Webデザイナーは独学でなれる? 学校やスクールには通うべき?

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

Webデザイナーを独学で目指す人はいる?

Webデザイナーを独学で目指す人も多くなっています。

書店にはたくさんの入門書籍が並んでおり、インターネットにも多くの情報や無料の学習コンテンツがあります。

こうしたものを利用し、着実に知識や技術を吸収することができれば、独学でWebデザイナーになることは難しくありません。

Webデザイナーは最終的に実力で評価されるため、高い学歴や資格がないとしても、クライアントの要求に応えるスキルがあれば仕事を続けられます。

ただし、そのスキルを基本からしっかりと身につけるうえで、独学は必ずしも効率的な方法とは言えません。

というのも、技術や流行の移り変わりは早く、「いま現場で何が求められているのか」を独学で身につけるのは限界があるからです。

また、昨今は情報が溢れすぎており、自分の力で必要な情報を取捨選択しながら学んでいくことも、決して簡単とは言い難いです。

学校・スクールに通うほうが、最新の知識や情報をわかりやすく伝えてくれたり、基礎から応用までのカリキュラムを体系的に提供してくれたりと、効率的に学びやすいのも事実です。

ただ、独学には独学のメリットもあります。

ここでは、独学のメリットとデメリットについてそれぞれ紹介していきます。

独学のメリット

Webデザイナーの勉強を独学で行う大きなメリットは、費用が安く済むことと、学習のための時間を自由に設定できることです。

専門学校やスクールでは、年間に数十万円から百万円ほどの費用が必要ですが、独学であれば数万円もあれば十分に学べます。

また、短期間で集中的に実力をつけることも可能ですし、期間を定めず、ゆっくりと自分のペースで学ぶことも可能です。

自分の知識やスキル次第では、不要な内容をスキップして高度な内容に挑戦することも可能です。

実習はせずにどんどん知識だけを吸収するなど、さまざまな面で自由度が高いことが独学のメリットです。

もし身近に現職のWebデザイナーや経験者がいるなど学習について相談できる環境であれば、独学でも安心して学びやすいでしょう。

独学のデメリット

独学のデメリットは、自分で学ぶべき内容を決めることが難しい点にあります。

Webの世界は日進月歩で進歩しているため、基本的な技術は変わらないとしても、デザインに求められるものやツールの機能や使い方、便利な最新技術などはすぐに変わります。

書籍やネットで公開されている情報もすぐに陳腐化するため、どうしても現場では使われない知識や技術を学んでしまう危険性がある点にも注意が必要です。

また、納期に対する感覚やグループでの制作作業など、現場に出なければわからないことも多く、経験を誰からも伝えてもらえず自分なりになってしまう独学の大きなデメリットです。

独学でもWebデザインの基礎を学ぶことはできますが、継続できずに十分な知識や技術が身につかなかったり、特定分野を苦手意識から避けてしまうこともあります。

こうしたデメリットがあることから、学校やスクールに通うことにも大きな意味があるといえます。