このサイトは翻訳家を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「翻訳家」

仕事内容
翻訳家は、外国語で書かれた文章を日本語に訳す仕事です。小説やノンフィクションなどの文芸作品を翻訳する「文芸翻訳」、企業や研究者が利用するための翻訳をする「実務翻訳」、映画やドラマ、ドキュメンタリーなどの翻訳する「映像翻訳」などの分野があります。同じ翻訳でも、小説なら日本語表現力、学術書なら高度な専門知識など、扱う分野によって必要な知識やスキル、求められるものは少しずつ異なります。
なるには
翻訳家は特別な資格が必要な職業ではありませんが、語学力が必要となることから、大学や短大の外国語系学部出身者が多くなっています。また、翻訳の専門学校やスクールで学ぶ人もいます。仕事を見つけるためには翻訳会社に登録し、フリーランスとして働くことが基本となります。経験が浅いうちは「英検1級」や「TOEIC900点以上」といった、高い語学力を証明できる資格があると、有利になるケースが多いでしょう。
給料
翻訳家の多くはフリーランスであり、こなした仕事に応じた報酬が収入となります。基本的に「翻訳する文字数×単価」で設定されており、単価は経験やスキルによっても異なるほか、より専門的な知識を要する仕事のほうが単価も高くなる傾向にあります。ベテランになると年収1000万円以上を稼ぐことも可能ですが、一方では仕事量が少なく、他の仕事をしながら副業的に続けているという人も少なくありません。
将来性
もともと、翻訳家には高い語学力や各分野への専門知識が求めらてきましたが、現代ではSOHOや個人事業という形で、経験が浅くても簡単に翻訳の仕事を受けられるようになっています。翻訳家の卵にとってはより多くのチャンスが巡ってきたと言えますが、一定レベル以下の翻訳家たちの間では競争が激化し、仕事の奪い合いとなる可能性も考えられます。他人に負けない専門分野や強みを持つことが、生き残るためのカギになるでしょう。

仕事体験談