製薬会社にはどんな種類がある?

製薬会社の種類の分け方はさまざま

製薬業界には、数多くのメーカー(製薬会社)があります。

各社で企業規模はもちろん、取り扱う医薬品の種類や事業内容、資本などにも違いがあります。

企業の種類の分け方はいくつか考えられますが、ここでは以下のように分類して、それぞれの特徴を紹介します。

<扱う医薬品の種類による企業の分類>
・医療用医薬品メーカー
・ジェネリック医薬品メーカー
・OTC医薬品メーカー

<外資系・内資系(国内)による企業の分類>
・外資系メーカー
・内資系(国内)メーカー

扱う医薬品の種類による分類

医療用医薬品メーカー

医療用医薬品とは、医療機関で処方される医薬品を意味しています。

国内における医薬品売上の約9割は医療用医薬品となっており、市場が大きなことが特徴です。

医療用医薬品は、さらに細かく「新薬」と「後発医薬品(ジェネリック医薬品)」に分けられます。

新薬メーカー

新薬の開発には、新しい成分の有効性・安全性を研究し、国の承認を受けるために10年以上の時間がかかり、数百億円以上の莫大な費用が必要です。

また必ずしも開発が成功するわけではないため、難しい分野ですが、開発がうまくいけば特許で一定期間保護され、独占販売が可能です。

非常に大きな利益を生み出せる可能性があることから、大手の新薬メーカーは新しい新薬の研究開発に力を入れています。

しかし現在、日本では医療費削減を目的に薬価引き下げの傾向が続いていることから、国内製薬会社の多くが海外販売に力を入れています。

海外企業との買収や提携を通して、ゲノム医療や再生医療などの分野へ乗り出す企業も出ています。

また近年のジェネリック医薬品市場拡大の流れで、新薬開発をあわせて、次に紹介する「ジェネリック医薬品」の製造・販売を行うメーカーが増えているのも特徴です。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)メーカー

近年、増えているのが「ジェネリック医薬品」といわれる「後発医薬品」を主力商品として扱う製薬会社です。

製薬会社で開発された新薬は、特許期間が「20年」と定められています。(ただし、製薬会社が申請すれば、5年を上限に特許の延長が認められます)

この期間が終わったあとに、同じ有効成分を用い、新薬と効能・効果、用法・用量が同じ医薬品として製造・販売されるのがジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分を用いて開発されることから、開発プロセスを大幅に省略でき、開発コストも少なくて済みます。

このことから、ジェネリック医薬品は新薬よりも安価で販売されており、現在、国は医療費抑制の一環としてジェネリック医薬品への切り替えを推奨しています。

ジェネリック市場は今後ますます伸びていくことが予想されています。

OTC医薬品メーカー

医療現場で処方・投薬される医療用医薬品に対し、ドラッグストアなどで市販されるのが「OTC医薬品」といわれる種類の医薬品です。

OTC医薬品市場は、医療用医薬品市場に比べて小さなものですが、一般の人々にとってはなじみ深い商品が多いです。

また2017年からは、医療費削減を目的に「セルフメディケーション税制」が導入され、個人が健康管理や軽い病気の緩和などを目的として所定のOTC医薬品を購入した場合、その費用について所得控除を受けることができるようになっています。

高齢化社会が進み、医療費削減の必要性が強く訴えられている現代社会において、OTC医薬品の存在価値は増しています。

外資系・内資系(国内)による企業の分類

外資系の製薬会社

2000年代にM&Aが進み、近年では国内製薬会社の数は少なくなっている一方、外国の資本が一定以上入った「外資系製薬会社」の存在感が増しています。

製薬業界において、アメリカの市場が世界最大規模です。

外資系製薬会社の大手企業としては、スイスのロシュやノバルティス、アメリカのファイザー、フランスのサノフィなどがあります。

外資系製薬会社は日本の製薬会社よりもずっと規模が大きく、大型M&Aも相次いでいます。

圧倒的な売上高を誇り、世界の新薬創出をリードする存在である製薬会社は「メガ・ファーマ」と呼ばれ、国内製薬会社も買収や提携を進めるケースが出ています。

内資系(国内)製薬会社

外資系製薬会社でない、日本国内の製薬会社も数多くあります。

医療用医薬品の大手企業は、武田薬品工業、大塚ホールディングス、アステラス製薬などで、業界トップの武田薬品工業は2019年にアイルランドのシェイアーを買収し、医療用医薬品で世界トップ10入りを果たしました。

またアステラス製薬は医療用医薬品に特化、同じく大手である第一三共は新型抗がん剤「エンハーツ」を発売するなど、各社が巨額の研究開発費を投じて、新薬開発を進めています。

一方、近年では後発医薬品(ジェネリック医薬品)に力を入れる国内製薬会社も増えています。

ジェネリック医薬品の御三家といわれるのが日医工、沢井製薬、東和薬品です。