スタイリストの資格

なるために絶対に必要な資格は存在しない

スタイリストのようにセンスやスキルを要する仕事を目指す場合、どのような資格が必要となるのかは気になるところです。

しかし、実はスタイリストはなるために絶対に必要とされる資格はありません。美容師のような国家資格も存在しませんし、逆に「○○の資格があると就職が大きく有利になる」といったわけでもないのです。

とはいえスタイリストの世界が「実力主義」であるのは間違いありません。センスやスキルを身につけていかなければ、厳しい競争世界の中で生き残るのは困難です。

そのため、いざスタイリストになってからも、ファッションのトレンドや最新情報を自分で集め、向上していく気持ちが欠かせません。

スタイリストの仕事に生かせる資格

スタイリストになるための資格は存在しなくても、スタイリストの仕事に役立てられる資格はいくつか存在します。ここでは、その一例を挙げます。

色彩検定/カラーコーディネーター検定試験

ファッションコーディネートをするうえで、シーンや目的に合った「色の組み合わせ」を考えていくことは非常に重要です。この検定試験はどちらも色の知識を問うものですから、スタイリストの仕事にも役立つでしょう。

もともと「色彩検定」は服飾系団体から生まれた資格で、ファッション業界従事者の受験も多いようです。

一方、「カラーコーディネーター検定試験」は1級になるとより難易度が高くなり、深い専門知識が問われます。

色彩技能パーソナルカラー検定

肌、瞳、髪の色などから一人ひとりに似合う色を提案するための色彩知識、配色技能を問う検定試験です。

この検定試験は「日本パーソナルカラー協会」が主催していますが、それ以外の団体が認定するパーソナルカラーに関する検定試験もいくつか存在します。

ファッションビジネス能力検定

マーケティング、生産、流通戦略、企画等、ファッションビジネスに関する幅広い知識が問われる検定試験です。

広い視野を持って業界で活躍したい場合には、この資格取得を目指して得た知識も役立てられるでしょう。

パターンメーキング技術検定

「パタンナー」を目指す人がしばしば取得する検定試験です。
パターンメイキング技術検定とは

スタイリストの中には、自身で洋服をデザインする人もいます。パタンナーとしてのスキルがあれば、イメージするコーディネートを実現するために、自分で思い通りの服を作ることができるでしょう。

仕事体験談