アパレル店員になるには

資格は求められないことがほとんど

「アパレル店員」といっても、その活躍場所はさまざまです。全国にチェーン展開する大手アパレルショップもあれば、個人経営の町の小さなお店もあります。また、百貨店に入っているショップで働く人もいます。

ショップによって店員になるための条件は少しずつ異なりますが、全体として言えるのは、この仕事になるのに特別な資格は求められないケースがほとんど、ということです。

関連する資格として「ファッション販売能力検定」や「色彩検定」などがありますが、仕事を始める時点で資格を求められるケースはほぼなく、これらは入社後スキルアップのために受験する人が多いようです。

アルバイトからスタートする人も多い

アパレル店員は、他の職業と同様に正社員として働く人がいる一方、契約社員やアルバイトとして働く人も多い職業です。中には、全員アルバイトからスタートし、能力や経験に応じて正社員にステップアップすることを定めている会社もあるようです。

アパレル店員はあまり学歴を重視されませんが、最初から正社員を目指す場合は「大卒以上」の学歴が問われることもあります。特に有名なブランドを多数扱う大手企業であればあるほど、その傾向が強いようです。

なお、同じアパレル業界でもファッションデザイナーやパタンナー、スタイリスト等と異なり、販売員を目指す場合はファッションの専門学校を出ている人はさほど多くありません。

アパレル店員の需要は高く、たとえ正社員になれなくても外部の派遣会社に登録し、販売専門スタッフとしてアパレル店員になることも可能です。

とはいえ、店長やエリアマネージャーなど、確実なキャリアアップを望むのであれば、正社員を目指すことが必要と言えるでしょう。

百貨店でアパレル店員になりたい場合

百貨店にもテナントとして多種多様なファッションブランドが入っています。

こちらの場合、百貨店の正社員もしくは派遣社員がショップ担当として販売するケースと、各ブランドの社員が百貨店に派遣されて販売するケースの2パターンがあります。

仕事体験談