Webディレクターの志望動機・面接

手に職をつけて安定したい人にはぴったり

転職組からの志望動機で一番多いのが「安定した職業だから」という理由です。

Webディレクターは、現在もこの先も、需要の多い職業のひとつです。

その割には実務経験があってオールマイティに活躍できるWebディレクターは非常に少なく、どの企業でも争奪戦、完全な売り手市場となっています。

経験あるWebディレクターと認められるようになれば、職に困ることはなく、キャリアアップも望めます。

また、ある程度の経験を積み、仕事の結果を残していけばフリーとして活躍することも可能です。

仕事に困らず、収入も高めの職業に就きたいという理由からWebディレクターを選ぶ人は多くいます。

現在手に職がなく、将来に不安を感じ、転職を考えている…そんな人にもWebディレクターはおすすめの仕事といえるでしょう。

Webデザイナー、コーダーからのキャリアアップ

最初からWebディレクターである人はほとんどいません。

ほとんどの人が最初はWebデザイナーとして仕事をしていて、たくさんの経験を積んでいく過程でWebディレクターへと成長していきます。

コーダー(コーディング担当)、マーケッター(マーケティング担当)からWebディレクターになる人も時々見られます。

最初からWebディレクターを目指していてWebデザイナーからスタートする人もいれば、Webデザイナーとして活躍するうちに気づけばWebディレクターになっていたというケースまであります。

Webの仕事が楽しい、色んな人と協力して物を創ることが好き、自分の作品を世に残したい、そんな思いが募れば募るほどWebディレクターへの興味も強くわいてくるのでしょう。

過去に携わった作品、キャリアが採用の可否を大きく決める

Webディレクターの採用面接で重視されるのはやはりスキルとキャリアです。

中途採用の場合はとくにこれまでディレクションしたWebサイトや作品の提出は必須項目となります。

新卒の場合も同様に、自分の作った作品があれば提示を求められます。

採用側は作品のデザインだけでなく、ユーザビリティもしっかりと確認します。

「UI(ユーザーインターフェース)=使い勝手」が良いサイトになっているか、高い「UX(ユーザーエクスペリエンス)=感動や満足度」を得られるサイトになっているか、その企画力も見られます。

UIやUXが優れたサイトを作るにはある程度のキャリアや経験が必要です。

そのため、キャリア採用の場合は応募者の資格に「最低経験3年以上」という案件が多くなってしまうのです。

また、Webサイト制作時に使うアプリケーションが(Photoshop、Illustrator、Dreameaverなど)使える、プレゼン資料制作用のアプリケーションが使える、コーディングやプログラミング言語のスキルがあるとさらに有利になるでしょう。

コミュニケーション力も大事な要素のひとつ

Webディレクターで重視されるもうひとつの項目が、コミュニケーション力です。

Webディレクターはひとりで完結する仕事ではありません。

クライアントから仕事を受け、それを制作現場に持ち帰り、各担当者の意見を聞きつつ、指示をして仕事を進めていきます。

プロジェクトを統括するプロデューサーには、「どんな相手でもきちんと話を聞き、コミュニケーションが取れる」という能力は絶対に必要、当然面接でもコミュニケーション力は重視されます。

話がうまいだけでなく、相手の話をきちんと聞き、的確な返答ができるかは、新卒採用 or中途採用問わず重視されることのひとつです。