システムエンジニアの給料・年収

システムエンジニアの給与

システムエンジニアは技術職でもあり専門職でもあるため、一般職に比べると、給与はやや高めの水準となっているようです。

平均月収は40万円前後とされていますが、実際には経験やスキルによってだいぶ違いが出てきます。

学校を卒業したばかりでは一般職の給与と同じくらいですが、経験を積むごとに給与が高くなっていき、難しいプロジェクトもこなせるようになると、月収60万円〜80万円にもなる人もいます。

しかし、システムエンジニアは納期が近くなると、残業が多くなったり、ときには徹夜をしたりすることもあります。

残業代などがすべて支給されるかどうかは企業によって異なり、場合によっては給与を時間給で考えると、そこまで高い収入ではないというケースもあります。

システムエンジニアの年収

平成27年の給与統計によれば、システムエンジニアの平均年収は592万円となっています。

経験と実績によって年収が変わってきますので、一部の優秀なエンジニアは、20代であっても年収800万円を超えるケースがあります。

不況によって給与やボーナスが減少している状態の中、システムエンジニアの給与や年収は他の業種のような大きな減少は見られず、人気の業種となっています。

システムエンジニアの収入は個人差が大きい

システムエンジニアの仕事は、仕事内容や時期によって残業時間が長い場合があります。

そのため、企業によっては、残業手当などがない、「裁量労働制」の年俸制のところが多くあります。

そうした企業では、仕事内容によって給与や年収が異なるのはもちろんですが、給料を時間給として見たときには大きく個人差が出てきます。

また、システムエンジニアの収入は雇用形態によっても大きく異なります。

経験や実績を積んだシステムエンジニアの中には、フリーランスになって企業と契約して仕事をする人や独立する人もいます。

起業して成功している人の中には、年収1,000万円以上の高収入を得ている人もいます。

もちろん、これほど高額な収入を得ることは決して簡単ではありません。

ITエンジニアとしての業務知識やテクニカルスキルに加え、経営やビジネスに関する知識や能力まで持ちあわせた人は、大規模プロジェクトのトップに立つことができ、その責任の重さが待遇にも反映されるケースが多くなっているようです。

ひとくちに「システムエンジニア」といっても、本当に駆け出しの若手と、キャリアを積んだベテランでは、給料に大幅な差が出るのがこの仕事の特徴だといえるでしょう。

システムエンジニアの平均年収統計

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、システムエンジニアの平均年収は、38歳で592万円となっています。

・平均年齢:38歳
・勤続年数:11.8年
・労働時間:150時間/月
・超過労働:21時間/月
・月額給与:400,600円
・年間賞与:1,116,100円
・平均年収:5,923,300円

出所:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成27年 システムエンジニアの年収(規模別)

システムエンジニアの年収は規模が大きい事業所ほど年収が高くなる傾向にあります。

10人〜99人の事業所に勤めるシステムエンジニアの平均年収は488万円、100〜999人は533万円です。1,000人以上は695万円となっており、一般的な会社員よりもやや高めの年収となっています。めの年収となっています。

システムエンジニアの年収(規模別)_27

平成27年度 システムエンジニアの年収(年齢別・男女別)

男女別で見ると、どの年代も男性のほうが女性よりも高い年収となっています。これは男性のほうが管理職になる傾向が多いからと推察されます。

男性の平均年収は611万円、女性の平均年収は494万円となっており、女性のほうが100万円以上低い数字となっています。

年齢別では、男女ともに年齢とともに順調に年収が上がっています。男性でもっとも高い年収は55歳~59歳の746万円、女性は45歳~49歳で602万円となっています。

システムエンジニアの年収(年齢別)_27
※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

非正規雇用のシステムエンジニアの給料

システムエンジニアとして働いている人の中には、正社員のような正規雇用ではなくてパートやアルバイトとして非正規雇用で働いている人もいます。

非正規雇用の場合、給料はどのくらいになるのでしょうか。

これに関しては企業の規模や個人のスキル、仕事内容にもよるのですが、システムエンジニアは専門性の高い職業なので一般的なパートやアルバイトよりも時給が高い傾向にはあります。

求人票によると、時給で1000円から5000円くらいの金額になることが多いようです。

サーバの管理や運営よりもプログラムの設計・開発などの仕事のほうが求められるスキルやコミュニケーション能力が高くなるということもあり、こうした仕事を任される人は給料が高くなる傾向にあります。

また、納期前やトラブルが起きたときなど仕事の内容によっては深夜まで作業が及ぶこともあるので、このようなときには深夜手当がつきます。

仕事体験談