税理士のつらいこと、大変なこと

許されない「脱税」「申告漏れ」

税理士は、納税の義務がある人たちの税務書類の作成作業や税務署への申告作業を、クライアントに代わって行います。

税金の計算はとても複雑です。

売り上げを計算したり領収書をまとめて経費を差し引いたりしながら書類を作成するのは大変な手間になります。

税務に関する法律も常時変わるため、日頃の勉強もかかせません。

また、知識がない人が計算をすると、思わぬところで数字の記入漏れがあって脱税や申告漏れを疑われることにもつながりかねません。

税理士は、こういった失敗を防ぎ、企業や個人事業主が円滑に納税できるよう手助けしていきますが、万が一、税理士が関わったにもかかわらず税金の申告に不備があった場合は、依頼者も税理士も社会的な信頼を失うことになります。

納税を支える税理士には、いつも大きな責任と緊張感がついてまわります。

地道な作業がとても多い

税理士は、仕事の大半を税金に関する書類と向き合いながら過ごします。

企業の年間の収支を計算するとなると膨大な量の領収書や売上明細を確認しなければならず、地道な作業が長時間続くことになります。

クライアントのなかには、「資料さえ渡せばすぐに希望の書類を完成させてくれるだろう」と無茶なことをいう人もいますが、正しく書類を作成するためにはそれなりの準備期間が必要であり、ときにクライアントとぶつかりそうになることもあります。

なお、税理士には計算や事務作業が苦にならないというタイプの人が多いのですが、繁忙期はそんな人たちでも逃げ出したくなることがあるほど、一日中数字に追われる毎日になります。

税理士の職業病も

計算はひとつの数字が狂うとすべてが狂ってしまうため、「過労」に加えて緊張感からくる「ストレス」や「プレッシャー」で体調を壊してしまう人もいるようです。

また、書類の作成や確認は目を酷使する作業であり、「頭痛」や「肩こり」に悩まされることもあります。

こうした体調不良は、税理士にとっては、ひとつの職業病といえるかもしれません。