Webデザイナーの通信講座

通信講座でもWebデザイナーになれる?

Webデザイナーになるために、「絶対にこうすればよい」といえる道はありません。

専門職のように特別な資格や学歴が求められるわけではないため、どのような道筋をたどってもWebデザイナーになれる可能性があります。

したがって、大学や専門学校などでWebデザインについて学んだうえで制作会社等に就職する人もいれば、独学でWebデザイナーになってしまう人もいます。

就職のことを考えたときにも、とくに若手人材の場合は企業によって求めるスキルレベルなどにだいぶ差がありますが、基礎的な知識やスキルを身につけておいたほうが就職しやすいのは確かです。

そこで、効率的にWebデザインのことを学ぶひとつの方法として、通信講座を利用する方法が挙げられます。

通信講座を利用するメリット・デメリット

通信講座を使って勉強する一番のメリットは、大学や専門学校などに通うよりも、安価に、早く、必要な最低限の知識を身につけられることだといえるでしょう。

通信講座には、多種多様な講座ラインナップのひとつとして大手の会社が開講しているものから、Web系の仕事に特化した講座を提供している小さな会社のものまで、さまざまなものがあります。

いずれにしても、通信講座の場合は、大学のように何年もかけて学ぶということは基本的にありません。

また、勉強するペースや時間帯なども自分でスケジューリングできるため、他の仕事や活動が忙しい人などには向いているといえるでしょう。

一方、デメリットといえる面もあります。通信講座では、学校に通学するのとは異なり、どうしても「自分で意識して勉強する」という姿勢を持たなくてはならないため、飽きっぽい人や意志の弱い人では勉強が続かないかもしれません。

目的を持って、きちんと計画的に勉強することが大切です。

なお、ひとくちに通信講座といっても、ものによってテキストの内容や、どれくらいの期間で学べるのか、受講費などは異なるため、講座パンフレットやWebサイトを見比べてみるとよいでしょう。

仕事体験談