ラーメン屋店長の仕事内容・なり方・年収・資格などを解説

「ラーメン屋店長」とは

ラーメン屋店長の仕事内容・なり方・年収・資格などを解説

ラーメン店の責任者として、調理やメニュー考案、スタッフ教育などを行い、店を繁盛させる。

ラーメン屋店長の仕事は、おいしいラーメンを作り、お客さまに提供することです。

「極上の1杯」を作るために、スープや麺、具材にこだわりながら独自の味を追求していきます。

ラーメン屋店長は自ら独立・開業して「経営者」としての顔を持つ人も多く、お金の管理や集客、従業員の教育なども行いながら、継続して店を繁盛させていくことを目指します。

なるために特別な学歴・資格は求められませんが、実績のあるラーメン店でアルバイトなどの形で修業をしてスキルを磨き、独立開業する流れが一般的です。

ラーメン店は数が多く、そのなかで生き残るのは難しいといわれる一方、成功すれば年収1000万円以上など大きな収入を得ることも可能です。

最近は「ミシュランガイド」にラーメン店が取り上げられたリ、海外でも日本のラーメンが注目されたりと、おいしいラーメンを求める人は大勢います。

経営ノウハウもしっかりと勉強しながら、ラーメン作りへの情熱を持ち、多くの人を惹きつける店づくりを追求し続けることができれば、成功の可能性は高まるでしょう。

「ラーメン屋店長」の仕事紹介

ラーメン屋店長の仕事内容

店の責任者として「こだわりの一杯」をお客さまに届ける

ラーメン屋店長の仕事は、店の責任者の立場で、おいしいラーメンを作り、お客さまに提供することです。

「極上の1杯」を作るために、スープや麺、具材にこだわりながらオリジナリティあふれる独自の味を追求していきます。

ラーメン屋店長の働き方は、ラーメン店(企業)に就職するなど雇われて働くケースと、自ら独立・開業するケースに分かれます。

どちらの場合でも、店長は店のトップとして、店が繁盛するように、そして継続的に運営できるように管理していきます。

コスト計算や仕入れ業者の選定、宣伝・集客方法の検討なども、店長の大事な仕事の一部です。

従業員を雇って店を拡大させる人も

ラーメン屋では、店長以外に社員もしくはアルバイトの従業員を雇うことも多いです。

店長は、従業員の採用や教育などにも責任をもち、一緒に店を盛り上げてもらえるように働きかけます。

独立・開業しているラーメン屋店長の場合、店が繁盛すれば多店舗出店をして多くのスタッフを雇い、チェーン展開を目指すといったことも可能です。

失敗したときには多額の借金を背負うなどのリスクもありますが、まさに「一国一城の主(あるじ)」としての醍醐味が味わえる仕事といえます。

関連記事ラーメン屋店長の仕事内容

ラーメン屋店長になるには

まずはラーメン屋のスタッフとして働いて経験を積む

ラーメン屋店長になるのに、なにか特別な資格が求められることはありません。

しかし、日本全国に数えきれないほどあるラーメン店としのぎを削って生き残るためには、多くの人に「ここのラーメンが食べたい!」と思ってもらえる味を追求していかなくてはなりません。

独立・開業を希望する人も多いですが、素人が何の知識や経験もないところで店を出したところで成功する可能性は極めて低いです。

そのため、確実なステップを踏むのであれば、すでに実績のあるラーメン店で修業をして知識やスキルを磨き、独立・開業を目指すのがよいでしょう。

雇われて働く道もある

独立・開業以外のラーメン屋店長の働き方として、ラーメン屋を運営する企業に就職し、その社員として雇われて働く道もあります。

全国にチェーン展開しているラーメン屋であれば、社員募集をしているところも少なくありません。

高い学歴は求められず、高校や専門学校を卒業して就職する人、あるいは大学を出てから就職する人など、さまざまです。

社員として店長を務めるには、入社後、まず従業員として店舗で経験を積み、リーダー、副店長、店長とステップアップする流れが一般的です。

関連記事ラーメン屋店長になるには

ラーメン屋店長の学校・学費

学歴は問われないが、一般常識や基礎学力は役に立つ

ラーメン屋店長を目指すにあたって、学歴は関係ないといっても過言ではありません。

大手ラーメンチェーンの新卒採用でも、店で働くスタッフに関しては「高卒以上」であれば応募できることが多く、学歴が厳しく問われることは通常ありません。

中卒で働けるケースもあり、やる気さえあれば誰にでも門戸は開かれているといえるでしょう。

ただし、店長職に就くとなると、多くの社員やアルバイトスタッフをマネジメントしていかなくてはなりません。

また、店のコスト管理や仕入れ、集客、スタッフ教育など、頭を使って考えなくてはならない業務も多々あるため、基礎的な学力を備えておくことはムダにならず、むしろ役に立ちます。

ラーメン屋店長の資格・試験の難易度

特別な資格は必要ないが、ノウハウを習得する必要あり

ラーメン屋店長として働くにあたり、特別な資格は必要ありません。

未経験からラーメン屋店長に挑戦することは可能ですが、知識・経験がまったくない状態では、お客さまに愛され続けるお店にすることは難しいといえます。

独立を目指すにしても、ラーメン屋の運営ノウハウのようなものは、身につけておきたいところです。

といっても、「ラーメン屋店長になるための学校」のような場所はまだまだ少ないのが現状です。

開業支援を行ってくれるフードスクールは存在するものの、「料理人」や「パティシエ」になるための技術を学べるスクールに比べて、まだまだ一般的ではありません。

ラーメン屋店長を目指すのであれば、やはりラーメン店で働くのが最も近道でしょう。

現場で地道に経験を積みながら、さまざまなお店のラーメンを食べ歩いて味を研究し、独自のラーメンを作り上げていくのが正攻法といえます。

関連記事ラーメン屋店長に必要な資格、スキル

ラーメン屋店長の給料・年収

独立・開業者の収入はお店の経営状況次第

ラーメン屋店長の給料は、人によって大きく異なります。

ラーメン屋は、個人が独立・開業して店を営んでいる例がほとんどであり、その場合、一般的な会社員のように毎月決まったお金が会社から給料として支払われるわけではないからです。

店が繁盛して売上が大きくなれば年収1000万円以上を得ることも夢ではありませんし、もし思うようにお客さまが集まらなければ年収200万円程度、場合によっては赤字になってしまう可能性もあります。

ラーメン店を開業した場合、売上がそのまま自分の収入になるわけではないという点には注意が必要です。

たとえば家賃や水道光熱費をはじめ、ラーメン作りに不可欠となる材料を仕入れるための費用、さらにはアルバイトスタッフを雇うのであれば人件費、そして所得税などもかかってきます。

独立・開業は夢がありますが、誰もが大きく稼げるわけではないことは十分に理解しておくことが大切です。

安定した収入を得たいなら就職も視野に

ラーメン屋店長として、なるべく安定的に働きたいと考えるのであれば、企業に就職するのがよいでしょう。

全国にチェーン展開するような有名なラーメン屋では、運営会社が社員採用を行っています。

未経験者がいきなり店長になるのは難しいですが、「店長候補」として一般の従業員からスタートし、働きぶりが認められれば、数年で副店長、店長になれる可能性もあります。

雇われて働く場合は、月給として会社から給料が支給され、社会保険など会社の福利厚生も適用されます。

関連記事ラーメン屋店長の給料・年収

ラーメン屋店長の現状と将来性・今後の見通し

ラーメン人気は根強く、可能性は広がっている

ラーメン屋店長という仕事は、基本的に激務で、体力も気力も必要なハードな仕事です。

一方で、自分のこだわりを味に昇華させ、その味でお客さまを喜ばせることのできる、刺激とやりがいのある仕事といえます。

お店が繁盛すれば大きな収入アップも期待でき、独立・開業する場合、多店舗展開なども狙える夢のある職業と考えてよいでしょう。

近年では海外でのラーメンブームもあり、東南アジアを中心に、海外進出する日本のラーメン屋も少なくありません。

また、食品会社とのコラボレーションによってカップラーメンとしてスーパーやコンビニエンスストアに並ぶなど、これまでにない形での流通も見込めるようになってきています。

ラーメンにかける情熱や、自分の店を持ちたいといった夢を持つ人であれば、挑戦する価値がある仕事といえるでしょう。

関連記事ラーメン屋店長の現状と将来性

ラーメン屋店長の就職先・活躍の場

日本全国にさまざまなラーメン屋が存在する

ラーメン屋店長の就職先は、当然ながらラーメン屋です。

ただし、ラーメン屋とひと口にいっても、「独立・開業」か「雇われ店長」かによって、働き方やワークスタイルは変わってきます。

独立・開業とは、自分でお店を開き、経営者としてお金の管理から仕入れ、従業員のマネジメントまで責任をもつ働き方です。

十分に修業をした人は、自分の店を出すことを目指すケースも少なくありません。

一方、雇われ店長の場合、店を運営する企業に就職して働きます。

社内の役割としては「店長」でも、身分は会社に雇われている従業員です。

独立・開業と雇われ店長のどちらが上・下ということではありません。

自分の理想の働き方をよく考えて、活躍の場を見つけていくことが大切です。

ラーメン屋店長の1日

勤務時間は長くなりがちで、体力的にハード

ラーメン屋店長の仕事は、激務といえるでしょう。

店の営業時間にもよりますが、1日に12時間を超える勤務になるケースもあり、熱い厨房で立ちっぱなしの仕事になるため、体力的に厳しいです。

ここでは、独立・開業したラーメン屋店長のある1日を紹介していきます。

9:00 出勤・着替え・仕込み
10:30 開店準備(掃除など)
11:00 開店
12:00 ランチタイムのピーク
14:00 スタッフと交代で小休憩
18:00 ディナータイムのピーク
23:00 営業終了・片付け
24:00 退勤

関連記事ラーメン屋店長の1日

ラーメン屋店長のやりがい、楽しさ

こだわりのラーメンをお客さまに味わっていただく喜び

ラーメン屋店長が何よりやりがいを感じるのは、お客さまからの「おいしかったです!」という言葉と笑顔に出会えた瞬間です。

ラーメン屋を繁盛させるのは決して簡単ではありません。

日々の地道な経営努力によって、たくさんのお客さまが来店し、満足してくれたと実感できたときに最高のやりがいを感じます。

また、ラーメン屋は他の飲食業と比べてもお客さまとの距離が近く、お客さまの反応がカウンター越しにダイレクトにわかる環境でもあります。

自分の作ったラーメンを幸せそうに食べるお客さまのリアクションが、一番の励みになるといえるでしょう。

関連記事ラーメン屋店長のやりがい、魅力

ラーメン屋店長のつらいこと、大変なこと

気力と体力、根性も必要な仕事

ラーメン屋店長は、勤務時間の長さや立ち仕事のハードさなどもあって、激務といわれることが多い仕事です。

毎日、朝から晩まで店にいることが当たり前で、現場での業務だけでなく、お金やスタッフの管理、材料の手配、ライバル店のチェックなど、やることは山ほどあります。

また、年々厳しくなる飲食店の衛生管理水準を満たすために、下処理や食品管理など、気の抜けない職場環境ともいえます。

ラーメン屋店長を長く続けていくには、自分自身の夢や目標をしっかりと持つことはもちろん、日々の仕事をしっかりこなす体力と気力も欠かせません。

そして、厳しい状況を耐え抜く根性のようなものも必要とされる職業です。

関連記事ラーメン屋店長のつらいこと、大変なこと、苦労

ラーメン屋店長に向いている人・適性

ラーメンにかける思いが強いことが大前提に

ラーメン屋店長にとって最も大切な適性は、「ラーメンがどれほど好きか」、この一点に尽きるでしょう。

飽きるほどラーメンを食べ歩き、それでも飽き足りずに「自分が究極の一杯を作る」と思い立つほどのラーメン愛がないと、なかなかラーメン屋は続けられません。

その情熱が、激務である仕事にも耐え、お客さまを感動させるラーメンにつながるのです。

もちろん、接客スキルや経営ノウハウなども身につける必要がありますが、それは後からでも習得できます。

まずは、誰よりもラーメンを愛する心をもつことが大切です。

関連記事ラーメン屋店長に向いている人、適性

ラーメン屋店長志望動機・目指すきっかけ

ラーメンが大好きなことや、ラーメン屋の雰囲気に憧れて

ラーメン屋店長を目指す人は、「ラーメンが大好き」と話す人ばかりです。

小さい頃に食べたラーメンのおいしさに衝撃を受けた、あるいはアルバイトとしてラーメン屋で働くうちに最高の一杯を作ってみたくなった、などの理由を掲げる人が多いです。

また、他の飲食店に比べてもスタッフが元気で威勢がよく、お客さんとの距離も近いラーメン屋の雰囲気が好きで、店長を志すという方も少なくないようです。

さらに、最近ではラーメン屋を独立・開業して大きな収入を得たという成功物語がテレビなどで取り上げられることが増えています。

そうした姿に触発され、ラーメン屋にチャレンジする人も増えています。

ラーメン屋店長の雇用形態・働き方

雇われ店長か、経営者兼店長になるか

ラーメン屋店長の働き方は、ラーメン屋を運営する企業に「雇われるパターン」と、「自分で店を経営するパターン」に分かれます。

雇われの店長は、店長とはいえ、自分が所属する企業のいち社員です。

給料や待遇は安定していますが、自分自身の店ではないため、経営方針やラーメンの味・メニューなどを自由に定めることはできません。

あくまでも企業の方針に沿って、店長としての役割を果たすことが求められます。

一方、自分で店を経営する場合には、大きなリスクを背負う代わりに、働き方としては飛躍的に自由度が高まります。

自分が理想とする店づくりをしたいと、独立・開業を目指す人も多いです。

ラーメン屋店長の勤務時間・休日・生活

拘束時間は長く、連休もややとりにくい

ラーメン屋店長は、基本的に長時間労働で、休みも取りにくい仕事です。

アルバイトや一般の正社員であれば、シフト制での勤務になるため、勤務時間はある程度考慮され、休みの希望を出すこともできます。

しかし、店長の場合は責任者であるため、朝から晩まで店にいる必要があります。

副店長など、自分の役割を一時的に任せられる人が育っていれば多少は休みやすくなるものの、個人経営のラーメン屋など、ほとんど休みを取らずに働く人もいます。

いずれの日も、店が軌道にのってくるとランチタイムやディナータイムは怒涛の客入りに見舞われることが多く、体力的に厳しい仕事であることは理解しておきましょう。

関連記事ラーメン屋店長の勤務・労働時間・休日・残業

ラーメン屋店長の求人・就職状況・需要

ラーメンの根強い人気は今後も続く見込み

外食産業の盛んな現代においては、ラーメン屋も引き続き根強い人気があります。

ただし、ひと頃のラーメン屋ブームで店舗が乱立した最盛期に比べれば、少し状況は落ちついてきたといえます。

それでも、日本人の食文化にしっかりと根付いたラーメンですから、需要が急速に減ることは考えにくく、ラーメン屋を預かる「店長」というポジションも、一定の需要があると考えられます。

企業が店長候補の人材を採用するケースも多々あり、やる気さえあれば仕事をスタートすることは難しくありません。

一方で、拘束時間や体力面のハードさ、競争の過酷さから継続が難しい業界でもあり、続けていくには相応の覚悟が必要とされます。

とくに独立・開業する場合、厳しい世界で生き残り、勝ち進んでいくには、ラーメン作りにかける情熱が重要になります。

ラーメンが大好きであり、お客さまの反応を見るのが好きという人は、引き続きチャレンジする価値がある職業といえるでしょう。

ラーメン屋店長の転職状況・未経験採用

スタッフとして経験を積み、独立・開業をする人が目立つ

もともとラーメン屋店長として雇われて働いていた人が、別の店舗の店長に転職するという例は、そこまで多くありません。

ラーメン屋で雇われている人がその店を離れることを考える理由でよくあるのは、まったく異業種への転職、もしくは独立・開業です。

雇われて十分に経験を積むと、自分の店を出す人は一定数います。

一方、異業種からラーメン業界に入り、店長を目指すことも可能です。

確実にステップアップを目指すなら、まずは一般のアルバイトもしくは社員としてまず店舗に採用され、経験を積む方法です。

その後、熱意や適性が認められれば店長を任されるチャンスが得られます。

関連記事ラーメン屋店長への転職