フリーランスのグラフィックデザイナー

フリーランスになるタイミング

どんなにデザイン能力が高い人であっても、美大卒でいきなりフリーランスでグラフィックデザイナーになって成功した例はほとんど見受けられません。

数年間の実務経験を積み、さまざまな業種のクライアントや幅広いメディアをこなせる実力をつけてから独立するのが一般的です。

人並み外れた技量の人でなければ成功できない厳しさがあるのがフリーランスなのです。

必要な実務経験の年数はその人によって異なりますが、少なくとも数ページにわたるボリュームのポートフォリオ(作品集)を作れるくらいの案件数と、広告業界での太い人脈が必要になります。

さらに、「○○コンテスト入賞」や「商品の売上げを○%伸ばした」などの具体的な実績があるとなお良いでしょう。

そして忘れてはならないのが、フリーランスとして安定するまでには時間がかかるため、その間生活できるだけの蓄えです。

間違っても「会社が気に入らないから」「家で仕事した方が楽だから」などの安易な理由で簡単にフリーになるようなことだけはないようにしましょう。

フリーランスのメリット、デメリット

メリット

残業が多く不規則な生活を強いられる広告業界。

フリーランスなら仕事の配分を自分でコントロールできるため、用事がある時間を外して仕事をしたり、曜日に関係なく休むことも可能です。

また、自分の努力と売上げが比例しやすく、がんばった分だけ手応えがあるのがフリーの醍醐味であり、会社員で働くよりもやりがいは大きく感じられるでしょう。

デメリット

営業担当やディレクターとともに仕事をする会社組織と異なり、仕事を取ってくるのも仕事の進め方や提案もすべて自分1人で行うことになります。

自分自身で開拓した人脈をたどったり、広告代理店にポートフォリオを送るなどして、軌道に乗るまでは仕事の獲得に手を焼くことになるでしょう。

また、納期や案出しなどのスケジュールを守らなければならないのは会社員と同様です。

締切り前には徹夜や休日返上も覚悟しなくてはなりません。