製薬会社にはどんな職種がある? MRとは?

研究職:新たな医薬品をつくる

人間の生命を支える医薬品をつくる製薬会社には、この業界特有の仕事があります。

まずは「研究職」です。

研究職は、新薬やジェネリック(後発医薬品)の医薬品を世に送り出すための研究を行っており、薬の作用のメカニズムを解析したり合成したりするのが主な業務です。

研究所にこもってチームで日夜実験を繰り返す生活となるため、大学で理系の研究室に所属していた人にとってはイメージしやすい世界といえるでしょう。

製薬は、ひとつのプロジェクトに10年以上の期間や、数百億円単位の予算をかけることも当たり前の世界です。

トライアンドエラーを繰り返しながら、成果が出るまで粘り強く研究に打ち込める人が活躍できる職種です。

開発職:安全性を支えるための試験をする

研究職が医薬品を構成する物質の探求や実験をメインに行うのに対して、実際に人体に投与したときの安全性を確立させるために臨床試験を行うのが「開発職」です。

具体的な業務の流れとしては、動物実験や試験管のなかでの実験で効果が確認できた薬を使って、医療施設や被疑者の協力のもとで治験を行い、厚生労働省への承認申請に必要なデータをまとめます。

このプロセスのなかで副作用の出る医薬品を早期に発見することで、被害を防ぐことができます。

開発職は人々の命や健康を守るために欠かせない重要な任務を担っています。

MR:医療従事者に情報提供や営業をする

どの種類のメーカーにも自社製品の販路を広げていく「営業職」として働く人がいますが、製薬会社の営業職は、この業界特有で「MR(医薬情報担当者)」と呼ばれます。

MRは病院や薬局などの医療施設に出向き、医師などの医療従事者に対し、自社の医薬品の効能や副作用などに関する情報提供をするのが仕事です。

MRの仕事

医療従事者への情報提供とあわせて、実際に医薬品を患者さんに処方・投与した際の使用状況や、発生した副作用の内容など、リアルな現場の声を拾い上げ、自社に持ち帰ることもMRの大事な仕事です。

営業職の一面がありますから、自社製品を取り扱ってもらうためのセールス活動もします。

MRの場合、研究職や開発職ほど高度な理系の専門知識は求められない場合が多く、文系出身者も活躍していますが、医療従事者と対等に話せる知識やコミュニケーション力が重視されます。

その他の職種(総務、人事、経理、広報など)

ここまで挙げた職種は、製薬会社にとって非常に重要な職種です。

それ以外にも、会社の経営や事業展開を裏で支える事務系職種として働く人も多くいます。

たとえば総務、人事、経理などの職種では、社員が働きやすい環境づくりや、給与計算、社会保険などの福利厚生・待遇面に関しての制度を整えます。

その他、経営陣と近い立場で会社の経営計画を考えていく経営企画や、外部(マスコミなど)とのやりとりを専門的に行う広報などの職種に就く人もいます。

規模が大きな製薬会社になるほど、こうした管理系の職種で働く人の数も増えるのが一般的です。