総務のキャリアパス

幅広いスキルが身につく

総務として、いざ企業などで働き始めることになると、誰でもキャリアパスを真剣に考えるようになるでしょう。

総務は、実際の業務範囲が多岐にわたっており、事務全体の総括を中心にどの部署にも属さない仕事を担当することが多いため、業務を通じて多様なスキルが身につきます。

ただし、勤務先によってどこまでの業務を担当するかは異なります。

業務が細分化されている大手の組織で働く場合には、ひとつの業務に深く携わっていくことが多いですが、小規模組織で総務の人数も少なく、経理・財務・人事・労務・広報といった仕事まで兼任するような場合には、管理業務全般をオールマイティにこなせる力が得られます。

そうなれば、ゆくゆくは自身の希望に応じて、人事や経理といった別職種の道へ進んでいくこともしやすくなります。

いずれの職種も多くの組織が必要としていると同時に、「経験」が大きな強みとなるからです。

また、ベンチャー企業など、経営者と近い立場で総務の仕事をするのであれば、経営管理などのスキルも身につけやすくなっているようです。

総務は勤務先によっては、経営の全体像を見ることができるポジションです。

スペシャリストとして飛躍することも

このように多様なスキルを生かして活躍し続ける人がいる一方、各領域の業務を突き詰めることでスペシャリストになり、それを強みにさらなる飛躍を目指す人もいます。

たとえば組織のリスク管理、コンプライアンス、知的財産や個人情報関連といったような、法律も絡む専門的な知識が求められる仕事は、誰にでもできることではありません。

そのため、これらの分野の経験やスキルがある人は多くの企業が求めていますし、良い待遇で転職もしやすくなっているようです。

ここまで総務の仕事を究めていくと、ただ単に庶務をこなす総務のイメージを大きく超えて、組織運営に不可欠な存在として強く認識されるようになるでしょう。