鍼灸師の仕事内容

鍼灸師とは「鍼灸」を行う国家資格

鍼灸師(しんきゅうし)とは、「はり師」「きゅう師」の両方の国家資格を持っている人のことです。

はり師ときゅう師は別々の資格ですが、両方の資格を同時に受験するケースが多く、また両方の施術を行う人が多いため鍼灸師と呼ばれています。なお、鍼灸師という資格はありません。

鍼灸師の仕事は、身体に鍼(はり)や灸(きゅう)を用いた刺激を与えることで、さまざまな疾病の治療や健康増進を促すことのできる医療技術である「鍼灸」を行うことです。

この鍼灸は古代中国に発生したといわれています。日本でも古くは平安時代からその鍼灸技術が取り入れられ、すでに鍼灸を行う医療職が存在していたという、とても歴史のある職業です。

元々視覚障害者の割合が多い仕事でしたが、規制緩和などの影響もあり、非視覚障害者の割合が増えてきています。

「はり師」と「きゅう師」

日本では、鍼灸師の資格が「はり師」と「きゅう師」に分かれていることから、その施術内容もそれぞれで異なります。「はり師」は鍼術を行い、「きゅう師」は灸術を行います。

はり師、きゅう師はそれぞれ下記のような仕事内容となります。どちらも東洋医学に基づき、人が本来持っている自然治癒力を活性化させることを目的としています。

はり師

患者さんの症状に合わせて、適切な場所のツボ(経穴)に金属の鍼(はり)を刺して、刺激を与えます。針は非常に細いものなので痛みはありません。

刺激を与えることで、血流のバランスなどを整え、治療を行います。

また、針に電流を流すこともあります。

きゅう師

はり師と同様、ツボに刺激を与えますが、針ではなく、もぐさを燃焼させることによって、ツボに温熱刺激を与えます。

どちらも「ツボ」を刺激するという基本の概念や、共通の技術が多いことから、鍼灸師と呼ばれるほとんどの人たちが「はり師」「きゅう師」両方の国家資格を持っています。

また、日本でこの「鍼灸」が行えるのは、はり師、きゅう師と医師だけです。

鍼灸師として活躍できる場はさまざま

この鍼灸師の活躍できる場はさまざまですが、自ら鍼灸治療院を開業したり、鍼灸治療院に勤務したりするのが一般的です。

また、整形外科のリハビリや、内科や神経内科などの疾患の治療に「鍼灸」を取り入れているような病院に勤務する鍼灸師も多いです。

そこでは患者さんの痛みを和らげたり、リハビリテーションの支援を行います。

さらに、プロスポーツチームや社会人によるスポーツチームなどの専属トレーナーとして、鍼灸治療を行うスポーツトレーナーとして働くこともできます。ただし、競争率は高く、人数はそれほど多くありません。

スポーツトレーナーの仕事
また、最近では美容業界において、耳つぼダイエットや全身の気の流れを整えるような美容健康法を行う、女性の鍼灸師も増えてきているようです。