「翻訳家」とは

翻訳家_画像

文芸、研究論文、映像作品などに使われている外国語の文章を日本語に訳す。

翻訳家は、外国語の文章を日本語に訳す仕事です。

小説やノンフィクションなどの文芸作品を翻訳する「文芸翻訳」、企業や研究者が利用するための翻訳をする「実務翻訳」、映画やドラマ、ドキュメンタリーなどの翻訳する「映像翻訳」などの分野があります。

翻訳家として働くときに、必須となる資格はありませんが、英語であれば英検1級、TOEC900点台の語学力が必要とされています。

翻訳会社に登録し、スポットで仕事をもらうという働き方が一般的です。

また、一般企業で翻訳の実務経験を積んだ後に、翻訳専門会社の採用試験を受けるか、フリーランスで独立するという方法もあります。

近年は、英語だけでなく、中国語など経済発展が著しい新興国の翻訳の需要が高まってきています。

「翻訳家」の仕事紹介

翻訳家の仕事内容

外国語の文章を日本語にする仕事

翻訳家は、外国語の文章を日本語に訳す仕事です。

大きく分けて、「文芸翻訳」「実務翻訳」「映像翻訳」の3つがあります。

文芸翻訳家は、海外の書籍や雑誌、歌詞など文芸作品の翻訳を行います。

文芸作品は、作者の思いや作品の雰囲気を翻訳することも必要なので高い日本語能力が求められます。

実務翻訳家は、ビジネス用の文書・学術書・マニュアル・契約書など、企業や研究者向けの翻訳です。

専門的な知識が求められることもあり、海外の学術論文や重要文献を翻訳することもあります。

映像翻訳家(映画翻訳家)は、海外の映画や映像作品の翻訳をし、字幕をつくります。

人が文字を読む速度には限界があるため、限られた字数内にまとめることが求められ、その国の文化や風習、スラングなども踏まえながら翻訳します。

翻訳家の就職先・活躍の場

フリーランスが多い

翻訳家はフリーで活躍する人が多い職業です。

ほかに仕事を持ちながら、兼業で空き時間に作業をするという働き方をする人も多いようです。

また、特定の企業に所属し企業内で翻訳をしている人もいます。

勤務先は、翻訳を専門に手掛けるプロダクション・映画配給会社・商社・法律事務所などで、会社に所属した場合は事務系の社員と同じような仕事のスタイルとなります。

ハローワークでもテクニカル翻訳や産業翻訳など専門知識を必要とされる分野で多く求人があります。

翻訳家の1日

フリーランス翻訳家の一日

企業勤めの場合は、朝出社し夕方退社するという一般的なサラリーマンと同じような生活スタイルになります。

フリーランスの場合は、締めきりに間に合わせるよう、自分でスケジュールを管理して働きます。

ここではフリーランスで働く翻訳家の一日の一例をご紹介します。

9:00 起床
メールなどをチェックし急ぎの仕事はないかを確認。
新聞やネットニュースに目を通します

10:00 外出
打ち合わせのための資料を準備し外出します

10:30 打ち合わせ
依頼があったクライアントの担当者と打ち合わせをします
翻訳の内容、締め切り、原稿料などを相談します

12:00 そのまま担当者と昼食

13:00 
図書館で翻訳する資料について調べものをします
ときには似たような翻訳作品を読んで勉強します

15:00 帰宅
翻訳を開始
内容によっては何度も翻訳を書き換えることもあるため、作業速度はまちまちです。

18:00 休憩・夕食

19:00 仕事再開

21:00 仕事終了
締め切り前は深夜まで作業をすることもあります。

翻訳家になるには

語学力を身に付け仕事を得る

翻訳家は語学力が必要となることから、大学や短大の外国語系学部出身者が多くなっています。

翻訳専門会社に就職できれば専任の翻訳家として働くことができますが、求人数は多くなく、実務経験なしで雇ってくれる会社は少ないです。

そのため翻訳会社に登録し、スポットで仕事をもらうという働き方が一般的です。

また、翻訳の仕事がある一般企業に入社し、翻訳の実務経験を積んだ後に、翻訳専門会社の採用試験を受けるたり独立したりするという方法もあります。

他の仕事持ちながら副業として翻訳をする人も少なくありません。

翻訳家の学校・学費

学校で実力を身に付ける

翻訳家は大学や短大で外国語を学ぶ人が多いです。

さらに力を身に付けようと思うなら、専門の学校やスクールなどに通うのも一つの手です。

近年は通信教育やスカイプやウェブを使った勉強法などもあるので、地域格差はさほど障害にならないようになってきています。

翻訳家を目指すのであれば、卒業後の進路はどうなっているか、出身者がちゃんと翻訳業にたずさわれているのか、翻訳の仕事を紹介してくれることはあるのか、といった点をきちんとチェックし学校選びをした方が良いでしょう。

翻訳家の資格・試験の難易度

翻訳(英語)に関する資格はさまざま

翻訳家として企業や翻訳会社に所属して仕事を行う場合は、雇用者が求人要件として一定以上の英検資格やTOEICの点数、会社の主催するトライアルの合格を基準とすることもあります。

外国語、主に英語に関する資格はさまざまあり、資格を取得したからといって直接的な雇用や仕事を得られることにつながるわけではありませんが、個人の能力のアピールや能力の一つの目安とはなります。

自分の能力の確認、クライアントの信用を得るためなどを目的にこうした資格を取得しておくことは望ましいでしょう。

翻訳家の給料・年収

個人の力量や仕事内容によって異なる

翻訳家の給料は個人によっての差が大きく、また就労のあり方でも変化してきます。

企業の社員として働く場合は正社員もしくはそれに準じた扱いになります。

本人の実力で収入の差は出てくるようで、高水準の場合給与も高く、中には大企業の社員並の給与が保証されているところもあるそうです。

フリーランスの場合は、収入は翻訳する文字数×単価で決まります。

年収で1000万を超える翻訳者がいる反面、副業やお小遣い程度の収入にしかならず、二足のわらじで働く人も多いようです。

翻訳家のやりがい、楽しさ

好きなことで社会に貢献できる

翻訳業は自分の興味と仕事の分野がマッチすれば、楽しく仕事ができるでしょう。

自分の知識や能力がそのまま社会貢献に生かされるので、非常にやりがいがあります。

また翻訳は個人作業が中心となるので、人間関係などのわずらわしいことも少ないです。

仕事内容や量は自分で選ぶこともできるため、比較的自由な生活ができます。

一人での仕事が苦手な人には大変かもしれませんが、こつこつと行う職人的な仕事スタイルが好きで、しっかりと自己管理ができる人には、とても快適な仕事ができるでしょう。

翻訳家のつらいこと、大変なこと

翻訳には時間がかかる

翻訳の仕事は時として、翻訳する内容を正確に理解するために時間がかかったり、一つの単語を翻訳するために何日間もかかったりするケースもあります。

正確な翻訳のためには翻訳以前の下調べや基礎知識の習得に時間を掛けなければならない苦労があります。

また、翻訳はどうしても文化や言葉の差異によって悩まされることがあります。

原文の意味を尊重しながら伝わるように内容を変えたり、意味中心の翻訳をしたりするところが翻訳者の腕の見せどころでもありますが、慣れないうちは苦労するところでもあります。

翻訳家に向いている人・適性

知的向上心があり読み手を意識できる

常にアンテナを張って最先端の分野に遅れないように勉強を重ね、自分を磨き向上させようとする意欲がない人には良い翻訳ができません。

経験を重ねても、言語の背景にある文化を幅広く学び、教養を高めていく勤勉さが必要となります。

また翻訳は読み手があって存在しているものです。

日本語の文章として読みやすいか、適切な言葉を使っているか、読み手の対象年齢にあった言葉使いかなど、読み手のことを考えて翻訳をすることが必要です。

相手の目線に立つことができないと、誰からも評価されない一人よがりの翻訳となってしまうでしょう。

翻訳家志望動機・目指すきっかけ

新しいものに触れられる喜び

翻訳家を目指す人に共通しているのは、外国語に興味があり、外国語が好きということです。

またそれだけではなく、まだ知られていない最先端の知識や文化に触れ、日本に紹介したいという思いもあります。

日本ではまだ誰も知らない新しいものに触れ、自分がそれを広める役割を果たすのですから、他にはない知的な刺激とやりがいを味わうことができます。

自分の語学力を人のために生かしたい、いつまでも知的好奇心を持ち続け、より多くの人に紹介したいという気持ちを言葉にするとよいでしょう。

翻訳家の雇用形態・働き方

年齢が仕事に関係する場合も

翻訳家はもちろん年齢関係なく働くことができます。

実力主義の面はありますが、一切年齢を無視できるとかというとそう言えないところがあります。

特に企業への就職を目指す場合、社員として雇われるために経験や翻訳スキルが必要となりますが、一般的な企業に年齢制限があるように翻訳業種も年齢によって採用が制限されるケースが多いです。

フリーランスの場合は生活が不安定な反面、年齢のハンディは少なくなり、若手でも多くの仕事を得たり、逆に高齢でも仕事を続けられたりする可能性は高くなります。

翻訳家の勤務時間・休日・生活

フリーランスとして働くこと

翻訳家がフリーランスとして働く場合は、いわば独立した個人事業主ですから、生活は個人の選ぶところが大きいです。

本業があったり、もしくは主婦で子育てをしながらその合間に仕事を行ったりと、ライフスタイルとしては自由で管理される部分が少なく、融通も効きます。

堅苦しい会社勤めが合わないという人にはこちらが良いかもしれませんが、その分生活の保証が確立されておらず、福利厚生もありません。

しっかりと自己管理をし、翻訳に対する情熱を持ち続けられる人だけが仕事を続けて生けるといえるでしょう。

翻訳家の求人・就職状況・需要

正社員は減少し単価も減少傾向

現在では一般企業は翻訳家の正社員の採用を控えがちであり、翻訳を外注することが増えています。

企業に所属する産業翻訳者も今後は減っていくと考えられています。

また翻訳単価も減少傾向にあります。

安い単価でも主婦や副業で受ける人が増加しているため、分野によっては値崩れも起こしています。

ネットの普及により仲介サイトや個人への直接注文も増え、翻訳の仕事をする人が増加していることも一因で、よほどの実力者でなければ翻訳のみで生計を立てていくのは難しいといえるでしょう。

翻訳家の転職状況・未経験採用

翻訳会社に登録するところから

技術翻訳はニーズも多く理系企業などで求人もありますが、現在は派遣や契約社員などが多く、さらに経験者を優遇する傾向にあります。

そのため人脈や実績がなく、業界や出版者に仕事を紹介してくれる知り合いがない場合は翻訳会社に登録するところから始める人が多いです。

出版社や求人サイトなどで求人がある場合もあるので、雑誌やインターネットで情報を集めてみましょう。

登録したからと言ってすぐに仕事に結びつくわけではありませんが、そこでこつこつと経験を積み、やがて独立するという人も増えています。

翻訳家の現状と将来性・今後の見通し

翻訳業界にも変化の波が

これまで翻訳家は該当分野に詳しい学者や専門家、翻訳会社に所属している人間、人脈やコネが大きいところもありました。

しかしITの発達にともない、一般人でも容易に翻訳業界に参入することが可能になっています。

特に英語は、身に付けている人が多いため単価を安く請け負って競争が激化している現状もあります。

産業翻訳・特許翻訳などはまだまだ需要が高く単価も高いと言われますが、今後もそれが続くかは分かりません。

いままでの翻訳会社のスタイルが変化していく反面、個人でもやり方によっては大きく活動できる可能性があります。