独学で登録販売者の資格は取得できる?

登録販売者を独学で目指す人はいる?

登録販売者資格は取得条件などは特に無いため、独学でも試験に合格すれば取得可能です。

ここでは、登録販売者資格を独学で勉強するメリットやデメリット、抑えておきたいポイントなどを紹介します。

登録販売者試験はまったくの無勉強では合格が難しいですが、独学で合格している人もいます。

過去の出題内容やポイントを解説したテキストがいくつかの出版社から市販されているため、自分で計画立てて学ぶことができる人であれば、合格は決して不可能なことではありません。

独学で勉強するメリットは?

費用面で抑えられる

独学で勉強することの大きなメリットの一つは、試験対策講座を受講するよりも費用を抑えることができる点です。

かかる費用は、テキストや過去問程度で、市販のものを購入すると1冊あたり2,000円程度でそろえることができます。

通信講座などを受講すると少なくとも4万円前後はかかってしまいますので、費用面で大きく抑えられます。

費用面で安く資格取得を目指したい人には、独学はおすすめの方法といえるでしょう。

また、さらにコストをかけたくない人は、スマホの無料アプリなどで過去問を探すことも可能です。

自分のペースで学習できる

独学で登録販売者の資格取得を目指す場合、仕事や家事・育児などのすきま時間をうまく有効活用しながら自分のペースで学習することができます。

ただし、学習スケジュールを自分で計画的に立てられない場合やどうしても後回しになってしまうことなどが時間管理の面でハードルになる可能性があります。

こつこつと根気よく最後まで計画的に学習を進められる性格の人にはマイペースで勉強に取り組める独学はメリットが多いといえます。

独学で勉強するデメリットは?

テキストや過去問選びで迷ってしまう

登録販売者試験対策の過去問、基本テキストは数多く出版されているため、どこの出版社の過去問や基本テキストを選ベばよいか迷ってしまうこともあるでしょう。

複数冊試験対策の過去問やテキストを購入したとしても、結果的に手を付けずに終わってしまうとかえって試験範囲を取りこぼすことになりかねません。

独学での学習は、教材選びも難関であるといえそうです。

わからないことがあってもきける相手がいない

完全に独学で学習を進める中で実際に困る場面といえば、過去問・テキストだけでは分かりづらいことも出てきたときにきく相手がいない、ということです。

過去問や基本テキストを選ぶ際には、自分なりに理解しやすそうなものを選ぶことが重要です。

自分で学習スケジュールを管理する必要がある

独学で登録販売者試験のための対策をする場合には、当然試験当日までの学習スケジュールは自分で立てる必要があります。

また、「1日何時間勉強しよう」と目標を立てても、仕事の忙しさや時間管理の難しさなど、生活環境によってはなかなか継続しづらい面があるかもしれません。

独学で学習を進める場合は、ライフスタイルや学習を始める時期なども考慮しながら無理のないスケジュールを立てる必要があるでしょう。