歯科衛生士の仕事内容

歯科医師の診療補助をする

歯科医院には歯科医師と共に患者さんの口の健康をサポートする、歯科衛生士というスタッフがいます。歯科衛生士は専門学校や短期大学で一定の教育を受け、国家試験に合格した資格保有者です。

同じく歯科医で勤務する「歯科助手」は特に資格が必要でないのに対して、歯科衛生士は国家資格となります。歯科助手は患者の口の中に手を入れることが許されてないため、歯科衛生士と同様の仕事をすることはできません。

仕事内容は主に「歯科予防処置」「歯科診療補助」「歯科保健指導」の3つに分かれおり、それぞれ歯科に関する高い専門知識や技術が必要となります。

歯科予防処置

歯を失う原因のほとんどは虫歯と歯周病であると言われています。これらの疾患を予防するために歯科衛生士が行うのが、歯垢や歯石といった口の中の汚れの除去・虫歯予防のためのフッ素という薬の塗布です。

歯に汚れが残ってしまうと歯垢になり、さらににそのままにしておくと堅くなって歯石となります。歯垢は歯ブラシで取り除けますが、歯石は自分でできないため、専用の器具を使って歯科衛生士が取り除き、歯にフッ素を塗布します。

これらのことを行うことによって、口内がきれいになり、虫歯や歯周病を防ぐことができます。歯科衛生士は用法や副作用といった、薬に関する知識も身につけているからこそ処置を行えるのです。

歯科保健指導

むし歯や歯周病にならないためにまず大切なことは日ごろの歯ブラシです。歯に当てる角度や動かし方、力の入れ方といった、正しい磨き方を身につけるように指導するのも歯科衛生士の仕事です。

歯科医院や病院以外に、幼児検診や学校の歯科検診、介護施設などで指導することもあります。口の健康を保つためには、歯ブラシだけでなく生活習慣や食事のとり方、食べ方や噛み方なども重要なので、それらの改善指導も歯科衛生士が行います。

歯科診療補助

歯科医師の指示のもとで、医療行為のサポートをすることも歯科衛生士の仕事です。指示の範囲は能力や経験、勤務場所によっても異なります。特に歯科医師が足りない環境では、担当する範囲が広がります。

歯の型をとるといった口の中で行なう作業以外には、診療器具の滅菌や準備、レントゲン撮影の補助などがあり、院内の清掃や受付業務、診療報酬請求事務も歯科衛生士の大切な仕事です。

食生活は健康の基本であり、口の健康のサポートを通して医療に貢献できるのが歯科衛生士の仕事です。また、診療の補助だけでなく、不安を抱える患者さんをサポートするのも歯科衛生士の大切な役割です。

就業場所別の歯科衛生士数

9割以上が歯科診療所での勤務となります。総合病院の歯科や保健所、企業の診療所などで働く歯科衛生士もいますが、割合はわずかです。
就業場所別の歯科衛生士数_26

仕事体験談