登録販売者になるには

登録販売者になるまでの道のり

登録販売者になるには、まず都道府県で行う登録販売者試験に合格し、都道府県知事の登録を受ける必要があります。

平成27年度試験以降においては、学歴や年齢制限なく誰でも受験することができるようになっていますが、試験合格・登録後、実務経験の有無などによって実際に仕事をするうえでの制限があります。

具体的には、店舗で第一種医薬品販売(第2類・第3類)に携わる登録販売者の「過去5年のうちで実務経験が通算して2年に満たない」場合は、その店舗において勤務中の薬剤師あるいは2年以上の実務経験をもつ登録販売者の管理・指導の下に仕事をすることが求められます。

また、2年の実務経験がない登録販売者は、店舗管理者の代行者になることができないほか、この期間中に定められた研修を受講する必要があります。

一方、すでに過去5年のうちに通算して2年以上の実務経験を持っている場合には、試験合格・登録後すぐに一人で第一種医薬品販売(2類・3類)が可能となり、店舗管理者や管理代行者になることも可能です。

登録販売者の資格・難易度

登録販売者試験は年に一回(受験地によっては二回のところもあります)、都道府県ごとに行われます。

そのため、試験内容は都道府県によって異なりますが、難易度に差が出ないよう、試験問題は厚生労働省が発表するガイドラインを基に作成されています。

試験内容は、

・医薬品に共通する特性と基本的な知識
・人体の働きと医薬品
・主な医薬品とその作用
・薬事関連法規・制度
・医薬品の適正使用・安全対策

の5科目から出題され、択一式の筆記試験となっています。

試験の詳細は、各都道府県が発表する最新の試験要項を確認してください。

登録販売者試験の難易度・合格率

登録販売者になるための学校の種類

登録販売者になるためには、登録販売者の資格を得る必要があります。

かつては、この資格試験を受けるために大学などで薬学の課程を卒業するなどの必要がありましたが、平成27年度試験からは学歴や年齢関係なく、誰でも受験可能となっています。

つまり、特別な大学や専門学校などに通わずとも、試験を受験すること自体は可能です。

しかしながら、登録販売者の試験では医薬品の特性や人体への作用といった専門知識を問う問題が出題されるため、素人がいきなり受験して合格するのは難しいといえるでしょう。

卒業資格が必要な学校などはなく、また資格取得のためのスクールに通うことも必須ではないため、独学での合格は不可能ではありません。

しかしながら、試験範囲が広く、年に1,2回しか実施されない就職に関わる資格ですので、効率よく登録販売者の試験に合格するために、専門知識を学べる学校やスクール等を利用することも決して回り道ではありません。

登録販売者の資格を取るためにはどんな学校にいけばいい?

登録販売者に向いている人

キャリアアップのために資格を取得して就職したものの、自分に向いていないと感じてしまった場合、長く勤めることは難しいでしょう。

では登録販売者の仕事は、どのような人に向いている仕事なのでしょうか?

健康に関心があり、責任感の強い人

登録販売者の仕事は、一般用医薬品の販売が主な仕事になります。

販売するだけではなく、実際には医薬品に関する豊富な知識を有していることが求められます。

また、新しい医薬品が次々に開発、発売されていることや、医療業界は日進月歩のスピードで変化していることからも、それらの医薬品や業界についての知識も常に取り入れていく必要があるでしょう。

登録販売者は、医薬品の購入者から商品の説明を求められることや、相談されることがあるでしょう。

そのような場合には、それぞれの症状に合ったふさわしい医薬品をすすめることができます。

そのため、登録販売者に向いている人は、向上心を常に保ち続けることができる人だと言えるでしょう。

コミュニケーション能力のある人

医薬品の専門家である登録販売者ですが、接客業としての性格も併せ持つ職種であるため、同時に高いコミュニケーションスキルが求められることも少なくありません。

医薬品に関する相談を受けたり、医薬品について説明する際に、優れたコミュニケーション能力を発揮すれば顧客獲得にも繋がります。

親身になってお客様の話を聞くことができる人や、相談しやすい雰囲気の人が登録販売者に向いていると言えるでしょう。

また、役職がつくなどして一定の責任を与えられた場合には、魅力的な店舗づくりの能力があると業務に生かすことができ、有利でしょう。

登録販売者に向いている人・適性・必要なスキル

登録販売者のキャリアプラン・キャリアパス

登録販売者試験に合格し、都道府県の登録を受けてからは、登録販売者を募集する薬局やドラッグストアの採用試験を受験する流れが一般的です。

最近ではコンビニやスーパー、家電量販店などでも一般用医薬品を置く店が増えており、登録販売者の需要が拡大しています。

正社員としての就職だけでなく、パートや契約社員としての募集も多くあります。

現場でのキャリアアップを視野に入れるのであれば、ゆくゆくは担当責任者や管理職をめざしていくキャリアプランニングが理想的です。

企業などで管理職を目指すキャリアパスも十分にありえます。

登録販売者を目指せる年齢

登録販売者という職業には、はっきりとした年齢制限はありません。

新卒でドラッグストアや調剤薬局に就職するパターンもありますし、子育てでしばらく仕事から離れていたお母さんが資格取得後にパートで社会復帰して職に就く場合もあります。

また、医薬品や医療に関わる法律や扱う医薬品は時代の流れとともにスピードをもって変わりますので、常に勉強を続けている必要があります。

そう言った意味でも、年齢よりもブラッシュアップしているかどうか、といったことの方が重要視される職業といえるでしょう。

女性の登録販売者のキャリアパス・結婚後の生活