アパレル店員の資格

アパレル店員に資格は必要?

アパレル店員になるのに、絶対に必要とされる資格はありません。この職業は、学歴や経験を問われないことも多いため、まったくスキルを持っていないところから、アパレル店員としてのキャリアをスタートすることも十分可能です。

アパレル店員になると、入社後の研修によって業務に必要な知識やスキルを学ぶのが一般的ですが、仕事を進める上で、持っていて損はない関連資格もいくつか存在します。

「資格があるから必ず活躍できる」というものではありませんが、ここではその代表的な資格をご紹介しましょう。

アパレル店員の仕事に活かせる関連資格

ファッション販売能力検定試験

一般財団法人 日本ファッション協会振興協会が行う検定試験です。1級から3級の3つのレベルに分かれており、販売知識や販売技術、マーケティング知識等が出題されています。

色彩検定

公益社団法人 色彩検定協会が行う検定試験です。アパレル店員だけでなく、デザインやインテリア関連の仕事に従事する人も多く受験しています。この資格を取得するアパレル店員は、色に関する知識を体系的に学ぶことで、洋服のコーディネートなどをする際に役立てているようです。

販売士

「小売・流通業界で唯一の公的資格」として、ファッション業界のみならず、小売業に関わる人全般に向けて作られた資格試験です。一般社団法人 日本販売士協会では、販売士を目指す人向けの養成通信講座や講習会も開催しています。

キャリアアップの過程で資格を取得

上記に挙げた資格は、店長やエリアマネージャーなど、キャリアアップの過程で会社から受験を求められることもあるようです。

将来、確実にマネジメントの仕事にまで携わりたいという人は、早いうちに勉強して資格をとっておくのもよいかもしれません。

仕事体験談