CADオペレーターの求人、採用募集状況

「CAD操作ができる」だけでは難しい

CADオペレーターは、建築のほか多種多様な業界で必要とされる職業であるため、就職先の選択肢は広めといえるでしょう。

ただし、最近は競争が厳しくなっていることなどから「コスト削減」に取り組む企業が増加傾向にあり、CADオペレーターとして好条件の下に就職できる人は、あまり多くないようです。

建築会社の場合、専門のCADオペレーターを雇わずに、設計士がCADを使った業務まで兼務するといったことも増えているようです。

このことからも、「ただCADの基本操作ができる」というだけでは雇ってもらうのが難しい状況になっています。

プラスアルファで建築なら建築、アパレルならアパレルといった業界知識を持っていることや、実務経験者であること、基礎的なパソコンスキルをきちんと身につけていることなどが求められる傾向にあります。

正社員以外の求人が多い

CADを使った単純な図面作成そのものだけを行うスタッフは、ほとんどが派遣社員やアルバイト・パートです。

しかし、派遣社員でもベテランになると、正社員顔負けのスキルでバリバリと活躍する人もいます。

未経験者が就職先を見つけるのは簡単ではありませんが、「事務スタッフ兼CADオペレーター」を求める企業が多いため、CADのスキルに加えて事務処理能力があると、採用時に優遇されるケースが目立ちます。

また、同じCADオペレーターでも、たとえば建築系と機械系では使用ソフトや仕事の進め方が異なってくるため、就職の際にはどのような分野のスキルを磨いていきたいかを考えておくことが大切です。

経験を積むことが大事

CADオペレーターは、身につけたスキルを生かして多様な業界で働けることから女性にも人気が高い職業のひとつとなっていますが、先述したように、正社員として働くにはそれなりの経験と技術が求められます。

この仕事を目指す人も増えているため、これからCADオペレーター目指すのであれば、まず最低限のCADのスキルは習得しておいたほうがよいでしょう。

CAD講座を開講する学校やスクールも増えていますが、自分でCADのフリーソフトをダウンロードしたり、本を使ったりして学ぶこともできます。

「経験」が重視されがちな職業であるため、まずは入り込みやすいアルバイト・パートで実務経験を積み、そこから正社員へのキャリアアップを目指すのも、一つの手といえるかもしれません。