【2022年版】コンビニ店長の年収・給料はどれくらい?統計データも解説

コンビニ店長の平均年収・給料の統計データ

コンビニ店長の平均年収・月収・ボーナス

賃金構造基本統計調査

コンビニ店長の平均年収_2021

厚生労働省の令和3年度賃金構造基本統計調査によると、コンビニ店長の平均年収は、42.1歳で355万円ほどとなっています。

・平均年齢:42.1歳
・勤続年数:11年
・労働時間/月:164時間/月
・超過労働: 8時間/月
・月額給与: 258,800円
・年間賞与: 442,000円
・平均年収: 3,547,600円

出典:厚生労働省「令和3年度 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

コンビニ店長の勤務先の規模別の年収(令和3年度)

コンビニ店長の年収は、勤務先の規模によってあまり変化がありません。

10〜99人規模の事業所に勤めるコンビニ店長の平均年収は338万円、100〜999人規模は352万円、1,000人以上規模は363万円、10人以上規模平均は355万円となっています。

コンビニ店長の年収(規模別)_r3

上記グラフの基タイトルは「販売店員」で百貨店店員、食品スーパー店員ショップ店員アパレル店員ドラッグストア店員ペットショップ店員書店員など他職業を含むデータです。

賃金構造基本統計調査より作成。本統計は調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

コンビニ店長の勤務先の年齢別の年収(令和3年度)

コンビニ店長の年収は、年齢が上がってもあまり変わらない傾向にあります。最も年収が高い世代は、40~44歳の401万円です。

全年代の平均年収は355万円となっています。

コンビニ店長の年収(年齢別)_r3

上記グラフの基タイトルは「販売店員」で百貨店店員、食品スーパー店員、ショップ店員、アパレル店員、ドラッグストア店員、ペットショップ店員、書店員など他職業を含むデータです。

 

\締め切り間近!/
キャリアガーデン 無料オンライン特別セミナー Web面接力をアップさせるには 採用面接での通過率を上げるポイント 2022年9月28日水曜日 20時〜21時

コンビニ店長の働き方別の給料・年収

正社員として働く場合

本部の正社員として直営店で働く場合、会社によって若干違いが出るようですが、年収は300万円~500万円程度がボリュームゾーンとされています。

ただし、コンビニ店長は残業時間が長くなりがちで、深夜勤務も入ることもあるため、400万円以上になる人は残業手当や深夜勤務手当も含めた額となっているケースが多いようです。

大手コンビニであれば基本的にボーナスも支給され、それなりの安定性がある働き方だといえます。

正社員は、スタッフ、副店長、店長、スーパーバイザーといった形でステップアップしていくにつれて給料も上がっていく形が一般的です。

オーナー兼店長として働く場合

コンビニはフランチャイズの店舗も多く、その場合はオーナーが自ら店長を兼任していることも珍しくありません。

そのような場合の年収は、店を経営してどれだけ売上を上げられるかによって大きく変わってきます。

年収200万円程度にとどまってしまう人もいれば、複数店で利益を出して年収2000万円以上を得ている人もいるようです。

オーナーになるのはリスクは高いですが、頑張り次第では、コンビニ店長のなかで最も大きく稼げる可能性があるといえます。

雇われ店長として働く場合

複数の店舗を出店しているオーナーの場合、店長を別で雇っているケースが一般的です。

そのような店で店長を務める場合には、月収20万円~30万円程度になる人が多いようです。

ただし、オーナーの考え方や店の売上によって給料は左右されがちで、人によってだいぶ年収が変わってくるようです。

雇われ店長の場合、残業手当などの待遇面もオーナーによってだいぶ異なるといわれるため、就業する前によく確認しておく必要があるでしょう。