Webデザイナーは独学でなれる?

勉強は不可欠

Webというものは最終的にはモニターやディスプレイという平坦な画面の上に出力されて表現されます。

しかし紙に書かれた文字や絵とは違い、簡易なWebページですらHTMLなどの構文で作られています。

それを理解した上で、パブリッシュングとよばれる表現をしてかければいけません。

単に美しい絵が描けるというスキルを持っているだけでは、Webサイトそのものを作ることすらできません。

サイト作成のためには、いろいろな技術を学んだり、独自のスキルを磨く必要が出てきます。

この「学び」の過程を独学で行うことは不可能ではありません。

しかしながら独学ですと、どうしても最初は好奇心のおもむく箇所ばかりに集中してしまい、スキルが偏りがちです。

また、自分ひとりでは理解しきれない壁にぶつかる状況にも陥ることでしょう。

独学で突き進むにはかなりの根気を要すると思われますが、そのための環境を整備していくことが必要不可欠となります。

独学で進むために必要な環境とは?

常に新しい技術の情報にふれる為の情報源を持つ

Webデザインの技術は日進月歩で流行り廃りのサイクルが早い世界です。これから学ぶのであれば既存のモノよりも新しい種類の技術から学び始めるべきです。

その情報を得ることができる発信源や人を確保して必要はあります。

わからない部分を聞ける先輩や熟練者とつながりを持つ

独学ではだれしも、自分だけは理解できない事柄に突き当たってしまいます。

また、時に一人で学習を続けることに挫折しそうになってしまう場面も出てくることでしょう。

そのような時に遠慮なく相談や質問ができる先輩や熟練者のお知り合いがいると、難関だったことがあっさりクリアされてしまうこともあります。

ネットのフォーラムもそのひとつですが、それだけに頼らない現実世界のコミュニティーも作っておきましょう。

実際に働いている人の現場を見る

実際にこの世界で働いている人の現場を見ることも大事です。自分が未着手な分野にも現場の人は既に手をつけていることがわかるはずです。

「自分がこれから何を優先して学ばないといけないのか」これを知る絶好の機会でもあります。

また現場ではどのような手順で実際に作業が行われているか、どのようなクライアントのニーズがあるかといったことも知ることができます。

業界や世間の空気を感じ、独りの考えに凝り固まらないデザイナーになる上で大切な事柄ともいえます。

独学の限度は?

スクールや学校、または入社してからではないと学べない部分もあります。独学の限界と言い切っては語弊があるかもしれませんが、独学の場合に突き当たる問題もあります。

・ゼロから始める場合、何から手をつけていいかわからない
・最新のソフトウェアなどを入手する費用
・企業独特の技術であり公開されていないもの

とはいえ、独学で勉強をしてきデザイナーとして活躍されている方は実際にたくさんいらっしゃいます。

現在では通信制のスクールもあり、これも「独学」といえばそうなるかもしれません。

またデザイナーになってからのほうが独学で新しい技術や手法を覚えていかないとならない場面も多く、「独学」とう行為自体はその後もずっと経験していくことになります。

仕事体験談