登録販売者への転職、中途採用

登録販売者は転職に有利?

登録販売者の資格を取って、有利に転職したい。この仕事に興味を持っている人の中には、そのように考えている人もいるかもしれません。

では、実際に登録販売者の資格は、転職する際に有利になるのでしょうか?

登録販売者は、薬局やドラッグストアなどにおいて、一般用医薬品(第2類・第3類)を販売することができる資格です。

資格を持たない一般的な販売員よりも業務範囲は広がるため、有資格者と無資格者が同時に面接を受けにきたら、有資格者が優先して採用されることは十分にあると考えられます。

しかし、当然ですが、このような一般用医薬品を販売する店舗(企業)以外へ転職する際には、登録販売者の資格を持っていることで優遇されることはほとんどありません。

この資格を生かして転職したいと思った場合、転職先は限られてくると考えておいたほうがよいでしょう。

人間性も重視される

もちろん登録販売者の資格を持っていても、確実に転職できるわけではありません。また、場合によってはあまり優遇されないこともあるため注意が必要です。

登録販売者と同じく、一般用医薬品を販売できる職業として「薬剤師」があります。

薬剤師は、国家資格でもあるため登録販売者よりも取得のハードルが高く、社会的信用度も高いといえます。

また、薬剤師の場合、登録販売者が行うことができない薬の調剤や、第一種医薬品(第1類)を扱うことも可能です。そのため、薬剤師の有資格者よりは不利になってしまうこともあります。

しかしながら、最近ではコンビニや家電量販店など、一般用医薬品を扱う店舗が増えており、登録販売者の需要も高まっています。

正社員のほか、契約社員やパート・アルバイトなどさまざまな雇用形態での募集がかけられていますが、転職はさほど難しくないでしょう。

ただし、この仕事は医薬品の専門家としてのみならず販売職としての側面もあるため、人間性やコミュニケーション力も重視されると考えておいたほうがよいでしょう。

転職時の面接試験では、仕事に対する意欲や人柄をしっかりと伝えることが大切です。