言語聴覚士になるには

言語聴覚士の養成学校で学ぶ 言語聴覚士は国家資格であり、言語聴覚士になるためには言語聴覚士国家試験に合格しなければなりません。 しかし、この試験は誰でも受験できるものではなく、まずは高校卒業後に言語聴覚士の養成課程がある … 続きを読む

言語聴覚士国家試験の難易度、合格率

言語聴覚士国家試験について 言語聴覚士国家試験の難易度は? 言語聴覚士は名称独占資格となっており、言語聴覚士の国家資格を取得しなければ「言語聴覚士」と名乗ることができません。 言語聴覚士の国家試験を受けるためには、まず指 … 続きを読む

言語聴覚士の活躍の場

言語聴覚士の約8割は、病院やリハビリテーションなどの医療機関で働いているといわれます。 次に多いのが老人保健施設や老人ホームなどの福祉施設や介護施設です。その他、養護学校や障害者施設などにも活躍の場があります。 医療機関 … 続きを読む

言語聴覚士に向いている人、適性

言語聴覚士は、その名前の通り「言葉」や「聴覚」において高い専門性を発揮する職業ですが、職場ではそれらの専門知識を持つことに加え、さまざまな能力や考え方が求められます。 ここでは、言語聴覚士に向いているのはどのような人か紹 … 続きを読む

言語聴覚士の現状と将来性

言語聴覚士の需要 言語聴覚士は、医療職のなかでも最近になって注目されるケースが増えてきた職業です。 高齢化社会が進み続ける現代の日本。リハビリに関わる専門職として、言語聴覚士の重要性がさまざまな場面でうたわれるようになり … 続きを読む

言語聴覚士になるための学校

言語聴覚士の養成学校で勉強をする 言語聴覚士として働くには国家資格を取得する必要がありますが、まずは国家試験の受験資格を得るために、文部科学省に指定された学校、あるいは都道府県知事が指定する養成所で学ばなくてはなりません … 続きを読む

言語聴覚士養成校の選び方

言語聴覚士を目指せる学校はさまざま 言語聴覚士を目指すことができるできる学校は増えています。しかし、それぞれに特色があり、学べる内容がまったく同じ学校というのはないといえるかもしれません。 どの学校に通う場合でもカリキュ … 続きを読む

言語聴覚士養成校で勉強すること

基礎的な医学知識、そして専門的な学問を修める ひとくちに言語聴覚士の養成校といっても、学校によって、どのような内容を、どういった流れで学習していくかは変わってきます。 学校ごとにカリキュラムは異なるため、自分が学びたいと … 続きを読む

言語聴覚士の資格

言語聴覚士は資格が必要? 言語聴覚士は国家資格であり、「言語聴覚士」と名乗って仕事をするためには、国家試験に合格して資格を取得する必要があります。 最近では言語聴覚士という職業の認知度が上がってきており、資格の名称をいう … 続きを読む

言語聴覚士の就職・求人募集の状況

求人は探せば探すほど出てくるもの 言語聴覚士の求人の量は、「理学療法士」や「作業療法士」といった他のリハビリテーションの職業に比べると、かなり少ない傾向にあります。 しかし、裏を返せばそれだけ希少性が高いといえるかもしれ … 続きを読む

言語聴覚士の就職先の選び方

どんな言語聴覚士になりたいのかを考える ひとくちに「言語聴覚士」といっても、人によってタイプが異なります。 大きく分けると、しっかりと現場で経験を積んでいく言語聴覚士になりたいのか、それとも何かを研究できるような言語聴覚 … 続きを読む

言語聴覚士の志望動機・面接

自分らしさを出すことができる理由を用意する 言語聴覚士として就職をしていくときには、必ずと言っていいほど面接試験が行われます。 この面接の内容は病院や施設によって異なりますが、「志望動機、志望理由」については、ほぼ確実に … 続きを読む

言語聴覚士への転職

他の職業からの転職の難易度は高い 言語聴覚士の知名度が高まり、最近では他の職業から言語聴覚士になる人も増えてきています。 なかには、医療や福祉などとはまったく関係ない業界から、言語聴覚士になる人もいます。 しかしながら、 … 続きを読む

社会人から言語聴覚士になるには

職場を探すのが大変になることも 社会人から言語聴覚士になるには、まず指定された養成校に通うなどの方法をとり、言語聴覚士の国家資格を取らなければなりません。 しかし、国家資格を取ればそれだけですぐ言語聴覚士として働けるわけ … 続きを読む

新人1年目の言語聴覚士

スタートラインに立つには 新人として言語聴覚士のスタートラインに立つには、必ず言語聴覚士国家試験に合格しなければなりません。 また、国家試験を受験するためには、養成所として指定された専門学校や大学で学ぶ必要があります。 … 続きを読む

仕事体験談