歯科衛生士と歯科助手の違い

歯科衛生士は資格が必要

歯科医院は患者さんからすると一見、歯科衛生士と歯科助手の見分けがつかないものです。どちらも歯科医師のサポートする仕事ですが、どのような違いがあるのでしょうか。

一番の違いは、歯科助手は経験や資格がなくてもなれますが、歯科衛生士は専門学校や短期大学で一定の教育を受け、国家試験に合格しないとなれない職業です。

歯科助手は口の中に手を入れることができない

まず、歯科助手の主な仕事は診療アシスタント業務と受付業務です。その他、カルテ管理、在庫管理、書類作成、掃除や洗濯といった雑務も含め、治療行為以外の業務全般を担当します。

歯科助手は歯の型を取るための材料を練ることや、セメントを練ることはできますが、患者さんの口の中に手を入れる行為をすることはできません。歯科医師と歯科衛生士を「縁の下の力持ち」としてサポートすることが、歯科助手の仕事であるといえるでしょう。

歯科衛生士は診療補助をする

歯科衛生士の仕事内容は、歯垢や歯石の除去といった歯科予防処置、正しい歯磨きや生活習慣の指導をする歯科保健指導、歯科医師の診療を補助する歯科診療補助です。

歯科助手とは違い、歯科衛生士は歯科医師の指示の下、患者さんの口の中に手を入れ、状態を改善するよう処置を行うことができます。

歯科衛生士は医師と同様、歯科に関する専門知識を身につけているので、むし歯予防のためのフッ素といった薬の塗布もできます。歯科助手が行う業務の中で歯科衛生士にできない業務はありませんが、受付や雑務は多くの歯科医院で歯科助手が担当します。

以上のように歯科衛生士と歯科助手の違いは国家資格を持っているか否か、患者さんの口の中に手を入れる行為が許されるか否かです。どちらも歯科医院になくてはならない存在ですが、業務内容には差があるといえるでしょう。

仕事体験談