グランドスタッフの給料・年収

グランドスタッフの雇用形態は複数あり、その数だけ収入のあり方も変わってくるといえます。

本記事では、グランドスタッフの平均年収や初任給、代表的な企業の年収、収入の上げ方などを紹介します。

グランドスタッフの平均年収・給料の統計データ

近年、航空業界では各社とも経費削減の流れが続いています。

グランドスタッフの雇用形態は契約社員が中心となっており、正社員の採用は減少傾向にあるだけでなく、航空会社間の競争が厳しいため、グランドスタッフの給与は安定していないのが実情です。

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
グランドスタッフ
(転職ステーション)
268万円
グランドスタッフ
(給料バンク)
322万円~421万円 20代の給料:20万円
30代の給料:30万円
40代の給料:35万円
初任給:17万円
グランドスタッフ
(求人ボックス)
323万円 27万円

各社のデータより、グランドスタッフの年収は260〜420万円の間であることがわかります。

なお契約社員の場合の平均時給は1,000円とされ、他業種のアルバイトとさほど差はありません。

アルバイトが募集されることもありますが、時給は契約社員とほぼ同等と考えておいてよいでしょう。

グランドスタッフの手取りの平均月収・年収は

経験年数や勤務先の会社によって異なりますが、年収200万〜350万円程度が大半でしょう。

東京都で勤務するグランドスタッフで、独身の人の場合、交通費などを除外して考えると月の手取り額は20万円前後、手取りは18万円ほどになると見込まれます。

現在、日本人全体の平均年収が約420万円と言われていることから考えると、一般的な職業よりも給与水準は低めとなっています。

基本給以外では、賞与に加えて、シフト勤務手当・年末年始就労手当て(年末年始のシフトに当たった場合)・早朝深夜出退勤手当などがつきます。

グランドスタッフの初任給はどれくらい?

正社員の初任給は15万〜18万円ほどが相場です。

初任給に関しては、ANAエアポートサービス(専門学校・高等専門学校卒)で東京国際空港勤務の場合は183,500円です。

JALスカイの初任給(大学院卒、大卒、短大卒、専門卒、高専卒)は月給181,000円となっています。

このように、会社によっては学歴に関わらず初任給は一律のところがあります。

グランドスタッフの福利厚生の特徴は?

給与以外の待遇
  • 通勤費(会社の規定に沿って定期代相当額を支給)
  • 住宅手当
グランドスタッフの福利厚生
  • 各種社会保険
  • 有給休暇
  • 懐妊・育児休職制度
  • 各種休職・休暇制度

グランドスタッフに限らず、航空関係の仕事をする場合は早朝や深夜勤務があるため、社宅・単身寮なども用意されています。

搭乗優待制度は自社の航空券を社割で購入できる制度で、すべての会社にあるというわけではありませんが、うまく利用すれば格安で飛行機に乗ることができるので、これを利用し旅行を楽しむという人が多いようです。

また、グループ会社の旅行ツアーが割引きになったり、ホテルが安く泊まれたりといった優待があるケースもあります。

グランドスタッフの給料・年収の特徴

経費削減の流れを受けて

LCC(格安航空会社)の参入などもあり、近年航空業界は企業同士の競争が激しくなっています。

運賃をできるだけ安く抑えるために、経費削減の流れが加速し、グランドスタッフにかかる人件費を抑えるため機械化・自動化を進める企業も多いのが現状です。

この先もグランドスタッフの年収が増えることを期待するのは難しいでしょう。

キャビンアテンダントとグランドスタッフ

キャビンアテンダントとグランドスタッフの大きな違いは、雇用される会社にあります。

キャビンアテンダントはANAやJALといった航空会社の社員ですが、グランドスタッフはこうした航空会社のグループ会社や空港サービス会社に雇用されるため、給料に大きな差があるのです。

またキャビンアテンダントは飛行機に登場すると手当てが上乗せされますが、グランドスタッフは地上職で手当てがつかないため、この差も大きいと考えられます。

グランドスタッフが収入を上げるためには?

グランドスタッフが収入を上げるためには、キャリアアップと転職の2通りの方法があります。

まずは、経験を積みリーダー職やチーフとなる方法です。

経験を積むと、アシスタントマネージャーとして空港の運営全般に関わることができるだけでなく、空港運営の基幹となって働くことができ給料もアップしていきます。

グランドスタッフは女性が多いため、産休や育休から職場復帰しキャリアを重ねていく人も非常に多いのが特徴です。

転職で収入をアップさせる方法としては、地方空港勤務からハブ空港勤務へ、国内の航空会社から外資系航空会社などさらに規模が大きく待遇のよい会社へと移る方法が考えられます。

特に外資系航空会社ではキャリアを重視し、中途採用も積極的に行っています。

語学力に自信がある場合は、こうした転職にチャレンジするとさらに給料がアップする可能性があります。

グランドスタッフの給料・年収のまとめ

キャビンアテンダントの平均年収は260〜420万円の間ですが、勤める企業の規模、役職の有無などによって大きく変わります。

収入を延ばしたい場合は、経験を重ねて将来的に管理職を目指したり、よりよい待遇の航空会社への転職を検討するとよいでしょう。