司書の仕事内容

本の貸出・返却の対応やレファレンスサービス

司書の仕事は、公立図書館や小中高の学校の図書室や大学の図書館にて、本を管理し、図書館のサービスを担当する仕事です。

カウンターで貸出・返却業務とレファレンスサービスは、図書館を利用したことのある人なら第一に挙げる「司書の仕事」と言えるでしょう。

初めて図書館を利用する人に「利用者登録」をしてもらい、図書館の利用方法について説明しながら、利用カードを発行します。そのカードと借りたい本をカウンターに持ってきてもらい、貸出手続きをします。

返却は、カウンターにて返された本と、閉館中に返却ポストに入れられた本をコンピュータ処理した後、棚に戻します。

利用者が調べものや探しもので困っているときに、資料や情報を提供するのが「レファレンスサービス」です。いわゆる読書相談のようなもので、利用者の要望に応じて、本を提案します。

直接、来館してもらって質問を受け付けることもあれば、図書館によっては電話やファックス、手紙、メールなどでも調べたい事柄について問い合わせることができます。

見えない仕事

前述の「見える仕事」より、圧倒的に多いのが「見えない仕事」です。利用者と対面するカウンター以外で次のような業務を行なっています。

本の購入

利用者からのリクエストを参考に、話題の本や図書館に必要な本などを司書が選書して購入手続きをします。

配架

新規に購入した本や返却された本を元の場所に戻します。日頃から図書館の本の配置を覚えておかなければなりません。体力を要する仕事です。

本の管理

書籍などの新着資料は分類記号、受入番号などをコンピュータに入力し、ラベルを印字して貼り付け、蔵書のチェックも一定期間ごとに行います。

また、ブックコートを貼って傷みから本を守るだけでなく、その資料を探しやすくするためにステッカーやシールを貼ることもあります。資料が破れていたり、汚れていたりするのを見つけたら修理します。

展示コーナーの設置

利用者の読書を促すような企画を考えて、展示コーナーを運営します。オススメの本のポスターを作ったり、玄関などに季節を感じさせる掲示物を展示したりもします。

また、新聞をチェックして、地域に関する記事や図書についての情報をスクラップ保存するといったことを行うこともあります。

特定の利用者を対象にした仕事

読書会など読書を推進するイベントを企画し運営するのも司書の仕事です。

幼いころから本に親しんでもらうために、「ブックスタート」という企画を行なっている図書館もあります。乳幼児検診の際に、赤ちゃんと保護者に図書館の利用方法を説明したり、無料で絵本を配ったりするのです。

また、子どもを対象に「おはなし会」などという絵本の読み聞かせイベントを行ないます。大人向けの催し物としては、古本市や読書週間の講演会などがあります。

司書の勤務する図書館はさまざま

司書の勤務先は、公立の図書館、学校の図書室、大学の図書館、専門図書館などになります。

公立図書館

自治体が運営する図書館や国会図書館などです。子どもからお年寄りまで幅広い人の対応をします。

学校図書館

小中高の学校にある図書室です。司書教諭の資格が必要であり、図書館司書としての仕事だけでなく、子どもの相談に応じるという役割も持ちます。

大学図書館

大学内にある図書館です。大学生や教員に対してサービスを提供します。

専門図書館

特定分野の専門書や学術情報の雑誌、資料を収集、管理している図書館です。

仕事体験談