グラフィックデザイナーの1日

グラフィックデザイナーの1日は雇用形態によって異なる

1日の生活パターンは、会社員として広告代理店や広告制作プロダクション、メーカーの広告企画室などに会社員として勤める場合と、嘱託契約やフリーランスである場合によって異なります。

会社員の場合でも比較的時間の融通がきき、会社によってはフレックス制など自由な勤務形態のところも多くあります。

会社員でない場合、1日の使い方は人それぞれ。夜型人間のため、午後に起きて朝まで仕事をするという人も少なくありません。

広告代理店に勤めるグラフィックデザイナーの1日

グラフィックデザイナーのほとんどが、大学や専門学校を卒業した後、会社員として企業に就職しています。

ここでは広告代理店に正社員として勤める、あるグラフィックデザイナーの1日をご紹介しましょう。

10:00 出社

広告代理店の出社時間は10時、早くても9時というところがほとんどです。残業が多いこともあり、朝は比較的ゆっくりめです。

会社によってはフレックス制など、自由な勤務形態のところもあります。

10:30 業務内容の確認

メールチェックなどを行った後、昨日までの仕事の進捗を確認し、上司などに業務連絡を行います。

11:00 業務開始

現在とりかかっている案件の制作を引き続き行います。

突発的な取材や打ち合わせが入ったりと、思いのほか仕事がはかどらない日があるのも広告業界の通例です。

13:30 休憩

事務職の人のように決まった時間に食事に出ることはほとんどありません。

仕事の折り合いをみて個々に昼食をとり、締め切りが迫っていたり仕事が重なっていたりする場合は昼食抜き、または食べながらでも仕事を続けなければならないこともあります。

14:00 外出先で打ち合わせ

取材や打ち合わせ、先輩や上司からの用事を言いつかったり、緊急な連絡で外出を余儀なくされるケースもあります。

昼間は、思ったほど仕事がはかどらないというのが、この業界に勤める人の傾向です。

16:00 企画会議

新しく受注した案件の企画案を、プロデューサー、ディレクター、プランナー、コピーライターなどと一緒に話し合います。

会議が長引くと、必然的に自分の進行中の業務が遅れてしまいます。

外部からの連絡が少なくなり、手元の仕事に集中できるようになるのは、たいがい夕方以降です。

21:00 業務終了

翌日の仕事に支障がないよう、遅れた分はその日のうちに取り返します。

いっきにスピードを上げますが、それでも片づかないことが多く、残業が多くなる傾向にあります。

締め切りや入稿前は終電近くや徹夜になってしまうこともあります。

グラフィックデザイナーの1日は、コピーライターなどの他のクリエーター職と同様、一般的に思われているイメージと比較するとそれほどスマートでカッコのいいものではありません。

それでも夢中になって仕事に打ち込むのは、「自分の作品を創る」という充実感と、何よりもグラフィックデザインの仕事が好きだという一途な思いがあるからです。

仕事体験談