製薬会社に特有の職種

新薬を作り出す研究職

人間の生命を支える医薬品を作り出す製薬会社には、この業界特有の仕事があります。

ここでは、代表的な3つの職種をご紹介します。

まずは製薬会社の「研究職」です。

その名の通り、新薬やジェネリック(後発医薬品)の医薬品を世に送り出すための研究を行っており、薬の作用のメカニズムを解析したり合成したりするのが主な業務です。

研究所にこもってチームで日夜実験を繰り返す生活となるので、大学で理系の研究室に所属していた人にとってはイメージしやすい世界といえるでしょう。

ひとつのプロジェクトに十年以上の期間や億単位の予算をかけることが当たり前の世界で、成果が出るまで粘り強く研究に打ち込める人が活躍できる職種です。

安全性を支える開発職

「研究職」が医薬品を構成する物質の探求や実験をメインに行うのに対して、実際に人体に投与したときの安全性を確立させるために臨床試験を行うのが「開発職」です。

具体的な業務の流れとしては、動物実験や試験管のなかでの実験で効果が確認できた薬を使って、医療施設や被疑者の協力のもとで治験を行い、厚生労働省への承認申請に必要なデータをまとめます。

このプロセスの中で副作用の出る医薬品を早期に発見することで、被害を防ぐことができます。

開発職は人々の命や健康を守るために欠かせない重要な任務を担っているのです。

情報提供をするMR(医薬情報担当者)

また、製薬会社には研究職や開発職以外に、営業職であるMR(医薬情報担当者)という特有の職種があります。

MRの仕事

MRは病院や薬局などの医療施設に出向き、自社の医薬品の効能や副作用などに関する情報提供をするのが仕事です。

もちろん、情報提供だけではなくセールスをすることが重要な使命で、製薬業界における営業マンのような存在だと考えてよいでしょう。

いずれの職種にも薬学に関する知識は必須ですが、研究職や開発職が理系出身の学生を採用するのに比べると、MRの場合は文系出身の学生でも採用されることがあるようです。