治験コーディネーターへの転職・中途採用

治験コーディネーターのほとんどは医療系の有資格者

新薬が実際に使われるようになるには、薬の安全性や効果を調べるための基礎研究や臨床研究(治験)が必要とされます。

このうち治験は、実際の患者さんを対象としたもので、医師や看護師などの医療従事者や、新薬を開発した製薬企業の関係者など、多くの人がさまざまなかたちで関わってきます。

それぞれの間に立って管理・調整を行い、全体をコーディネートするのが治験コーディネーター(CRC)です。さまざまな業務を担い、治験がスムーズに進むようサポートします。

CRCの仕事のなかで中心となるのが、治験に参加する患者さんのサポートです。

CRCは治験開始前から終了まで、患者さんに寄り添ってきめ細やかなケアをします。

CRCになるには特別な資格は不要とされていますが、業務上、医学や薬学の知識が求められ、また実際に患者さんと接することから、現在のCRCのほとんどが医療系資格を保持しています。

求人においても、これらの資格または臨床経験が条件としてあげられていることが多いようです。

未経験者採用が中心で、転職は活発

CRCは比較的離職率の高い職種で、年間の離職率は10~15%と推測されています。

未経験者の中途採用が多いため、実際に勤務を始めてから自分に合わなかったと退職するケースも少なくないようです。

その一方、日本では新薬の開発が盛んで治験の数も増えていることから、CRCへの転職は活発に行われています。現在は人手不足の状況にあるため、求人数も多いようです。

CRCへの転職の中心は、異業種からの未経験採用です。

CRCは比較的新しい職種であるため、もともとCRCという方よりも、医療従事者などからの転職がほとんどとなっています。

治験コーディネーターの前職は、半数が看護師

医療系資格にもいろいろな種類がありますが、2006年に実施された「全国治験活性化 3 ヵ年計画フォローアップアンケート調査」では、CRCの前職は半数が看護師で、薬剤師、臨床検査技師、臨床心理士などが続きました。

上記のようにCRCは治験に参加する患者さんを直接サポートする役割を担います。

スケジュールの調整、検査や診察への同席、服薬状況の確認など、患者さんの身体面・精神面に配慮しながら治験がうまく進むようサポートすることが求められます。

そうした観点から、医療の知識をもち、さらに臨床経験もあることから患者さんとのコミュニケーション能力にも優れた看護師がCRCに最適と考えられます。

そのほかの有資格者については、

・薬剤師:薬学の知識が豊富で新薬や治験の理解が早く、治験を実施する病院の薬剤部との調整に力を発揮しやすい
・臨床検査技師:検査値の知識があり検査結果の変動や異常を見つけやすく、また検査に関する実際的知識があることから検査時の患者さんの不安を和らげやすい

という特徴があることから、CRCに転職しやすいといわれています。