スタイリストになるには

スタイリストまでの道はさまざま

スタイリストになるのに、「絶対こうしなくてはいけない」ということはありません。

しかし、通常プロのスタイリストとして活動する場合には、まず「スタイリストアシスタント」として経験を積むことが求められます。

アシスタントになるためには、服飾系の専門学校を卒業し、スタイリスト事務所の「アシスタント募集」に応募して採用される方法が最も近道といえるでしょう。

しかし、アシスタントになるためにとくに必要とされる資格等は無いため、学校を出てなくともフリーのスタイリストの専属アシスタントになることは可能です。

実際、それまで異業種で働いていた人が、急にスタイリストを目指してアシスタントを始めるといった事例もあります。

服飾関係の学校に通うべき?

スタイリストになるために「専門学校卒業」が必須ではないものの、服飾系のスクールに通うことには大きなメリットがあります。

まず、講師となるのは業界の第一線で活躍する人が多いため、業界のツテをつくることができます。また、座学のみならずアシスタントの現場研修も用意されており、より「現場感」を身につけやすい環境だといえます。

また、スタイリスト事務所やフリーアシスタントの中には、アシスタントの採用条件として「服飾専門学校卒業あるいは在籍中であること」を必要条件としていることもあります。

また、専門学校であれば現場での専門用語での会話、洋裁、メイクなどのファッション全般のことを学べるため、現場デビューしてからも、より早い成長が期待できるでしょう。

スタイリスト事務所で働くには

スタイリスト事務所に入るためには、インターネットで検索したり、電話帳等でスタイリスト事務所を探し出し、電話をかけて応募する必要があります。

普通の会社のように求人紙にはあまり記載されていないため、自分で探すしかありません。

雑誌のスタイリストのクレジットの後に「( )」がある場合、この枠内が事務所名です。こういった所から検索・電話をすることも一つの方法です。

スタイリスト事務所ではさまざまな仕事を経験できるため、将来への下積みとしては非常に有用です。

現場に出た場合、何度も同じスタッフと一緒に働いていけば次第に顔を覚えられ、自分がスタイリストになった時にも役立つ人脈作りができるでしょう。

アシスタント時代はアイロンがけ、リース、荷物持ちなどの雑務が基本となりますが、3年ほどで事務所専属のスタイリストになるか、フリーに転身する人が多いようです。

フリースタイリストのアシスタントになるには

フリースタイリストのアシスタントになりたい場合、基本的には人から紹介してもらうことになるでしょう。

ツテがない場合は、個人のブログやSNSなどを利用し、アシスタントの募集情報を探さなくてはなりません。

また、ファッション雑誌にも「○○さんがアシスタントを募集しています」などと書いてあることがまれにあります。

憧れのスタイリストがいるものの連絡先がわからない、ということであれば、そのスタイリストが仕事している雑誌を見つけ、出版社に尋ねてみるといった方法もあります。

必ずしも教えてもらえるとは限りませんが、あきらめずに行動を起こすことで、チャンスをモノにできるかもしれません。

なお、フリースタイリストのアシスタントは、自分が独立するまでは師匠となるスタイリストの仕事だけを手伝うことになります。フリースタイリストは「自由業」であり、その個性や仕事に対する価値観はさまざまです。

「合わない」と感じることもあるかもしれませんが、1人のスタイリストに密着して行動を共にするため、1から10まで仕事の流れを覚えやすいことがメリットといえます。

また、「○○さんのアシスタントの△△さん」といったように周囲から名前を覚えてもらえやすく、将来の人脈作りにも役立つでしょう。

さらに、仕事ぶりが認められれば「この案件やってみる?」など、自分主導での仕事を振ってもらえることもあります。人によって異なりますが、2〜3年で独立する人が多いようです。

目標をしっかりと持つことが大切

事務所に所属するか、フリースタイリストの下で働くか。どちらにもメリットがありますが、いずれにしても「何のためにアシスタントをしているのか」をしっかりと考えていかないと、ただ雑務をこなしてつらいだけの日々になってしまうでしょう。

自分の目標、目指す姿を頭の中に描き続け、「どんなことでも力に変えていく!」くらいの熱意を持って、仕事に取り組んでいく気持ちが大切です。

仕事体験談