターのクラウドシステム上で発注側と受注側が直接やりとりできるような仕組みができると、貿易事務の業務は結果的に減っていく可能性があり、その影響として求人数の減少も考えられます。

どの職業でもいえることですが、広い視野をもって、専門的なスキルをより高めていく必要があるでしょう。