治験コーディネーターに向いている人・適性・必要なスキル

治験コーディネーターに向いている性格・適性

治験とは、実際に被験者である患者さんに参加してもらい、新薬の安全性や効果、使用方法などについて確認するもので、患者さん、医師をはじめとする医療スタッフ、製薬企業の関係者など、多くの人々が関与するプロジェクトです。

そのため治験がスムーズに進むように調整することが必要となり、そうした役割を担うのが治験コーディネーター(CRC)です。

治験コーディネーターの業務には調整や準備、書類の作成など幅広い内容が含まれますが、最も特徴的なのは治験に参加する患者さんと実際に接する点です。

被験者である患者さんの治験スケジュールや診察予約を調整したり、検査や診察に同席し、服薬状況を確認、会計をサポートしたりと、細やかにケアします。

また全体の調整においては、治験に参加している医療関係者から信頼を得ることも不可欠ですので、そのため治験コーディネーターに最も求められる資質はコミュニケーション能力であるといえます。

人と接することが好きな人や、人のために何かしたいと考えている人にとっては適性のある仕事と言えるのではないでしょうか。

治験コーディネーターになるには? 看護師資格は必要?

治験コーディネーターに必要なスキル・能力

医薬品開発を通してたくさんの人の健康と向き合う治験コーディネーターという仕事において、治験コーディネーターに求められるスキルや能力がいくつかあります。

手先が器用であること

治験では多くの重要な情報が取り扱われるため、必要とされる申請書や説明書など文書の量もかなりのボリュームとなります。

決まった書式や申請書もありますが、そのなかには、治験コーディネーターが作成するものも少なくありません。

たとえば、治験の関係者とのミーティングで使用する資料や説明書、治験参加者向けのスケジュール表や日誌、日報などが代表的なものです。

治験が終了した後に作成する終了報告書に関わる治験データを記載する症例報告書は医師が作成しますが、医学的判断を伴わない部分は治験コーディネーターが作成を担当し、医師をサポートします。

これらの文書はどれも重要なもので、量が多くてもきちんと整理して保管しなければなりませんので、書類だけでなく情報も含めて整理整頓する能力も治験コーディネーターに重要なスキルのひとつです。

相手に応じた説明が苦にならないこと

治験コーディネーターは治験プロジェクトを通し、多くの人の間に立って調整を行いますので、さまざまな立場やバックグラウンドの他の人に向けて分かりやすく情報を伝える能力が求められます。

また文書だけでなく、頭のなかで情報を整理し、分かりやすいようにまとめるという意味での整理力も必要です。

よって、治験コーディネーターは他の人に向けて分かりやすく情報を伝える能力が求められます。

事務作業などが得意

業務の内容としてパソコンでの事務作業も多くありますので、事務職が好きな人に適性がある職種です。

また、治験コーディネーターは医薬品開発における医療現場ではあるものの、私服での勤務になり、オフィスカジュアルですので髪型なども比較的自由なようです。

専門知識を持ちながらもデスクワークだけでなく人と接しながらフィールドワークも行う、アクティブな業種やスタイルに憧れていた人などにも向いているといえるでしょう。

治験コーディネーターに向いていないのはどんな人?

では、治験コーディネーターに向いていないのはどのような人でしょうか?

人の中に入って調整をすることが苦手な人

治験コーディネーターは治験というプロジェクトにおいて、リーダーシップを取っていく必要があります。

初対面の人とうまく話ができなかったり、必要なことを依頼したり伝達したりすることが苦手な人は、うまく仕事を進めることができません。

とくに、治験のメンバーである担当医師に対しては、ある程度進捗を促し、音頭を取っていかないことにはいつまでたっても治験に必要な資料ができあがらず、治験そのものに支障がでる場合もあります。

しっかりと必要なリーダーシップを取ってプロジェクトを進めていくことができない人、内気で内向的な人は、治験コーディネーターの仕事には向いていないかもしれません。

不誠実な人、細かなことが気にならない人

治験コーディネーターは科学的で重要なデータをたくさん取り扱います。

これらのデータは、将来その新薬が承認された時のエビデンスになり、治験に関わった患者さんのみならず、薬を通して世界の人々に影響を与えます。

たとえば、体温の値ひとつとっても重要なファクターデータとなることもありえます。

そのデータ入手の最前線にいるのが治験コーディネーターであるため、たとえばここでデータ紛失したり、また悪意を以て改ざんして治験に有利なデータに手を加えたりといったことをした場合、大変なことになってしまいます。

そのような意味で、治験コーディネーターは誠実な人にしか携わることのできない誠実さの求められる職種であり、重要性を理解できない人や不誠実な人には不向きであるといえるでしょう。